上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということでその2です。

イタリアのワインの後はボルドーコーナーだったけど、残念ながら写真は撮ってない。
いろいろ呑んでもうだいぶ忘れつつあるけれど、確か呑んだのは、
シャトー・フェラン・セギュール・・・・これあの有名なハートのマークのカロン・セギュールの隣の畑らしい。
シャトー・クーテ(白)・・・・値段が10000円だったので呑んでみた。
シャトーグラン・ポンテ・・・・これも9000円だったので呑んでみた。
シャトー・ラ・クロワ・フィジック
シャトー・ロル・ヴェランタン
シャトー・ラ・クロワ・ド・ゲイ・・・ポムロル
だったと思う。
味はいちいち覚えていないが一番美味しかった(というか、自分の好きな味)のはこの中で値段の一番安い(それでも4500円)のシャトー・ラ・クロワ・フィジックだったような。
まあこのクラスで不味いワインがあるはずもなくいづれもワインの王道という感じでとても楽しめた。
ボルドーが呑みやすい理由としてカベルネ・ソーヴィニヨンを主体として複数品種を混ぜたワインが多いためバランスよく複雑な味が楽しめるみたい。ウィスキーでいうところのバッテドもしくはブレンデッドになるのかな。

ボルドーの次はいよいよブルゴーニュなんだけど、その前に飲んだのは呑んだのは辛口白の代表であるシャブリ。
それも高い(7000円)シャブリ (ドメーヌ・フェヴレ)と安い(それでも4000円)シャブリ( ドメーヌ・ジェラー・デュプレシス)。
これも不思議なことに4000円のほうが美味しく感じた。(というか、こっちのほうが身近というか、いわゆるシャブリ!という感じは断然こっち)
前述のボルドーと同じく、どうもワタシの舌は貧乏舌のようである。

で、ブルゴーニュはコート・ド・ニュイの一群。
これも今となってはどれを呑んだのか覚えてないけど、とりあえず値段の高いのばかり呑んだと思う。
ジュヴレ・シャンベルタン
モレ・サン・ドニ レ・ブランシャール
ヴージョ 1級 レ・クラ  等
美味しかったのはわざわざ写真を撮ったコレ。

IMG_3103.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ!
この中ではこれも高いほうではない。
どうも飲み頃と値段の関係で安めのほうが旬をむかえているようだ。

それにしてもこのあたりのブルゴーニュになると当然ピノ・ノワールの単一ブドウだけだけど、ワインの色が独特である。
通常、赤ワインというとルビー色のイメージがあったのだけど、この辺のクラスはす少しセピア色に近い。
長期熟成ワインは色からして違うということらしい。もちろん香りも安ワインと雲泥の差。

次はブルゴーニュのコート・ド・ボーヌ。
IMG_3102.jpg
このコーナーではこのコルトン特級が一番旨かった。

この辺に来た時点で相当に酔いがまわったような気がいたします。

IMG_3104.jpg
白ワインの最高峰と言われるモンラッシュの雄 ピュリニー・モンラシェ!
赤の後に呑んだ白なのでもう何が何だか。


うーん、まだ終わらない。 その3へ続きます。
スポンサーサイト
ほぼ1ヶ月半ぶりの記事になるのか。
今からは時系列を無視して書いていきたいと思います。


で、いきなり昨日の話。
非双子さんが行けないということで急遽「ワイン博」に行くことに。

IMG_3096.jpg

正直に言うと、入場料は2000円なのであまり期待していなかった。

IMG_3097.jpg

まあ最初はあまり人もおらず、しょぼいのではと危惧するも同行した「とし坊」さんによると去年は会場に入りきれないぐらい大盛況で仕方なく200名の限定にしたらしい。
で、列に並び、「とし坊」さんの言うとおり最初は泡物を飲む。

最初呑んだのが8000円のヤツ、えーと「アグラバール・ブリュット・プランド・ド・ブラン レ・セット・クリュ」(あー長ぇ名前!いちおうこれはシャンパーニュです)
これは癖もなく十分美味しかったんだけど、個人的にはこれよりも次の

IMG_3099.jpg
「ピエール・ジュルベ・キュヴェ・ド・レゼルブ・ブリュット」のほうが独特の酸味があって旨かった。このシャンパン(スパークリングじゃないよ!)はシャンパンでは通常使用されないピノ・ノワールやピノブランが使われているらしい。
入手困難らしいけれど。値段は5500円でシャンパーニュの中ではお手頃。お勧めです。買えないけど・・・。

泡モノはとりあえず2本で終わり次のコーナーへ。(ほかにもいろいろあったけど敢えてシャンパンしか飲まないようにする。)

次のコーナーは「アメリカ・イタリア・ドイツ・日本」とある。
ということは、身近なチリとか南アフリカ等の第三国ワインもあるのか?この時点で受付でもらったワインリストを見てみる。
「げっ!」
このコーナー以外はほとんど”おフランスのワイン”じゃないか!
ビンボー人であるワタシの場合、”おフランスのワイン”(あえて「お」をつけます!)は明らかに高値の花であって、高いフランスのワインのカウンターとしてイタリアや南米のワインに走り今まで呑んで来たという経過がある。
ワインを呑む場合はあくまでコスト・パフォーマンス重視で”値段の割りに”美味しいというものを求めてきたように思う。
だって普段買えるワインってせいぜい2000円以下だもの!
よくよく見ると向こうの方のコーナーにはブルゴーニュ系のボトルが多数鎮座しているし、リストを見てみたら、ブドウの品種でピノ・ノワールのワインが異常に多いではないか!
こりゃ、しょぼいどころか、予想以上に、それもはるかに予想以上に高級ワインが揃っているようだ。

とりあえずこの「アメリカ・イタリア・ドイツ・日本」では、イタリアの赤2本を呑む。

まずはこれ。

IMG_3100.jpg
これ(名前が長いのであえて書かない、写真で判断を!)たまにワインショップで見るヤツだけど、値段が値段なのでなかなか呑む機会がなかった。
味は一言でいうと「重厚!」 「極太!」 
タンニン成分が十分効いておりある意味ワインの凄さがすべて詰まったような味。
いきなりこのレベルか!

IMG_3101.jpg

次にイタリアを代表するヘビーなワイン「バローロ」!
おお!これも重厚なたたずまい。しかし前者に比べると少しやさしく感じた。なんか伝統を感じる。
そばにいたさっさ先生曰く、「いっしょに肉を食べたくなる!」



というような感じでこの後も続くんだけど、長くなりそうなので一旦終わります。
不評なら書かないけど・・・。

2014.08.03 酒の肴
8月最初はどうでもいいネタから行きます。

この数年お気に入りの酒の肴がある。
酒の肴といってもようするに「ツマミ」。
ビールのお供にもなるし、そのままスナック菓子みたいに食べられるもの。

コレです。

IMG_2796.jpg

「まつばフライ」!

アップするとこんな感じ。

IMG_2797.jpg

まつばフライというからといって松葉をフライにしているわけじゃなく、フツウにイカをピリ辛にしてフライにしているだけなんだけど、これははハマります。
イカ系のツマミというと普通のスルメからイカフライまでいろんなものがあるけれど、食べ続けると妙に塩辛さを感じたり、さもなくばフライ系は油っぽさを感じたりとなかなか「これだ!」というような決定番がなかった。
これはそういう中にあってツマミとしてどうしても必要な塩辛さを唐辛子のピリ辛さで補い、フライ系の食感、香ばしさを油っぽくしないために敢えて松葉のように細い形状でフライにするという方法でうまくクリアさせている。
実に良く考えたモノと思う。
これを見つけたのは毎年恒例の花粉症対策の病院行きの途中の「道の駅」であった。
それ以降、「道の駅」に行くたびに探したけれど、これはどうも隣のF県の特産のツマミらしくF県にしか置いてないことが多かった。去年になり北部九州に本社のあるディスカウントスーパー等(「ト○○イアル」等)に置いてあるということがわかり、(最近では「ドラ○リ」です)よく買っています。

一度お試しを!



追記:今日の花火大会に持っていきます。
さすがに月に1回しか記事書かないと周囲から月一ブログとますます揶揄されるので書きます。

すこしずつ紅葉が始まろうかというこの時期に今更言うのも変だけど、今年の夏は異常に暑かった。
7月の半ばから盆くらいまでは連続の35度以上の猛暑日が続いて、なんだかんだで確実に地球温暖化が進行しているというか、何か今まで人類があまり経験してこなかった境地に踏み出しているということを改めて実感した。
たぶん今後もますます夏は暑くなり、冬はますます寒くなっていくような気が致します。

今回のテーマは要するに「酒」なんだけど、これからの季節、冬だと日本酒の熱燗、ぬる燗、ウイスキー、ホットワイン等、酒自体が基本的に体を温める効果が強いのでいろいろ考えられる。
夏の暑いときに呑む酒は、だれがどう考えてもビール一択になると思われる。
確かに暑くてノドがカラカラなときに冷えたビールを一気に呑む悦びというのは誰でも公平に経験できる「大人の幸福な時間」のひとつだと思う。
しかし・・・、実は昔から思っていたんだけど、ビールって確かに最初の一杯(まあジョッキ位の量?1L位?)は相当においしいと思うけど、2杯目くらいになると段々ビールそのものの素性が出てきて、不味いビールだと途端に呑めなくなる。(あえてブランドは言いませんが、まあ、流通の多いシルバーの例の奴です。)
そこそこ美味しいビール(ここではあえて言う。国産ピルスナー系ではエビスまたはプレミアムモルツのみです。)でも3杯目はチトきついなあと思うのが最近のワタシの体調。
要するに、クソ暑い時には、いわゆる”のどごし”で美味しさを発揮するピルスナー系のビールを呑むのが一番美味しいのは間違い無いんだけど、それも何杯か呑むと飽きてくるということ。(一方で体力が落ちたってことかなあとも思う。)
じゃ、その次に何を呑むべ!というのが今回のテーマ。
結論的に言うと「モヒート」なんだけど、ワタシは実は今まであまり「モヒート」を呑んだことがなかった。
カクテルなんで、家で作るのは面倒だし、バーに行ったら行ったでせっかくバーまで来たのなら作り手の腕の発揮するもう少しハードなカクテル飲んだ方がいいと思っていた。
まあ名前だけは知っているというか、へミングウェイにゆかりのあるちょっとトロピカルなカクテル位の知識だったと思う。
今年たまたまバカルディのモヒートのミニボトルを安売り180円位で購入し、冷蔵庫にあったウィルキンソンの炭酸で割って更に家の裏に自生する雑草のようなミントの葉っぱを載せて呑んでみたら、これがなかなか旨いではないか。
コレなら暑い夏を乗り切れる!と確信した旨さでありました。

IMG_2354.jpg
あー、この写真の時の炭酸は1L68円の安物。バカルディのモヒートはすでにライムの果汁と発砲が入っているみたいで非常にお手軽。この写真の時のバカルディは770mlが1,180円だけど、最初呑んだミニボトルは275ml入って200円切るので、できるならミニボトルをたくさん買った方が炭酸も抜けないしコスパも圧倒的に高い。
あとモヒートは元の酒はラム(ホワイトラム)なので同じサトウキビで作った沖縄の黒糖焼酎なんかで作っても面白そう。
あと炭酸も、ノーマルな炭酸でなく、例えば、

IMG_2352.jpg
これはウィルキンソンのジンジャーエールで作ってみたモノ。個人的にはこれはかなりお薦め。
黒糖焼酎で作ったらオール国産のカクテルになるのか。

まあどちらにしてもビール(個人的には最近発泡酒が多い。麦とホップの赤は箱買いしてしまった。)呑んだ後に呑む酒としてはコスパも高くお薦めです。



2013.07.30 夏の日本酒
あっという間に1ヵ月カキコしていなかった。
そこそこネタはあるんだけど、場つなぎに最近呑んでいる日本酒でもあげておきます。

今呑んでるのがコレ。

IMG_2123.jpg

「屋守」(おくのかみ)です。

これ、なぜか東京の地酒?というか、東京の醸造所の酒なんだよねえ。
酒屋の店主に薦められるまま購入したんだけど、最初、東京ということでホントに旨いのか半信半疑でありました。
いやーどう考えても日本酒で大切な仕込み水が東京産のものなんてなんかフツウ信用できないもんねえ。
でもそういう心配は全くの杞憂でございました。
最初の一口で「あーこれ旨い!」と思わず独り言呟いてしまったもん。
なんか独特の濃密な甘さがあって非常に美味しかったです。
どう考えても甘口の部類だけど、酒の旨味成分が濃いくてちょっと個性的な感じで好ましい。
作り手のレベルの高さを感じました。
日本酒は最近、端麗辛口の酒が一大ブームと思うんだけど、これは明らかに真逆な方向の濃密甘口な酒でした。

これ4号瓶で買ったけど、この旨さなら一升瓶でもよかったのではと思っております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。