FC2ブログ
東京弾丸旅行のその3です。

どこまで行ったっけ?
もう誰も読んでないような・・・。
ここまでくるとすごく負担に感じる。
まあ一泊二日の出来事を1か月間の数回に分けた記事のネタにしようというんだから苦しいのは当たり前。

上野の動物園、博物館、美術館と歩き回りすぎて疲れてしまった。
どこかでお茶しようということになり付近のカフェもしくは喫茶店を探す。
ルノアール?というのがたくさんあったけれどどうなのか。
結局、アメ横に近いところ、ほぼ御徒町のカフェに入ったけれど人が多くて落ち着かない。
東京は隣のヒトとの距離があまりにも近すぎ。過疎県のさらに辺境のジジババばかりの街に住んでいるせいか特にヒトとの距離感があまりにも近くて気になった。
その後連れ合いがアメ横に入ったことないということでアメ横を散策。当然人多すぎ。
高架下等を歩いて一間幅の多種多様の店舗が延々と連なる様を実際に歩いてみて、連れ合いは軽いカルチャーショックを受けているようであった。 一言曰く、「これも東京なの?」

この時点で夕方5時前だったので、あまりにも疲れ果てていたのでホテルのある赤羽に行く。
赤羽というと名前は聞くけれどどういう街かよくわからない。

娘との合流は9時過ぎということなので、ゆっくり食べれる個室のあるレストランか居酒屋を探す。
しかし、赤羽という街、どうもちょっとタダ物ではない、という感じ。
駅横に歓楽街があり居酒屋が連なっているんだけれど、ちょっと中国的というか、屋台的な雰囲気が異国的な感じ。もしくは昭和30年代の歓楽街?

駅前の本道を超えると東京にあまり無さそうなアーケードもあり、この感じはほぼ地方都市のの商店街という趣。

居酒屋はどこも混雑して多いので、待ち合わせ時間まで粘って飲むのはちょっと無理だろううということでここはあえてレストランを探す。
さまようように歩いていたら、いきなり奇妙な外観の店があった。

IMG_1899_R.jpg

こりゃなんじゃ?と一応写真に撮っておいた。
幽霊居酒屋と看板にあるが、こういうものがあるとついついこの手の物が好きな上娘の「そ」に知らせたくなる。
ラインで送ってみたところ、すぐに「そ」から反応が返ってきた。

IMG_1994_R.jpg

こういうマンガがあるらしい。
このマンガの一節に

IMG_1995_R.jpg
こういう描写があり、このマンガの「お化け屋敷居酒屋「」がまさにこの店らしい。
「そ」には「入らなかったの?」と聞かれたけれど、入るのに勇気いるし、なにより連れ合いが嫌がったのであった。
なんでも店に入るといきなり生首が飛んでくるらしい。
それにしても「そ」はマニアックなやつだ。


さんざん歩いた挙句、雰囲気の良いイタ飯屋を発見。
ここに入る。
IMG_1902_R.jpg

コース料理が3000円弱でリーズナブル。なによりワインの品ぞろえが多く嬉しい。
最初だけビールを飲み、途中からグラスワインに切り替える。
ワインリストを見ると、ほぼすべてイタリアワインであり、グラスワインが豊富。グラスワインとは別にボトルオーダーのワインがあり、その中にワタシの大好きな(ある意味ワインの中で一番好きかも・・・)「ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ」が格安の7800円であるではないか。
普通ブルネッロと言えば、ボトルだけでも8000円前後で売られており、レストラン等で飲むとするとこの1.5倍から2倍の値がついてもおかしくないんだけれど、うーん。
東京まで来たハレの日ゆえ、コスパ考えたらこの希少なボトル頼んでも良かったのだけれど、さすがにこれをほぼ一人で飲むのはキツイ、だろうということで、結局グラスワインを5種類くらい飲んだ。
でも飲んだワインの銘柄はほとんど覚えていない、ことを考えたら、インパクトのあるブルネッロでもよかったのでは・・・。うーん、残念。

IMG_1901_R.jpg

料理も丁度よい量でとても美味しかったです。
近くにあればまた行きたい店でした。


ここまで書いて面倒くさくなった。
その3で終わらせようと思っていたのにその4に続く。
たぶんその4の秋葉原編で終わるだろう。
どこまでいったっけ?
スカイライナーが高いってとこかな。

下娘は高井戸で降り、私ら夫婦はとりあえず上野駅まで行きました。
上野に行った理由、もう一つしかありません。
そう、パンダです。
確か自分としては受験かなんかで東京に来た時にわざわざ並んでパンダを見たような気がするが、連れ合いは見たことがないということで、せっかく目的もなく東京にきたのであれば、せめてパンダでも見ておこう、ということ。
まあ個人的にはパンダを見るなら和歌山の方がガラス越しでない多くのパンダをそんなに並ばずにゆっくり見れそうで、いつか連れて行こうと思っていたけれど、まあ、今回は特に予定も無いし、ちょうどいい機会なのではということで・・・。

駅を出て、上野の定番のここにまず行きました。

IMG_1851_R.jpg

西郷さんって、本人の写真が残っていない(巷で出回っているのは西郷の子供か兄弟の二人合わせた合成写真!合成写真ゆえ顔のパーツのバランス、大きさが明らかにおかしい)らしく、鹿児島の西郷像とこの上野の西郷像は顔が全く異なる。
どっちが本物に近いのか?
西郷の往時を知る親族の生き残りの方に言わせると、両方とも全く似ていないらしい。
残された肖像画と実際が大幅に異なるということはよくあるようだ。 織田信長なんかもまったく違うみたいだし。(織田信長の場合は教科書にある細目、細眉の日本画の肖像画ではなく、修道士の残した絵のような太眉、大きな目の濃い系の顔の方が近いらしい)

その後、動物園に向かう。
上野動物園って入場料が安かった。確か、600円。
入口の左手にパンダ舎がある。

IMG_6441_R.jpg
当然、行列ができていた。列の最後に係員がいて入場まで50分とのこと。
自分の地元では50分も待つなんてせっかちな県民性では考えられないことなんだけれど、どうせ行くところもないので並びました。50分ということだったけれど、思った以上に流れがよくて実際には25分で入れました。

IMG_6442_R.jpg

そういえば、シャンシャンの2歳の誕生日に近かったはず。

IMG_6443_R.jpg
 
おお、もうすぐだ。並んで待ったせいでいやがおうにも期待が高まる。

IMG_1855 (2)_R

これがシャンシャンらしいのであるが、遠いし、よくわからん。(写真はズームしています!)

IMG_6448_R.jpg

これは母親だったはずだけれど、(名前は失念)こっちの方がよく見えた。


その後、園内を回る。

IMG_1869_R.jpg

ゾウとか、

IMG_1870_R.jpg

トラとか。

以前来た時は檻に動物が入っている、それを多くの人間が見世物として見ているというイメージだったけれど、現在は生育環境により近い形で改修されており、動物にストレスを与えないような工夫がされているようだった。


約2時間近く動物園にいたと思う。
次にどこに行こうか?と考えていたら、先ほど動物園に向かう途中のの正面に巨大な建物があり、そこはどうも国立博物館らしいということで、博物館に向かう。

お腹が減ったので、博物館の本館に入る前に昼飯。

IMG_1875_R.jpg

クルマのの出張販売のなんとか?というエスニック料理(名前は失念)で、東京まで来て最初の食事がこれか、と思ったけれど、意外に旨かった。けっこう満足した。

IMG_1880_R.jpg

これが本館。 デカい!
左右にもアジア館とか、なんとか館(名前は失念)があった。620円でここまでみれるのは凄い。さすが国立!期待できそう。

実は、この国立博物館で、かねてよりいつか見てみたいものがあった。
それは世界に4個しかないと言われる「曜変天目茶碗」! 見れるかなぁ?

これ、
d54fdd6ed863b3b6fd11988b82ff9a0f-360x360_R.jpg

残念ながら「曜変・・・」茶碗は見れなかったが、鼠志野や織部は見れた。
土器、埴輪、土偶(遮光式土偶の本物が見れた)、仏像、経典、刀剣、絵画、浮世絵、伊能忠敬の実際の地図、等、日本の古代から現在の文化財、産物がこれでもか、というくらい見れました。
国宝の数だけで100以上は見たような・・・。

これが「遮光土偶「」ね。歴史の教科書に必ず載っている。
jomonten01_666.jpg


IMG_1889_R.jpg

これ、北斎の超有名浮世絵だけれど、たまにヤクオクに出てくる。  浮世絵って結構安い。 いづれ機会があったら落札しようと思う。


この時点で相当に歩いた。 歩き疲れてしまった。
博物館の隣にには西洋美術館もあったのだけれど、コルビュジェの建物と前庭のロダンの彫刻だけ見て回った。

IMG_1895_R.jpg

IMG_6494 (2)_R
さすがに迫力がある。

IMG_6499 (2)_R

IMG_6500 (2)_R
これ、朝倉文雄の作品「墓守「」に似ている。いや、墓守がこれに似ているのか。
まあ日本のロダンと言われた人なので。
ただ朝倉文雄記念館で聞いた話では「墓守」には実際にモデルがいて、朝倉はかなり写実的に作っているらしい。実物の墓守本人は写真で見ると日本人なのに彫りの深い顔をしているらしい。


うーん、どっかの坊さんにも似ているような・・・。



長くなったので その3へ。








ひょんなことから東京に行くことになった。
下娘がアニメの「ラ〇〇〇フ」のファンで、CDを買って応募したらサイタマ(カナで書くとどこかのマンガの主人公みたいだ!)のファンミーティングの催しに当たったらしい。
ひとりじゃ不安だから、と、親孝行も含めてワタシと連れ合い、自分の3人分の航空往復チケットとホテル宿泊の予約を入れてしまった。
正直、あまりリアリティがなくて、十日くらい前になって「ホントにいくのか?」と念を押した状態であった。
さすがに「ラ〇〇〇フ」には行かなくていい(当選してないし・・・)みたいだが、降ってわいた東京旅行ゆえ、何も準備もせず。(履いていく靴、カバン、服装は家を出る直前30分に決めたくらいだもん・・・) このままだと学生時代に経験した行きあたりばったり旅行みたいになりそうでさすがに不安な気持ちは拭えなかった。
また金曜日の仕事が終わって1時間半かけて自宅に戻り、8時過ぎに家を出て下娘の住む福岡の筥崎に2時間かけて行かなきゃいけないということで、なにせ福岡市は翌日にG20の蔵相会議を控えて厳戒態勢になっているという事前の情報でクルマでいくべきか、電車でいくべきか、はたまた高速バスか?直前まで迷いに迷った。
クルマの場合、夜の高速を白内障持ちの自分の運転でいいのかという問題もあったし、検問があったら渋滞になって面倒だし。
結局、電車やバスでウロウロするのは面倒くさい、東京では多分しこたま歩かせられるだろうってことで敢えてクルマでいくことを選択。
検問もなく無事10時半に着いたものの打合せやら気持ちが高ぶっていたせいで寝たのは1時半。翌日は5時前に起きたため睡眠時間は実質3時間くらい。ハードな1日の始まりであった。
7時20分の飛行機ということは1時間前に飛行場に入っておかなくてはならないだろうといことで6時10分に下娘宅を出たのはいいけれど、空港周辺の格安駐車場は6時半からということで空いてなくて、仕方なく空港駐車場に駐車。(一泊二日でいくら取られるんだろう?)
空港で朝食をとり定刻通り飛行機に乗る。

乗った飛行機は格安航空のジェットスター!

IMG_1845_R.jpg

IMG_1847_R.jpg
この時初めて知ったのだけれど、下娘はほぼほぼ初めて自分で予約して搭乗手続きして飛行機に乗ったらしい。
飛行機自体は修学旅行でオーストラリアまでいったはずなので初めてではないと思うが、今どきの子なのか、荷物の積載や搭乗方法等熟知しており初めてにしてはすごく手慣れており、何度も飛行機に乗ったことがある連れ合いが”おいてけぼり”される状態であった。まあ、性格だなぁと思った。
ここで想定外のことが発覚。
東京に着くのは羽田と思っていたら、格安航空は成田が基本らしい。まあサイタマに行くには成田でも別に問題はないのだけれど、東京-成田間が相当に遠く、京成ライナーで行くと二千数百円かかる。往復だと5千円近い。時間も40分以上。これなら格安航空でなくてもいいんじゃないかと思っていたら、成田に着き、ライナーの駅のある第2ターミナルまでの距離が遠いことに驚いた。
なぜこんなに荷物持って700m近も歩かせるのか? 「動く歩道でも作れよ!」と叫びたくなった。(思えば、動く歩道に初めて乗ったのは1970年の万博の時だったなぁ。あれから何年たってんだろう)


思ったより長くなりそうなのでここでいったんやめる。眠いし。
2019.05.22 怒涛の2か月!
久しぶり書く。
というのも3月から怒涛の忙しさだったためである。
本ブログは日記的側面が大きいので3月以降の出来事を羅列してみる。
3月は確か、

IMG_1630_R.jpg

IMG_1619_R.jpg

下娘が帰ってきたのでいちご狩りに行ったように思う。
確かこの日は70個くらい食べたけれど、男も大人平均が60から65ということで平均よりちょっと多いだけだった。元はとれなかったかも。
この時期は確か、
IMG_1634_R.jpg
町内会ではこれを飲み、
昼飯は、
IMG_1614_R.jpg
700円の酢豚定食や、
IMG_1631_R.jpg
ラーメン定食を食べていた。
マンガは、
IMG_1640_R.jpg
こんなのを読んでいた。このマンガ、ちょっとエッチな描写あるけど頗る観念的なマンガでカフカの「変身」を彷彿させる。

このへんくらいまでは平凡な日常だったのだけれど・・・。

3月23日に・・・・

IMG_1645_R.jpg

そう、母が死んでしまった。

亡くなった当日も病院に見舞いに行き、普通に話もして、ここ数日顔色が悪かった状態もちゃんと昼飯も自分で食べたと聞き、安心していたところ、その後散髪に行ったら病院から電話があり状態が悪いからすぐに来いと言われ、嫌な予感がするも病院に着いたらナースステーションの反応が変で「もしや・・・・」と思ったらつい先ほど息を引き取ったとのこと。
茫然自失してしまった。
それからの一週間はホントに怒涛の忙しさであった。
父親は90歳なので長男の自分が喪主にならざるをえなかったし、いろんな手配、決め事、カネの準備等、今考えても恐ろしい忙しさであった。
正直、身内を失った悲しみに浸ることなく目の前の作業をひとつひとつこなしていくだけという感じ。
こんなことなら準備を・・・といっても身内の死を想定しての準備はさすがに・・・。
いまだに母の死を整理できていないような気がする。ただ忙しく行事をこなしただけのように思う。

IMG_1660_R.jpg
通夜では悲しい酒を飲みながらもともと賑やかなことが好きだった故人をしのんだ。どうせなら美味しい酒をと大吟醸を用意した。

葬式が終わった後は、
IMG_1686_R.jpg
故人の孫やひ孫も全員集まったので、

IMG_1688_R.jpg
精進料理等無視して食いたいもの、飲みたいものを呑んだ。

IMG_1692_R.jpg
そういえば亡くなった母は花が大好きで、今年は特に「今年の桜はまだか?」と何度もよく聞いてきていた。
なぜこんなに桜の開花を気にするんだろうと不思議に思っていたけれど、ある意味自分の寿命が桜の咲き始めになるとわかっていたのではと今にして思う。


その後、喪も明けないうちに、
IMG_1703_R.jpg
フグを食べ、

IMG_1709_R.jpg
 
仲間の行うレコードコンサートに行き、

IMG_1724_R.jpg

個人宅で行った斎藤何某(今の君はピカピカに光って~という宮崎美子のデビューCMのやつ)のプライベートコンサートに行き、

IMG_1749_R.jpg

職場の動員で選挙カーに乗ることになり、(応援した候補は見事当選!)

IMG_1803_R.jpg
なんだったけ?


ここらで長くなったので止めます。

さすがに火事の話はマズイだろうけど、1月にオーディオ仲間も死んじゃうしなんか今年は不幸つづきなんだよねぇ。
これも時代の変わり目?ってことなのか、
2019.03.15 眼!
先日、夜単身先に戻る運転中にどうも視界が変なことに気が付いた。
遠目に見る横断歩道が二重に見えて、最初は横断歩道そのものが二つあるのか?と思ってクルマを進めると、ある距離からピントが合うように二つの横断歩道が一つになっていくという・・・。
こりゃパソコン画面の見過ぎかまたはマンガの読みすぎか?
視力検査のように交互に左右の眼で横断歩道を視てみたら、右目は全く問題がなかったけれど、左目はボケまくりで道路標示の文字の判別もできない状態。
思わずひとりクルマの中で「あれー?」「こりゃ、やべー!」と叫んでしまった。

もしかして睡眠不足が原因で朝まで寝たら眼も復活するかもと不安9割、淡い期待1割で臨んだにもかかわらず、朝の明るい光の中で視てみても前夜の症状と同じ、左目の視界がボケボケだった。

眼科に行くのは怖い。
と言いますのも、ここ数年、健康診断の眼圧検査で何度か異常がみつかりそのたんびに眼科に行き検査を受け、医者に「このままいくと・・・」的に脅されてきた経緯があるためであった。
まあ眼圧異常で想定される疾患はいわゆる「緑内障」なんだけど、これって下手すると(つまり放置すると)失明するらしい。
怖い怖い!
そういう事情で行くのが怖かった眼科医院なんだけれど症状を自覚して約三週間後に一念発起して職場に半休をもらい診てもらった。

結論的に言うと、私の左目のボケボケの原因は、







「白内障」

であった。

ん?これって紫外線に長期に当たる等の原因で一般的に「年寄り」がなる疾患じゃなかったのか?
眼の瞳が白くなって視力が落ちていくヤツ?
そういえば死んだトム子も外で飼っていたせいか死ぬ何年前からかそういう症状があったっけ。
確か去年の健康診断では視力はさほど悪くはなかった(といっても0.7とか0.8ぐらい。この年でまだ眼鏡を必要とせずに日常生活が送れている!)はずで、この数か月で急激に視力が落ちた、すなわち白内障が進行したことになる。
思い当たることが一つあった。
去年のサッカー代表選をテレビ観戦していたのちに目にゴミ(たぶんマツゲと思う)が入り猛烈に痛くなったことがあった。
結局翌日に地元の眼科医院に駆け込み眼の奥(眼球の裏っぽい)にあったマツゲをとってもらった。
その時にお医者さんが目の水晶体にすこし欠けがみられる、時間がたてば自然に修復していくと思うが処方する目薬を定期的に行うように・・・的な説明があったことを思い出した。

どちらにしても白内障は手術を行わないと完治しないらしい(その手術も目の水晶体に小型のレンズを入れる?等、想像するだけで肛門が締め付けられる怖さ・・・)

生まれてこの方手術というものを経験したことがない(犬に噛まれて何針か縫ったことはあるが)自分にとっては大変な試練。
正直、あーあーという気分です


img20160527162005069628_20190315010506a18.jpg