下娘が帰省したのを機に上娘がホテルの食事に招待してくれるというので久しぶりにご馳走が食べれるというので喜んで行く。
まあ今月はワタシの誕生月だし。

行ったのは隣市にある日本でも有数の巨大観光ホテル。(上娘の職場でもあるんだけど・・・)
その中でもメインの和風のホテル内の高級料亭?ではなく、最近できたバイキングであった。
ちなみにこのホテルの料亭では獺祭の利き酒セットというのをキャンペーンしていた。ちょっと後ろ髪引かれる思いだったけど、どうせ今日はクルマできたので飲めないし・・・。

入ったのはここです。

IMG_4522_R.jpg
真ん中に水槽がある!
周りは街になっていた。
天井が空になっていて南欧あたりの屋外の雰囲気を出しているようだ。

こういうところに行くとまずドリンクの種類をチェックする。

IMG_4523_R.jpg
焼酎がとても充実している。アイラもあるし、ワインもイタリアワインやシャンパンのモエもあるしバイキングとしては十分。

最初に有料のオーダーを頼む。(どれも1000円です)
まずは、
IMG_4528_R.jpg
フグ!
ただし肝がないのは仕方ないか。

次に
IMG_4529_R.jpg
「握り」ですな。  この写真、一個食べた後に撮ってしまったもの。はて何を食べたっけ?

次に
IMG_4531_R.jpg
言わずとしれた地元のブランド魚!
尻尾のあたりが黄色いので本物のようだ。

この後、カニも頼もうと思っていたんだけど、そんなに食えないだろうということで却下。
仕方なくバイキング料理をせっせと取りに行く。

最初に、
IMG_4533_R.jpg
フォアグラ丼!
これは相当に旨かった。以前このホテルの別のバイキングで食べたときは臭みがあっていただけなかったけど、ここのはちょっと高級で美味しくなっていた。
次に、
IMG_4534_R.jpg
フカヒレラーメン!
賄いは黒人の女の子だった。けっこう美味しかった。
そのほかに
IMG_4537_R.jpg

IMG_4538_R.jpg
インドカレー&ナン、パエリアやステーキ、ブイヤスープ、ピザ、パスタ、チーズ数種類、中華のチンジャオロース、エビチリ 等

IMG_4551_R.jpg
ピザは本格的な石窯。
これはとても味しかったです。

IMG_4552_R.jpg
パスタはここでチーズと絡めるんだけど、あまりチーズの風味がしなかったような。

ここまで食べて当然腹いっぱいなんだけどドルチェは別腹ってことで、
IMG_4541_R.jpg
これらをエスプレッソとハワイコナで流し込む。(コーヒーは都合4杯飲んだような・・・。)

一応言っておくけれど、ここのバイキングって時間制限というのは特に設定していない(まあ終了時刻ってのはあるが)ので、5時過ぎに早めに来てダラダラと4時間くらいは過ごせるようになっている。(フツウそんなに長くいないけど・・・)

こうしている最中にライブが始まり、各テーブルを回って即興で演奏してくれる。

IMG_4545_R.jpg
まあイタリアのカンツォーネもどきからオペラ、ジャズ曲、アニメ曲までやってくれるんだけど、本格的なプロらしく歌はメッチャクチャ上手い。なんでもオーストリアの音楽学校を出たロシア娘らしい。(上娘の情報です。)

やっとワタシらのテーブルに来たので何か難しいジャズ曲でもリクエストしてやろうかと考えていたら、いきなり歌いだしたのが「ハッピーバースデー ツーユー・・・・・」
「えっ!」一瞬絶句しました。
どうも上娘が仕込んでいたらしい。
周りで曲に合わせて拍手でリズムをとりだして妙に注目されて正直とても恥ずかしかったです。

まあ、
IMG_4555_R.jpg
こういうカワイイ子もいて目の保養もさせてもらったし、満足いたしました。

総じて言うと、バイキングでも使われている料理の素材のレベルが高く、他で味わえない高級なバイキングという感じでした。
こんな高級食材を一度に食べる機会はなかなかないだろうと思います。
フグや関アジ、関サバが各1000円で食べれるということで興味のある方は一度訪問されるといいと思いますが、たぶん元はとれないんだろうなぁと思います。

この後、市内の別の温泉に入って帰りました。   以上
続きです。
落語を直接生で聞くと言う行為はほぼ初めてでありましたが、それはそれで楽しかったけれど、聴く姿勢がフローリングの床に座布団というスタイルは常に胡座や正座しなくちゃいけないってことで、ワタシの体型では長時間は絶対無理。約2時間で音を上げてしまいました。
あとで聞いたら次の出演者の「鰆」さんは研究会でもかなりカワイイ子のひとりだったらしく、ちょっと残念でしたけれど腰の悲鳴には勝てず。
12時過ぎに会場を出てさて今からどこに行こうか?
できるならば今まで行ったこと無いところがいいだろうということで、急遽アウトレットモールを目指す。
都市高速までは順調であったけれど、一般道に入るとなぜか異常な混雑。
ナビで見るかぎりどうもこの混雑は目的地のモールまで続いているようだ。危惧するのがこんなに混雑するようだとはたして駐車場にクルマを置けるのかということ。思うにこのパターンは駐車場にうまく置けないために混雑しているのではないか?
またうまく置けたとしても駐車場からこの炎天下の中を長距離歩かなければならないような場合ってのも辛い。
で、結局行くのは止めてしまった。
行くのを止めてしまってじゃ次どこに行く?って相談したら、とりあえず昼飯食べようってことになり、何食べようかと思案したら上娘の「そ」が「蕎麦が食べたい!」と言い出した。
こんな近くに蕎麦屋なんぞあるだろうかと思っていたら、早速 アイフォンで検索。この近く2キロ先にあるってことでナビしてもらう。
行ったのはここです。
IMG_2814.jpg
思った以上に本格的なとこなんだとそのまま入ったら、なんでも注文を受けてから蕎麦を打つスタイルらしく軽く1時間は待つことになるらしい、それでも宜しいでしょうかと聞かれ、どうせこのまま炎天下の中ドライブしてもろくな食べ物やにありつけないだろうってことで、そのままこの店で待ってでもお願いすることに。(実はこのことが後でとんでもなことに・・・)
1時間と言っていたけれど結局注文して料理が出てきたのは1時間20分位たってからであった。
それでもツマミで揚げ蕎麦がでてきたり、日本酒頼んだり(ワタシは呑めません!)で時間を潰す。そういえばこの店けっこう酒が充実していて(ビール以外)蕎麦に合うワインってことで何種類か推奨していた。蕎麦にワインってどうなんでしょ?
やっと出てきたのは、
IMG_2810.jpg
まずは蕎麦がき!
これはなかなか素朴で旨かったです。

次は、
IMG_2812.jpg

IMG_2811.jpg
穴子の天ざるセット。
上娘「そ」の頼んだのは、
IMG_2813.jpg
鴨せいろ!
ここの主人は脱サラして関東の名店で修行したヒトらしく蕎麦の付け汁が関東風で濃い口であったが、ワタシはどっちかというと濃い方が好きなので充分満足。
蕎麦街道とか、蕎麦で町おこしとか称するわりに由緒正しい蕎麦屋がほとんど無い地元周辺のため、滅多に美味しい蕎麦が食べられない中で久しぶりに旨い蕎麦を食べたような気がします。
と、蕎麦の評価は高かったのですが、やはり問題は待ち時間。
この待ち時間の間にワタシはバッグから本出して読んで時間を潰していたのですが、どさくさで携帯を座布団の下に忘れてしまい気が付いたのはこの後高速乗って約40キロ運転したあとだったてのが落ち。ジャンクションでユーターンして約2時間のロス。
そうこうするうちにもう夕方になり、仕方ないので市内の大型モールでお土産等の買い物。
ワタシが欲しかったのは無印のボールペンのみ。一度に6本購入。しめて648円也。
もう暗くなりかけていたのでこのままここで夕飯をとることに。
この地はラーメンの聖地の一つでもあるのでラーメンを食べることに。
(よくよく考えると、この日の昼は蕎麦だし実は前日の夕食も蕎麦だったし、その前の日の昼食は「一蘭」のラーメンであった。ちょっと麺ばかり食べ過ぎ)
ラーメンスタジアムに向かう。
いろいろなラーメン屋の名店が入りしのぎを削るというラーメンスタジアム。
あまり待ちたくないので結局入ったのはここです。

40010961_1793_1.jpg

そうです「天下一品」!
ワタシの頼んだのはこってりの「絶品」
「そ」と連れ合いはあっさりの醤油ラーメン
img_1.jpg

初めての”天一”ってことなんだけど、クリーミィなスープにちょっと太めの麺で思ったよりは辛くなく、しつこくもなくというラーメンであった。でもこれが美味しいかと言われれば、うーん、不味くはないけど一度行けば充分のような。
これならまだ「一蘭」のほうがまだ美味しいと感じる。
ところが「そ」とかが食べたあっさり系の醤油ラーメンはスープにコクがあり中華そばらしさがあってホントに美味しかった。
どうも最近ワタシはとんこつ系の濃いこってりラーメンは受け付けなくなっているような気がする。
今から天一に行くようなことがあったら間違いなく醤油ラーメンを頼みそう。
ラーメン食べて美味しいと感じるのは塩ラーメンや醤油ラーメンの方が多くなっている、ってのはやはり年齢的なものなんだろうか?

以上で終わり。
ラーメン画像は拾い画像です。あしからず。
二つ目の結婚式。

二つ目は、

IMG_2141.jpg

”仏式”でもなく”神道式”でもなく、教会でありました。
この教会、天井の高い空間での生ヴァイオリン、生パイプオルガン、生合唱で、なかなかオーディオ的に面白かったです。

IMG_2151.jpg


この後すぐに披露宴だったんだけど、なんと約350人の参加。
ワタシの席は新郎新婦に一番近いテーブルだったんだけど、奥の方まで見通せないような状態。
来客も地元の市長は当然として、その横になんかテレビで見覚えあるヒトが・・・。

IMG_2157.jpg

この方なんですけれど、ちょっと小林 聡美に似てはいるけれど、わかりますかな?

テーブルがすぐ隣で丁度正面方向だったのでずっと見てたけど、VIPの割りに別にSPを従えているわけでもなく、紹介の案内がされるとまあ記念写真や握手でひっきりなし。ちょっと気の毒になるくらい大変そうでしたがまあこれも政治家の妻の宿命なんでしょう。結局最後まで中座せずにフツウに参加されていました。

おっと、寄り道してしまった。なんといってもカテゴリはグルメ版!だし。
ちなみにこの地は旨いブランド牛の産地で有名。なおかつ個人的には日本酒の美味しい県として認識しているとこなんで、料理、飲み物にはかなり期待しておりました。

料理は和洋折衷で、刺身の後にカナダ産オマール海老なんてのも出ましたが、なんといってもメインはこれです。

IMG_2174.jpg

伊万里牛!
柔らかだったのでこれ食べるときワタシはナイフ、フォークは使わず、箸のみで食べました。
さすがにこれは美味しかったです。

酒の方は、
IMG_2162.jpg

樽酒(鏡酒?っていうのか?)を頂きましたが、これは残念ながらハズレ。
新郎の家系は所謂「鍋島焼」の継承者なんだから、酒も「鍋島」出してくれりゃいいのに、なんて思いながら、
その代わり、

IMG_2172.jpg

このスパークリングワインは美味しかったです。
最初に乾杯用の酒で出てきたんだけど、回りの参加者も「コレは美味しい」と言っていたので、特別にボトルで注文。これ多分そんなに高いモノではないと思うけど、(ヴァン・ムスーの表示だし、つまりシャンパンではなく単一品種でないスパークリングか?)これはちょっと探してみたい酒と思いました。

なんだかんだで上のスパークリングを含めワインを2本開け(もい1本はイタリアの赤ワイン、これは軽すぎ)、冷酒(これはまぁまぁでした。)も数本開けて、披露宴が終わった時にはワタシらのテーブルの面々は皆それなりに酔っておりました。
まあお目出度いことだし。

その後隣接のホテルに泊まり、翌日帰りました。

IMG_2187.jpg
先月、今月と結婚式にお呼ばれしたので書いておこう。

まず、先月の、

IMG_2077.jpg

仏前結構式!
ここではワタシは音出し係という大役を指名されました。
大役(と言ってっもほぼヴォリューム回すだけ)の後、披露宴ではひたすら食べてばかりだったような。

IMG_2104.jpg

さすがに結婚披露宴の食事は旨いなあ!と感嘆しつつその中でも一番印象に残ったのは、

IMG_2105.jpg
なぜか「スィーツ」でありました。

その後二次会にバー、三次会もバーに行きお酒を充分堪能させていただきました。
まあこの日はゴッド姉さんもいらっしゃいましたので、酒に関する蘊蓄を充分聞かして頂きました。

IMG_2121.jpg

なんといっても日本バーテンダー協会の前会長が直々に作ってくれたカクテル飲んだもんねえ。


続く
2013.03.19 フグと酒
遅いネタと言われようともとりあえず上げとこう。

最近グルメづいている町内会の面々。

一ヶ月前、ここから始まりました。

IMG_1840.jpg

ここでの

IMG_1842.jpg
フグ刺し。

IMG_1849.jpg

白子も喰ったけれど、実に美味しかったです。

個人的には、その日家に帰ったらこんなものをもらってたので、
翌日には、

IMG_1859.jpg

一人で6個喰ってしまいました。(ウチではサザエはワタシ以外食べることができませんので”仕方なく”、食べたしだいです。ちなみに酒は「黒田武士」の純米。これはなかなかでした。)

翌週には

IMG_1864.jpg

寺に集まり、この辺の比較試飲。

その翌週には、

IMG_1884.jpg

バーテンダー協会主催の「リカーセッション」でお酒の勉強。

後のパーティでは、

IMG_1889.jpg

こんなのとか(この日イチローズモルトは3種類呑みました。)、

IMG_1892.jpg

こんなヴィンテージ・ラム。

ついでに

IMG_1893.jpg
こんなものも。


このあいだ、11年間愛車であった「オデコちゃん」とお別れ。

IMG_1866.jpg

このクルマ、走ってヨシ(そこそこ速い)、乗せてヨシ(7人乗り)、取り回しヨシでけっこうオールマイティ。今までに乗ったクルマのなかでもかなりお気に入り部類でした。
ナンバーも、

IMG_1868.jpg

「そのハナ、イイナ(その87-17)」でなかなか語呂も良かったなあ。
けっこうこのクルマでいろんなヒト乗せたし、いろんなとこ行ったなあ。

結局、

IMG_1874.jpg

14万2千キロ乗りました。(前車のアコード・ワゴンが12万8千キロだったからとりあえず元は取っている?)
オデコちゃん、今までありがとう。

その後インフルに罹り、(前回ブログ)

病明けに

IMG_1895.jpg

またフグ!

フグに始まり、フグに終わった一ヶ月でした。


まあ、こんな生活やっていたら、いつ痛風になってもおかしくはないわなあ。ハア。