決して手抜きをしているわけではないが収穫シリーズ第二弾。
今回紹介するのは珍しくも透明なレコード。で、透明な存在の自分・・・じゃなくて、透明なヴォーカルの原田知世。
収録曲は例の「時をかーけーるー・・・」等のユーミンナンバーでございます。
原田は本業は女優ということになるんだろうが、決定的な代表作も無くいまひとつインパクトに欠けるが、歌手としての原田は独特な清涼感あふれる抜けのよい声質で独特の地位を築いている。いつぞやラジオで聞いたスェーデンポップとコラボした最近の録音もよく持ち味を生かしているなと感心した。
ところで原田知世って今何歳なんだ?
こういう童顔で10年20年同じような存在の年齢を感じさせない女優さんっていうのはそれ自体が非日常的で価値があるのだろうとは思うが、ある意味バケモノ(年をとらないと言う意味で)のような気もする。同じような女優では永作博美なんかもそうかな。いづれにしても自分たちが学生時代(原田は確か自分が高校の時にカドカワから抜擢されてデビューしたような・・・)の時からずっと存在していて
進化しているってのはスゴイことと思う。
CIMG0901.jpg
CIMG0887.jpg

ebapon氏のブログでモノラル試聴会で「サキコロ問題」を勝手に振られたので考えてみる。
まず最初に今回問題になっている「サキコロ問題」について概略について書いておく。

「サキコロ問題」とは・・・詳しくは当ブログの2月1日の拙文、「ああサキコロ、サキコロ、サキコロ」を見ていただければわかりやすいかと。そこでは、今読んでも恥ずかしいが、ebapon氏が大枚200ドルをはたいて手に入れたソニー・ロリンズのジャズ史上の大名盤である「サキソフォン・コロッサス」のセカンドプレス盤がいかに他の国内盤と音質が違っていて素晴らしかったかが語られている。で今回、問題になっているのはその素晴らしかったセカンドプレス盤が今回のモノラル試聴会で前回と同じように国内盤と比較試聴してみたら予想外に国内盤とほとんどあまり変わらない音質で聴こえてしまったこと。(ebapon氏と私は「え、なんで?」唖然とした。)そのとき聴いたシステムはプリはC22でパワーは845シングル、SPはアルテックであった。

モノラル試聴だったということでSPが1個だったことが原因なのか?SP自体が原因なのか?アンプか?

個人的に導き出しているその原因としては、部屋とSPの問題と考えている。
前回聴いたO邸はフツウのオーディオルームよりかなり広いとはいえ20畳前後、今回聴いた寺の本堂は7,80畳(100畳?)はある空間。なんといっても天井高が3倍くらい違う。
一方は狭い部屋(20畳は決して狭くはないんだが寺の本堂と比較すると・・誤解なきようw)にSPはステレオでハイクオリティで強力なマルチアンプ駆動、片や天井高7m以上の80畳の空間でSPは一個でアンプは三極管シングルってことで、セカンドプレスの情報量の多さをO邸では壁が近かったため音が飽和しクリップして聴こえ、寺では音は飽和せず残響が情報量を補ったのではないかと思う。
SPも3ウェイのJBLと2ウェイのアルテックでは情報量の表現範囲も違うだろうし、2インチスロートか1.5インチかってこともあるか。
それ以前にアルテックというSPがそういうオーディオ的な勝手な解釈に無頓着ってのはあるかな。(けっこうこれが一番の原因のようなwww)

まーいづれウチで一度比較試聴してみるのもいいかも。JBLもアルテックもあるしw。
こんど「サキコロ」貸してくれー!

2008.06.18 引越しの収穫
 かの寺で数々の機材を運んだご褒美に、レコードを20枚くらい分けてもらった(ぶん取ったというほうが正しいか!)
その中の一枚を紹介する。

CIMG0760.jpg

青江 三奈。
もう亡くなって7年位になるのか。
演歌なんかあまりに泥臭すぎてふだん聴くことは無いのであるが、彼女の場合はなんとなくヘレン・メリルを連想させるので興味があった。かたやニューヨークの溜め息なら青江三奈はさしずめ東京?か横浜?の溜め息ってか。
このレコード、聴いてみたら意外と音がいい。
青江の声はあらためて聴くと声質がヘレン・メリルに似ているんだとよくわかる。楽器的とも評されるヘレン・メリルの声質。彼女までに楽器的に徹することができず日本的情緒にベタベタ流されたのが青江の歌と言えるか。
もうすこし長く生きていたら回顧されることもあっただろうに
 6月7日、予定どおり第3回モノラル試聴会開催!ってことで、レコード廻し屋として参加。
詳細はリンク先のebapon氏のブログに語られているので敢えて省略(んー手抜きだと非難の声がこちらまで聴こえる・・)して感想だけ語る。
まー今回は寺の前を通りかかった見ず知らずの通行人(女性二人)があまりにも大音量で音楽が聞こえたってことでコンサートでもやっているのかと覗きに来て、しばし聴いていったというハプニングもあり面白かった。(彼女たちにはモノラル音楽だから50年以上前のジャズ等、たしかミルドレッド・ベイリーや雑音だらけのフルトヴェングラーあたりを聴かしたような、ホントそんなんで良かったのかいな冷や汗が出る)

今回の試聴会、オーディオ的には今までで一番レベルが高かったのは間違いない。
CG25Dに212アーム、124プレーヤー、フィリップスの2000、C22とマランツ7、マランツ8bと845特注アンプ、N製作所の電源トランス、SPはアルテックA5にタンノイオートグラフにラフトのウッドホーン&ダブルウーファー・・・モノラル聴くのにこれ以上強力な布陣はなかなか望めないシステム構成でありました。
CIMG0787.jpg

さすがにタンノイは10年以上電気が通ってないので明らかに鳴らしこみが足りないってことを年季の入ったクラシックファン(G氏やK氏)は鋭く喝破したのはさすがと思いました。それでもタンノイの潜在能力の高さ(意外とジャズもうまく鳴るんだと思ったが、クラファンからはジャズでエージングしただろ、そりゃまずいよと鋭い指摘もあったことも付記しておきます)は十分感じ取れたと思います。(次回に期待!)

今回、一番いい音鳴らしていたのはここで一番の古株のアルテックと思う。
今回のベストトラックはebapon氏所有のマリガンとウェブスターのレコードかけた時かな。あの瞬間はSPの存在が消えたような錯覚があったと思う。あの感じはBOSEさんとこで聴いたズート・シムズに近いような感覚というか。

ラフトは今回はガウスを入れて聴いたが、急拵えではやはり間に合わず、ってのが印象。それでも寺の本堂があまりの低音で震えて悲鳴を上げていた位だから、潜在能力、可能性の高さはハンパじゃないとは思わせた。Oさん、これから頑張ってね。3回分の飲み会くらいでOKよ。

あっというまの時間でとにかくも祭りは終わった、と言う感じでございます。みなさんお疲れ様でございました。町内会の反省会は当然あるんだろうな・・と思うこの頃。(あくまでもラフト宅配とは別!)
次回はSP主体ということでEMTも登場という噂もありますんでやっと手持ちのチャーリ・パーカーのSP盤の登場させられる。乞うご期待。
CIMG0880.jpg
モノラルレコードの数々。半分はepapon氏所有。半分は自分のもの。なぜか今回は他のヒトはレコードを持ってきてくれなかった。残念。

CIMG0871.jpg
845シングルアンプの真ん中に鎮座するのが前ブログで書いたN製作所の電源トランスですな。その効果は絶大!はっきり言って、ほ、欲すぃ。いつか手に入れるぞ。
CIMG0883.jpg
いわゆるヴィンテージの名機と言われたシステム構成ですな。オリムパスをプレーヤ台に使っているのはご愛嬌。これだけのシステムを全部揃えようとすると・・・うーん。
CIMG0888.jpg
みんなでガウスを装着。これでまた酒が呑めるぞ!

CIMG0891.jpg

全景。宴の後。3時から12時過ぎまであっという間の時間。考えたらこういう利用のされ方をされるお寺の本堂って・・・。最近、飲み会の場と化している。今度行ったらお賽銭入れとこう。


CIMG0851.jpg

久しぶりに訪問したK氏宅。
一段と完成度が高くなっていました。
例のムラタのツィーター。もう完全に使いこなしていました。
まーフツウならこれでまったく不満はないところなんですが、あまりにも完全過ぎると人間の悪い性でなんかしきりに欠点を捜したくなるもの。で、ここの音は最初の頃聴いた荒削りながら凄まじくインパクトのあった例の低音を堪らなく聴きたくなり、「低音が・・・」なんて言ってみたものの、ベース主体のCD聴くとあの時にひけをとらない迫力ある低音が十分出ている。
「欠点無いんかいな」と急に関西弁になる自分。
まーそれでも、現状のバランスとしては氏の大好きなテナーよりアルトがより十分鳴りそうなちょっと腰高な音であるのは確かなので、いよいよ秘密兵器としてN製作所の電源トランスの登場となりました。
CIMG0853.jpg

このK氏宅、電源は部屋の直ぐ横の電柱よりオーディオ専用で最短で引いているとかで一般の家より相当に条件がいいのか、正直に言うと他所で聴いたこのトランスの効果の結果より若干希薄に感じました。
それでもテナーのラッパの位置が通さないときより明らかに10センチ位下がっているというか、音が整理されてより低重心になっているのは確かでありK氏もかなり気に入られた様子でした。
たぶん数ヶ月後には手に入れているかな・・・と。
正直、このトランスは自分も欲しいのですが、こないだ宝くじ買ったし、当たった暁にはこれを二台導入して・・・と勝手に夢想する情けない自分。

そういえば、このとき例によってエビス飲んでイカ食ってたらいきなり硬いものを噛んだ感触。「え!何」と舌で恐る恐る感触を確かめると「歯」みたいではないか。で、前歯にあるべき感覚が無い。
「やべ、歯が折れた!」さすがにこの後一時は音楽に身がはいりませんでした。
その折れた前歯(正確には前歯の横の歯)は本日無事付きましたので、念のため。
それにしてもイカ食って折れる歯ってのは情けね!