毎年恒例の健康診断の日程が7月13日に決まった。
今年は単身生活であるがゆえ、多少とも体重は落とさないといけない。

くれぐれもこういうもの、
IMG_0636_R.jpg

に手を出してはいけない!

アパートから300m先は海岸なので、
IMG_0824_R.jpg

毎日でも歩く必要がある。

ウン。
じじーになってしまった。







IMG_0789_R.jpg



まあ、かわいくなりそうなので許そう!
2018.05.10 山羊
朝起きて通勤で家を出たらなんか鳴き声がする。

メエエエエエエエーーーー。


うん、これはどう考えても、というか、考えるまでもなくヤギ、山羊の声だろう。

周辺を見回したら、




おおおー、いました。



IMG_0770_R.jpg

どう見ても山羊だ。

この日は時間がなかったので近くに行かず。
でもその日から一週間は山羊をみることはなかった

そしたら先日、ひさしぶりにいました。

IMG_0783_R.jpg


IMG_0785_R.jpg


とても人なれがよかった。
この二匹、親子なのかな?

IMG_0787_R.jpg

こっちが子供だろう。  たぶん。

そういえば前回の単身赴任時にもすぐ近所に山羊がいた。
これは偶然なのか?
さもなくば山羊って意外とポピュラーな動物なのか?
どっちだ?



PS 実は近所に珍しい犬もいるんだけど、いつか紹介します。
4月から単身生活が始まったわけだけど、まあ一番困るのは食事をどうするかってことになる。
経済的なこと考えたら自炊が一番いいのだけど、まだ炊飯器も未導入ゆえ、いたし方なく弁当買ってくるか外食ってことになる。
昼食が仕事の都合上外食にならざるをえないので、経済的事情から夕食は弁当というか、外で買ってきたできあいの食材になる。

具体的にいうと、

昼食はこんな感じ。
IMG_0743_R.jpg
これは800円

IMG_0722_R.jpg
これは680円

たまには
IMG_0748_R.jpg
こういうご当地グルメ(これは道の駅のハモ丼です)も食べてしまう。さすがに高く1000円。


IMG_0754_R.jpg
これは600円

IMG_0752_R.jpg
これも600円!
この600円のランチが野菜も多くバランスが取れて安くて個人的には好き。

いづれにしてもご覧のように揚げ物が多く、高カロリーだし田舎なので量も多い。
まーこんなんばかり食っていたらさらに太るわなぁー。

で、昼がそんなものばかりなので夕食は少しヘルシーに行こうということになる。
だけど弁当のほとんどは揚げ物が多く下手すると昼食の繰り返しになってしまうので夕食はこういうこのを選択するしかなくなる。

IMG_0771_R.jpg

そう寿司!

どうもこの1か月は上の写真のような握り寿司か海鮮チラシ丼か助六寿司ばかりだったような気がする。
この手のものは大体は5時過ぎると4割引き、6時過ぎると半額になるので普段は買えない780円の上にぎりも半額なら買ってしまうことになる。

IMG_0773_R.jpg

飲むのは安いベルギービール!
IMG_0772_R.jpg

IMG_0774_R.jpg

まあーこんな生活してたらいつか病気になるわなー。 金もかかるし。

早く炊飯器買って毎日卵かけごはんの生活を目指そう。
3月に次女「ぼ」の卒業式があった。

IMG_0663_R.jpg
今どきの大学卒業式は袴が主流らしい。

にしても次女の学生生活のリア充の度合いは半端ない。
高校時代はカヌーに明け暮れ、2年時にはIHにも出場できた。(ほぼ補欠だけれど)
高3の8月末まで勉強より部活優先だったくせに、9月に変わったとたん3年時にIHに出場できなかった悔しさをぶつけるように勉強に明け暮れ、うまく受験モードに切り替え、いつのまにかそこそこの大学の合格までこぎつけてしまった。
正直に言って、小学生の時とかのイメージでは次女よりも長女の「そ」のほうが想像力の豊かさというか”独特な頭の良さ””を感じさせた。
次女のイメージはくそ真面目さというか、間違ったことは嫌いという正義感の強さ、先生から言われたことは必ずやるというある種のバカ「正直」さであった。(そう意味では自分と真逆です!ハイ)
あと甘えん坊で中学までは友人と遊ぶよりも家族でいくドライブや買い物を優先していた。遊びにきた友人「いないと言って!」と居留守していたくらい。昔はよく次女と二人でラーメン屋に行ってたなと思う。
よって成績とかあまり期待していなかったし、このままそばにいて可愛く過ごしてもらいたいと思っていた。
しかし、中学2年くらいに学年の順位を聞いて予想外に上位(なんと学年270人いてヒト桁台)凄く驚いた記憶がある。
「なんなんだろう、こいつ?」と思った一番最初。
その後高校(ワタシの母校でもある)に入り、中学時代の「放送部」からなぜかハードでダーティな「カヌー部」に。(ダーティというのは、川に沈したら全身泥臭くなる。何度かその状態で帰ってきた。)
この時も「なんなんだろう、こいつ?」と思った。
高校入っていきなりのテストでまたまたヒト桁台の順位だったときはぶったまげてしまった。

大学に入って高校時代はカヌーだったんだから入るサークルも体育会系だろうと思っていたらなぜか「落語研究会」!
このときも「なんなんだろう、こいつ?」と思った。
高校時代までの印象だとくそ真面目過ぎて冗談が通じない、人前でしゃべるといつもモジモジというイメージだったので、こいつにお笑いは絶対に無理!と思っていた。
(その点、上娘の「そ」は最適だったはず。人前でも堂々としゃべるし、お笑いのカンは打てばすぐ鳴る反応の速さ!)

まあ、ある意味「努力と勤勉の人」なんだとは思う。
常に自分に足りないものを自覚し、足りないものを補完し自分を高めてくれるステージ、グループに率先して飛び込もうとするある種の勇敢さを持った人間なんだろうと思う。
言われるまでもなく、自分とはまったく真逆のタイプの人種です。(自分だと、努力が大嫌い、飽きっぽい、過去にしがみついて引きずる、自分の殻を破れない・・・等)

次女に引きずられていろんなところに行ったり(香川とか、嬉野とか他県に行くことが多くなった)また大学祭で今どきの学生生活を垣間見たり、いろいろ楽しませてもらったなあと思います。
前向きな気持ちにもさせてくれたと思います。

この場を借りて「ありがとう」と言っときます。

IMG_0658_R.jpg

IMG_0659_R.jpg

うーん、今どきの子はキレイな子が多いンデスネ。