上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっという間の1か月。
いまだにトムロスの症状があり、玄関出るときやクルマで帰ってきたとき習慣的に犬小屋のほうを見てしまうという・・・。
寂しいですなあ。


ということで気分を変えて久しぶりのレコードネタ!

この10年、大体年間100枚以上のレコードを入手していたんだけど、最近ここにきてペースが落ちつつある。
昔はやみくもにまとめて20枚とか、50枚とか、一枚一枚入手するのが面倒臭かったので大人買いというかバーゲン物の大量買いをやっていたように思う。
たまにその中にレア物(例えばジャズでいうとRVG盤とか・・)とかがあったりしてそれはそれで旨味があったんだけどレコードを置くスペースにも限界があるのでさすがに少しずつ吟味しながら入手することが多くなった。
まあー年齢から言っても入手したレコードを果たしてあと何回聴けるか?という根本的な命題もある。
で、最近は好きな曲、興味のある演奏に絞って入手しているような気がする。

たとえばコレ!

IMG_5767_R.jpg

オクで落札したレコード。

何かというと、


IMG_5768_R.jpg

水原弘!
今は亡き演歌の大御所!

なんで今更「水原弘」なんだ?なんで演歌なんだ?という疑問が湧くだろう。(なんせワタシは演歌嫌いだし)

理由はコレ!

IMG_5769_R.jpg

そう「黄昏のビギン」!

まあこの曲といえば、

IMG_5770_R.jpg

この人のが有名なんだけど、なんせCMで使われていたということで知名度が大きいんだけど、「黄昏のビギン」といえばちあきなおみ、ちあきといえば「黄昏のビギン」の印象はある。
しかし「黄昏のビギン」は元々は水原弘の出したレコードみたいだ。(有名な「黒い落葉」のB面として)
今回独特な低音が魅力な水原弘の歌う「黄昏のビギン」がどんなものか期待して入手したところ。
期待に違わずなかなか良かった。
この曲、しっとりとして和のイメージが強いけどスタンダード化されて外国の歌手が歌ってみても面白いと思う。

ところで、ちあきなおみは演歌歌手ではないのか?という疑問もあるだろうけれど、今回の水原のレコードを聴いてみた結果感じたのは水原にしてもちあきにしても唄が半端なく上手いのでおそらくどんなジャンルでも歌えるということ、日本では演歌的なものが商業主義に乗ったので演歌歌手の枠になっているけれど、一部のスケールの大きい歌手は演歌的な歌謡界の枠からも飛び出しているということ。(最近では由紀さおりがそうい歌手)
また個人的にはちあなおみきの場合はあの表現力の凄さはよりシャンソンに近いイメージを持っている。
ここまで書いてわかったのは自分が演歌を嫌いな理由はあの独特なこぶし回しに技巧的計算やあざとさ、ごまかしを感じるからというのはあるなぁ。
確か村上春樹が、美空ひばりの歌うジャズナンバーは演歌的な「こぶし」を感じてまったく聴く気になれないということを書いていたがこの点は自分も大いに同意するところ。

一方で「黄昏のビギン」を作った中村八大、永六輔の偉大さというのはある。
まあこの二人といえば、

IMG_5773_R.jpg

これなんだけど、この曲のメロディー、歌唱は世界で人種、民族、言語を超えて聴かれてきたということで、人類に共通する普遍的価値感というかある種のツボみたいなものに届くってのがとんでもなく凄いと思う。 
残念ながら入手したこのシングル盤の盤質は非常に悪かったです。 

ついでに

IMG_5774_R.jpg
 
こういうのも入手してみたんだけど、これはダメ!
ジャケ写真に惹かれたってのはるんだけど、歌唱も録音も盤質もすべてダメという久しぶりの ダメダメレコードでした。

終わり。

  
スポンサーサイト
P1010077_R.jpg


かねてより療養中でありましたトム子が7月5日永眠いたしました。
享年16歳と6か月。
この犬種としては異例の長寿であったと思います。(通常、ボーダーコリーは13歳前後の寿命らしいです)
まさに大往生であったと思います。
生前は小心ながら気難しく獰猛な性格ゆえ、各方面に多大な迷惑をかけることもありました。
のべにして8人くらいを病院送りにしたように思います。
この場を借りて陳謝いたします、と同時にそれでもなお愛玩していただいたことに厚くお礼を申し上げます。



以下、トムクロニクルとして大量の写真をあげます。
興味のある方のみ閲覧お願いいたします。
あきれるほど大量にあげますので面倒と思った時点で飛ばしてください。






誕生日は2001年1月5日。
生まれは名古屋。両親はオーストラリア出身らしい。
この犬種が固定されたのは比較的新しい(20世紀)らしく多分オーストラリアでは牧羊犬として利用されていたのではと思います。
この犬種はあらゆる犬の中で最も頭がよく、また体力的にも足が速くスタミナもあるので労働犬として牧羊に利用されている模様。
山口にあった今はなきニュージーランド村に行ったときに羊を追い込むショウとしてボーダーコリーが大活躍していたのを思い出します。
また映画「ベイブ」でも準主役のような位置づけでした。

IMG_0356_R.jpg

前年に一戸建ての家に住み始めて、何か動物を飼いたいという風に漠然と思ってはいました。
たまたま近所のホームセンターのぞいたらボーダーコリーの子犬が売り出されており、値段も安かったので即購入いたしました。(血統書付きで確か10マンそこそこ)
生後2か月でウチにきました。
トムのみ、ひときわ元気に吠えていたのを思い出します。
名前の由来は尻尾がトムとジェリーのトムの尻尾みたいだったからです。(要するに先だけ白い。)

IMG_5178 (1)_R

当時より上娘の「そ」は動物が好きであり、動物の中でも特に「パンダ」が好きであり、「パンダはウチで飼えんんの?」と言っておりましたから、パンダの代替としてのボーダーコリーの導入というちょっと不埒な動機で飼い始めたわけであります。

IMG_0360_R.jpg

最初は3か月過ぎるまでは外に出してはいけない、ということでワタシのオーディオ部屋で飼っておりました。

その後4月に外に出し、犬小屋も前年の家を建てたときの廃材でつくりました。
家の中で飼うという発想は全く湧きませんでした。理由は元々牧羊犬は労働犬であり、性格上、絶対に室内犬に向かないこと。また過去ボーダーコリーを飼った人の体験記の中でボーダーのせいで家が破壊、倒壊されたこと等、知れば知るほどけっこう恐ろしい犬であることが分かったためです。
2001年4月
IMG_0351_R.jpg

その後、たれ耳だったのに耳が立ち始め、
2001年7月
IMG_0336_R.jpg

なんか白黒パンダ模様の狐みたいになり、

IMG_0344_R.jpg
2002年
IMG_0328_R.jpg
だんだんそれらしく精悍になっていきました。

このころより野を走るのが大好き(本能か!)で、

P1010028_R.jpg

そうです、だんだんフリスビードッグとしての能力を発揮しだしました。
フリスビードッグとしてボーダーコリーは有名ですが、ボーダーコリーのすべてがフリスビーを必ずできるわけでは当然無く、ボーダーのなかでもできるのはいいとこ3割~4割くらいらしいです。
今まで散歩で会ったボーダーも半分以上は「ウチのはできない」といっておりましたから、最初の一投でいきなり追いかけて咥えてもってきた時点でこいつはフリスビー犬の才能ありと確信いたしました。
フリスビーは大会を見には行きましたが出場するまで至らず。
でも公園での練習ではロングで最長50m以上(最大で60mくらい)はキャッチしていたし、過去2回しか成功していないけどジャンピングフラッシュターン(当方の勝手なネーム付けです。要するにフリスビーが飛んで切るのを背面で感じながらタイミングよくジャンプして体をターンして空中でキャッチするという離れ業。大会でこれやると高得点らしい。)もできていたし。

ここでフリスビーをしている動画をあげる予定だったのだけどなんか操作方法忘れてしまったのでパス。

CIMG2136_R.jpg

3歳から5歳くらいがフリスビーが一番上手かった時期だけど、一方で一番狂暴で近づきがたかった時期だったと思う。

CIMG0040_R.jpg

 飼い方(ちゃんとしたトレーナーにつける等)が悪かったせいか、ちょっとひねくれた性格にもなった気がする。

CIMG0747_R.jpg

それでも基本的にはフレンドリーな性格で、ロープを引いているときは子供にも自由に触らせていたと思う。

DSC_0085_R.jpg

だけど基本的に気分屋で、妙に頭がいいせいか、これはやっても無駄だ!と思い込んだら一切やらない性格であった。
合理的といえば合理的。たとえば「お手!」を教えて2.3回ですぐ覚えるんだけど、お手をして餌をもらえるという計算でしたがっているだけで最初にこいつは餌をもっていない、散歩にも行く気がないと判断したら小屋から出ない、顔も合わせない、目線をそらすということを平気でやる犬であった。

P1010057_R.jpg
これなんか、わざと目線を合わせないとき。

そういう意味では犬というより猫に近いように思う。
要するに「ツンデレ犬」であった。

それでも寄る年波には勝てず、

IMG_5622_R_201707091128354a8.jpg
顔にも白髪が増え、

212_R.jpg

蚊で痒かったので口で噛み、化膿して蠅がたかり、傷口には蠅が卵を産み、体の中でウジが湧き、すんでのよころで命をとりとめる。2015年のことであった。

これが原因か、相当に体力を失い、2016年暮れには散歩もせいぜい歩ける距離がだんだん短くなり、

IMG_4867_R.jpg


散歩は主に家の敷地内ばかりになって

IMG_4750_R.jpg

今年の3月にはいよいよ立てなくなり、病院に行くにも

IMG_0261_R.jpg
こういう状態。
この時点でまだ目は死んでいなかったけれど。

その後はトイレができないのでオムツの寝たきりになり、それでも食欲だけはあったのだけれど、7月になり食べるのも水を飲むのもきつくなってこりゃ長くないなあと思っていたら、5日の日、仕事から帰ってきたら妙にその日は息が荒く、また目もほぼ開いたままで、たまに瞬きするだけ、水も飲まないし、これはヤバいと思っていた。
その日の夜11時くらいに一瞬妙な鳴き声がして、連れ合いから急に呼び出され(その時わたしは映画見ていました。ちなみに「ジェイソン・ボーン」です)見に行ったら息が止まったり回復したりと危ない状態。
思わず大きな声で「トムー!」と何度も呼び掛けると口を何度か動かし、反応しようとしていたみたいだが声にならず。
その後おおきな伸びをして手足が突っ張った状態で息を引き取りました。(涙)

まあ亡くなった顔は実に穏やかな顔をしており、おもわず心の中で「今までありがとう」とつぶやいていました。

IMG_0320_R_201707091224110c9.jpg




上娘の「そ」は連絡したらすぐに帰ってきて、まだ温かい体のトムと対面いたしました。

下娘の「ぼ」は翌々日に模擬試験が控えているにもかかわらず、また大雨の影響で電車が遅れてるにも関わらず翌日帰ってきました。
翌日、仕事は休みを取り、弔いいたしました。

IMG_0322_R.jpg

壁にはこういう詩が張られていました。

IMG_0321_R.jpg

1時間ほどで焼却も終わりました。

IMG_0325_R.jpg

骨拾いして帰りました。
こういう姿を見るとさすがに「生きることの無常」を感じます。

骨壺は家に置いてあります。
いづれ家の敷地に埋める予定です。

まあ、やんちゃでたまに噛みついて迷惑かかけたけれど、基本的には家族の一員としてフレンドリーないい犬でありました。
16歳6か月という年齢からして人間でいえば100歳近かったとおもいますが、大往生になるのかなと思います。
トム子に引っ張られて散歩に駆り出されたことでただでさえ運動不足な飼い主の健康状態に多大な貢献をして寿命を延ばしてくれたのだろう思います。
最後の数か月は体が痛くてきつかったと思います。
今後は安らかに眠ってもらいたいです。

トム 今までありがとう。

2017.04.15 天満宮!
3月終わりにパソコンが壊れて、やっと記事が書ける。
嬉しい! (^∇^)ノ       ( ←ホントかよ?)

壊れる前の症状は動画等を見てたらいきなり電源が落ちるというものだったけど、ある日まったくOS画面が出なくなった。(ブルー画面のみ)
当初は原因がわからなかったのだけれどショップにもっていって調べてもらったら、グラボのファンが回ってないことによる熱暴走が原因でHDまで影響及ぼした結果だということらしい。
あと今回本体をと開けてみてわかったことだけど、電源の容量がCPUのパフォに比して明らかに小さすぎるってこと。
いくらなんでもi7のCPUで電源が350Wはあんまりだろう。
電源を安心な国産部品使用のANTECの550Wに変え、グラボもGEFORCEのGTX1050に変え、ついでにメモリも16Gに増設し、SSDも480Gをつけ・・・・・・転んでもタダで起きないぞ!  ほとんどヤケクソ!
まあ大幅にレベルアップして帰っててきた次第。
これから5年は安泰なシステムになったと思います。
まあ喜んでばかりいられないのが、無くなったソフト等もあり、再構築するのが非常に大変ってこと。

さて、せっかくなので試験的に月初めに下娘が帰省したいってことで、迎えに行った時の写真をあげてみる。
まあ要するに今回は新しい車の長距離ドライブ試しみたいなもので、実際上、娘を迎えに行くのは口実かな。
娘も実質三日といなかったし。 というか、今回の春休みでは帰省3回目なんだよねぇ。


せっかく隣県までいったんだから途中で寄り道。

IMG_0119_R.jpg

ここは以前に記事にしたと思うけど、なんかいつのまにか周りが住宅街になっててちょっと趣が欠けているような。
天気のせいか、公園化のせいか廃墟感がないんだよね。
この手のものはやはり世界遺産になると堕落するようだ。

次にに天満宮に寄ってみる。

IMG_0126_R.jpg

この店ってのがなんでも名物の梅ケ枝餅の名店らしいてこと(下娘の落研サークルの先輩からの情報)で行ってみる。

IMG_0127_R.jpg

うん、たしかに餡があまり甘くなくて上品な感じ。
このあとメイン通りの別の店でも食べてみたけれど、ほかの店は餡が甘すぎてちょっと下品に感じた。(いったい何個食ったのか?と訊かれそうだけど、この日は4個食ったような。まあフツウでしょ!)

IMG_0128_R.jpg

まあ、この時期は合格のお礼回りで多いわなあ。
ちなみにこんなに並んでいるけどワタシらは並ばずにいきなり最前列の横から拝礼した。というのも拝礼するスペースは広いから並ばずに参拝してくれとわざわざ放送で言っていたから。まあ後ろまで聞こえなかったみたいだけど。ある意味日本人らしい律義さ!
この日はやたら外国人(中国、韓国人か?)も多かったけれど。

腹が減ったので門前の適当な店へ。
IMG_0135_R.jpg
 昼飯はうどん!
たまたま入った店だったけれど、この店、有名店だったみたい。肉うどんだけれど相当においしかったです。一見ショボいんだけど、こんなに肉の多い肉うどんは初めて。

帰りにコーヒー飲みたくなって寄ったのが、

IMG_0136_R.jpg

ジャズ喫茶!
ここはオーディオにも凝った老舗のジャズ喫茶。
年季の入ったパラゴン、マッキン2500は30年前に初めてこの店に来てから変わらず。
老夫婦で店をやられている。あいかわらずCDはかけずアナログにこだわったお店のようだ、
ここにくると古ーいオーディオ雑誌、70年代のステサンとかがあって見るのが楽しい。ステサンの記事では瀬川さん、岩崎千明さん、長岡さん等の集合写真があり、昔はみんな一緒だったのがほほえましい。
途中、なんかウチで非常によく聴くレコードがかかり、これなんだっけ?と思いながら、振り向いたらわかってしまうので、わかるまでずっと考えていたら、ドラムのソロの場面でこりゃ、「明らかにシェリー・マンだろう!」ってことで、70年代くらいの録音でよくかけるシェリー・マンのレコードといえば二つしかないってことで、そうこれは「ジェミニ・スリー」であった。
まあ隠れた名盤ですなぁ。


長くなったので以上です。


どうも最近太りすぎのようだ。(もともと太りすぎじゃないか!という突っ込みは無し)
携帯の写真見たら、ほとんどが食い物の写真なんだもんな。

うーん。

とりあえずネタ切れなんで、食い物の写真でもあげておく。

まず正月!(いきなりそこからかよ!)

IMG_0976_R.jpg
 
これ、義理の弟ってのが料理人やっているんで、そこに注文したもの。なかなかよくできてた。

次、

IMG_0982_R.jpg
 
父親の誕生日ということで、県南の海鮮丼だったと思う。

次、

IMG_0975_R.jpg
 これ、どこだ?  ガストのような。

次、
IMG_0017_R.jpg

IMG_0020_R.jpg

IMG_0016_R.jpg

IMG_0022_R.jpg


ボルシチ、ピロシキ、ロシアンティーとくれば、そう


IMG_0030_R.jpg

ツンドラですなー。

IMG_0036_R.jpg
 
阿蘇で食べた海老の突き刺さったうどん。
やわらかい腰のない麺でモロに熊本なのに九州というか福岡風のうどんであった。

IMG_0038_R.jpg
 
うーん、ホルモン煮込みというと阿蘇の料理なんだけど、上のうどんとまさか同じ日ではないだろう、と思ってたけど、そっかよく考えたら、うどんに追加で頼んだわ!
机の質感いっしょだし。

IMG_0048_R.jpg
  
これは誕生日に食ったような。
誕生日だからということでジャンボヒレカツを頼んだらこんなのが来た。
でもこれ1000円くらいだったんだよね。このボリュームで格安!

IMG_0070_R.jpg

IMG_0055_R.jpg
 うーんこの二つは丸福のような。

IMG_0079_R.jpg
 
これは元相撲取りがやっているラーメン屋。
たしかここでカビゴン捕まえたんだよねえ。

こんなんばっかし食っていたら、そりゃカビゴンみたいな体型になるわなぁ。

4月からダイエットしよっと!






3月いっぱいは食うぞ!
ということで、今回数年ぶりのクルマの買い替えとなりましたが、新しいクルマ(残念ながら新車じゃないけど・・・・)を入手するにあたりディーラーの担当者より「希望のナンバーありますか?」と聞かれた。
「希望のナンバー?」
そう、最近はディーラー等で購入すると、いくらかの追加費用で希望のナンバーが取得できるらしい。
まったく想定外だったので最初は「希望のナンバーでなくても良いから値段を少し安くしてもらいたい!」とセコイ希望を言ったものの、すでに費用総額に組み込まれているということであり、はずしたところでせいぜいウン千円の違いにしかならないこと、また、曰く「『4』や『9』なんかの一般的に避けられる数字が入るよりも希望の数字を選んだ方が・・・・」との説明にうまく押し切られてしまった。
考えてみると確かに「893」(ヤクザ)だとか「4219」(死に行く)とか「427」(死にな)とか明らかに避けたい組み合わせのナンバーもあるように思う。
思い起こせば大学時代に乗っていたクルマのナンバーが「な 86-33」であった。
これ、語呂合わせすると「悩む散々」となり、確かに悩み多き学生時代だったような気がする。
またエリー号の前のクルマ(家族は愛称でオデコちゃんと呼んでいた)は「そ 87-17」で、これも語呂合わせすると「その花いいな!」になり、確かに今まで乗ったクルマの中で一番家族や友人と遊ぶことが多かったクルマになったような気がする。
ウン!こうしてみると確かにクルマのナンバーは重要だ!
ということで、実際何にするべきか?
ネットで調べると、人気があるのはシンプルに「1」や「7」の単数や、「11-22」(いい夫婦)とか、「777」とか、まあ確かに上位20位以内に「4」や「9」の入っている数字組み合わせは無いようだ。
実は最初趣味系の数字である「43-44」とか「930」を考えていたんだけど、これは上記の理由で却下!
じゃ、なんにする?



IMG_5632_R.jpg

お祓いを受けた今度来たクルマ!
色は白です。正直、白は嫌いな色! 水垢で汚れやすいし。
でも中古なんで選びようがなかったです。



まあ実際のナンバーがどういう数字になったかは見てのお楽しみということで。


今度のクルマの愛称はなんにしよっ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。