南阿蘇の夜、高地のせいかさすがに夜寝ていると肌寒さを感じてタオルケットに何度かくるまったが、隣のOさんはシャツ一枚で大の字で豪快に寝ていた。後で聞くと、まったく寒くなかったという。普段から暑がりでいつもO邸の第二試聴室はキンキンにエアコンが効いているが、常人より暑がりの自分よりもさらに確実に体感温度が高いのは間違いないようだ。ある意味Oさんらしいタフさを感じた。(まー単に酔いつぶれて寝ていたってこともあるだろうけれど)
阿蘇の朝はとても爽やかだった。付近を散歩して朝日の当たる高岳を望み、昨夜のバーベキューのあとかたづけをしたあと、オーナー特製の朝食をいただいた。ごはんの粒が立っていてとてもおいしかったです。オーナーがDIYで建てているハウスの基礎工事を手伝い、(生コンを練りました)ほどよく汗をかいた時点でIさんの別荘地を後にしました。
Iさん、(wooさんと言うべきか)今回は貴重な経験をさせていただきありがとうございました。とても楽しい時間が過ごせたとおもいます。またぜひ呼んでください。今度はモルト持っていきますョ。

汗をかいたら行きたくなるのは温泉ということで、前日とは違う町営?の四季?温泉に行きました。なんでも地元の人はこちらの方にくることが多いらしい。こちらはやはり無色透明で肌にやさしい感じの泉質でした。ここの温泉で凄いと思ったのが、体洗った後、最後に水をかぶるんだけど(もちろん夏のみだよん)その水を飲んでみたらやたらと美味しかったってこと。普段飲んでいる某「森の○だより」なんかより確実に美味しかった。いやー阿蘇ってホントにいいところですね。

温泉の後、後ろで朝っぱらからビールを呑んでいるのを尻目に本日の目的地「オーディオ道場」へ向かった。
オーディオ道場。考えたらこのとき車に乗っている4人は職種もバラバラ、年齢もほぼバラバラで、じゃ一体何が結びつけているかといえば考えてみたらオーディオ、と言いつつ最近はアルコールの話題が中心になりつつあり(否、アルコールそのもののヒトもいる・・・)、その憂慮すべき事態を打開すべく、その、正しいオーディオの道に戻るためアルコールの誘惑を断ち切らんと、ここらで一度「喝!」と性根を鍛え直すためにここはひとつ「道場」で・・・なんてことがあったら面白いのだろうけれど、実際は「オーディオ道場」は元剣道場を利用した音楽喫茶店ということになる。

○○ラインとも呼べそうな快適なドライブコースの脇のわかりにくい場所に鳥居があり、そこをくぐった後曲がりくねった細い道を不安と期待に駆られながら進み最後に凄い急坂を上ったあとやっと目的地に着いた。ここは芸術村でもあるらしい。入り口からただならぬ雰囲気があった。


PICT0034.jpg
フツウの民家のような感じで一瞬「大丈夫?」と不安がよぎった。

PICT0033.jpg
最初は正直閉店しているのかと思いました。

PICT000100.jpg
元剣道場らしさは少しだけ残っていました。最初このドアを開ける勇気?中から音が聞こえてなかったら湧いてこなかったかも・・。


PICT0009.jpg
「なんじゃ、こりゃ!」入っていきなり圧倒されました。

PICT0011.jpg
鳴ってたのは最初このオリンパスかと思ってたら後ろの4343改でした。で、音はきわめてまっとうな音してました。こんなにモノがあって集めるばかりで音はおざなりってのを予想しそうだけど意外にというか予想外に下手なジャズ喫茶で聴くよりかレベル高い音でした。
なぜかオリンパスは2台あり後ろにはJBLのいろんなホーンが何ペアも使わずに埃かぶって・・・こりゃ坊さん欲しがるだろうな。

PICT0006.jpg
前のはBWの昔のモニター?その後ろは4355、その後ろはタンノイとかアルテックとかメーカーに囚われずいろいろ組み合わて作ったクラシック専用システムらしい。その後ろに鎮座いたしますのがヴァイタボックスのバスビンですな。(初めて見た!)4355が小さく見えるって・・・。

PICT0018.jpg
別のコーナーにヴィンテージが、ハーツフィールドにマッキンXRT20、ジーメンスオイロダインにタンノイの・・・。このハーツフィールド(1954年製)でパウエルのクレオパトラ流してくれました。非常にいい音してました。この前にはトーレンスのリファレンスやEMT927やマイクロの8000番があり・・・もうホントにキリが無い。
オーナーはとても気さくな方でした。
PICT0023.jpg
オーナーは時計や雑貨のコレクターでもあるらしい。ちょっと有りすぎという感じ。ソフトのレコードやCDやテープや本がやたらめったら積み上げられていてなんか迷宮に迷い込んだような錯覚に陥る。

PICT0038.jpg
ひとあたり見て聴いて帰ろうとしたら、別棟があるから聴かないかと言われて連れて行ってもらったのがこの部屋。メインはヴァイタボックスCN191。最初の部屋にもCN191はあったから2台持ってるんだと感心した。そういえばなぜか最近良くヴァイタボックスを聴くことが多いなぁ。

PICT0041.jpg
この部屋はオーナーのアトリエでもあるらしい。主宰している設計やアンプの音決めもしているらしい。
まあこの面や入り口の変なマネキン像を見た時点でこれはウチの「そ」娘の世界と強く思った。そのうち連れてくるか。

PICT0048.jpg
非常に気になったのであるが、ある意味オーディオがすっ飛んでしまうくらいに・・このヴァイタの上にあるのって、高台の例の縦模様と特徴ある深い作り、もしかしたら鍋島?
ホンモノならこの大きさだとこれだけでウン千万するでよ!
オーナーに聞くと公家の血を引いてこのあたりの山も全部持っていて蔵もたくさんあったから、これもそのうちのひとつで、こういうのが相当あったけど大分割れてしまって・・・って、やはり育ちも並のヒトでは無いようで。これらの資産がこの膨大なコレクションに化けたってことは・・・ウーン。
PICT0049.jpg
とりあえず近くのジャズ喫茶に行こう、と行った先が「ベイシー」。
「ベイシー」。日本一の音で鳴る日本一有名な伝説のジャズ喫茶。残念ながら筆者はまだ訪問したことがない。なんせ九州から岩手でございますんで。いつかツアーを組もうかと思いつつも多忙な菅原氏のこと、事情で店休のときも多いらしくなかなか実現できていない。東京出張のおりに新幹線往復で行こうと試みたが天気が悪く挫折した。(その時は吉祥寺界隈でお茶を濁してしまった・・)と、話が脱線。イケナイ行けない。

ここは正確には「ウッドサイドベイシー」でございます。
なんでも店主は名前を付けるにあたってかの「ベイシー」はまったく意識しなかったそうで、元々プロの楽器奏者であり土日だけわざわざ熊本市から店を開けるために通ってらっしゃるそうです。


PICT0013.jpg
SPのメインは4345で上に乗ってるのが確か375のプロ仕様2440ドライバーだっけ。この姿を見てなぜか最初に思ったのは4345だったら2355ホーンが乗るんだってこと。4344使いでありながらこれが乗らなくてわざわざ4333を手に入れた御仁を知っているものとして花虫氏も同じように「へー乗るんだー」と言ったのがおかしかった。
音は最初はJBLにもかかわらず音像(JBLで音像ってのも変な表現だが)がSPより背後に位置して変わった鳴り方とおもったんだけど徐々に音量をあげると音が前に来るようになってちょっと不思議な感覚。これはたぶん演奏舞台があるため後ろの壁からSPの位置が離れていることが原因なのかなと漠然と思いました。46センチウーファを鳴らすのは相当大変だろうと弟機4344使いとしてはあらぬ心配をしてしまいますが鳴らすアンプは球アンプでネットワークで鳴らしてらっしゃるようで、物量をかけて力でねじ伏せるやりかたはやっていない様子。この辺のさりげなさは演奏者出身らしいのかと思いました。で、フツウこのままだと当然46センチはなかなか動いてくれないことが予想されるのだけれども、この問題をクリアされるためにどうもエッジ交換の手法をとられているようでした。(この辺は当方の勝手な予想です、念のため)
ミッドとウーファはセーム革エッジに交換するという手法。手っ取り早く低音を出すやり方ではあります。(賛否両論でありますが)かくいうワタシもどこかから2235ユニット手に入れてオリジナルに戻せるやり方でやってみようと画策したことがありましたが、今はミッド交換だけでとりあえず満足しております。
音は部屋は30畳近くあり天井高も高いので総体的にライブな演奏をうまく表現できそうで演奏者の視点で手堅くまとまっていると思いました。
余談ですが特筆すべきはここはコーヒーがめっちゃ旨いっていうこと。阿蘇自体水がいいのでコーヒーが旨くなるのであるが、井戸水使用のここのコーヒーは他と較べたわけじゃないけどとにかく美味しい。
PICT0010.jpg

PICT0008.jpg


キャンプ地にもどりバーベキューの準備をして近くの温泉に入りに行った。湯の質は無色透明で独特のなめらかさがあったものの、よく嗅ぐと若干の塩素臭が。吸入口があり、もしかして循環かと思ったが、まー温泉天国のようなところに住んでいるので源泉かけ流しが当たり前になっている自分たちの感覚のほうがフツウより異常なのかも自分を慰めました。
バーベキュー。オーナーが用意してくださった肥後の赤牛、美味しかったです。エビス呑んだ後に出してくれた新潟現地購入版の「越の寒梅」も相当に美味しかったです。アイリッシュモルトも出してくれてこの場にいない呑んべえの坊主が悔しがる旨い酒でした。例によって鷹来屋の吟醸純米もすぐに空になりました。

ひとあたり食って呑んだ後、Iさんのシステムの音を聴かしてもらうことに。
半分地下のオーディオ専用の部屋、12畳くらいか?決して広くはない空間ですがセンスのよい調度とあいまって男の隠れ家的雰囲気を漂わしております。
Iさんのシステム、メインSPはアヴァンギャルド、アンプはクレル、ソフトはCDオンリーでエソのP0という構成。ジャズがメインということでかけて頂きましたが・・・
この時、当方それなりに酔っていたのは間違いないのですが、まーアヴァンギャルドというと有名なメグでも花虫ショップでも極めつけはK市のBOSEさんところも聴いているし、そんなに驚かないだろうとは内心思っていたのですが、いやー正直驚きました。
テナーソロを聴いた時一瞬目の前で演奏しているのでは妙な実在感、今までこのSPを聴いていて若干の弱点と思っている低音とホーン部のつなぎ部分がホント違和感なく聞こえるため楽器本来の音が上から下までストレスなく表現できているというか、一方で音の雑味も程よく敢えて出しているので地下のクラブ(ここはホントに半分地下であるが)的雰囲気が出てジャズにうってつけというか。
ここの音を聴いてまたBOSEさんところの音を猛烈に聴きたくなりました。ある意味同列、ある意味対局。この意味がわかってもらえるか。
Iさんに聞くとジャズなんだからただキレイに聞こえるだけの音はいらない多少の雑味というか濁りにがうまく表現できてこそ音楽なんだとの説。これはワタシの考えに近い。
話を聞いていてわかったのですが、なにげない感じでありながらIさんの頭の中にはこのソフトはこういう音で鳴るべきであるとある種の音楽のイメージができておりそのイメージを実現するための二次的な意味でのシステム構成であり、もしかしたらアバンギャルドを使わなくても今出ているこのシステムと同じような音の出し方、まとめ方ができるのではと思わされました。これは相当ハイレベルなキャリアと感性がないと不可能と思われ、それをさらっと言葉で表現できるある種の懐の深さに敬服いたしました。
ひとつだけ残念なこと、現在はアナログをされていないとのこと。理由はなんでも自分がアナログに凝ってしまうと中途半端に終われない性分のためけっこう大がかりになってしまうだろう、ソフトも手を尽くして全部集めてしまうだろう、とのことで敢えて一線を設けられてそこを踏み出さないようにしているとのこと。出ている音が十分アナログ的というか音楽がよくわかった方の音であるので、基本はアナログ的音楽表現でありながら敢えてデジタルでそれを達成させようとしていらっしゃるようでした。
まーそれでも個人的にはトーレンス124あたりを繋いでこのシステムで聴いてみたいな激しく思いました。

夏休み最初の三連休だというのに、中には「お父さん最初の休み、どっか連れて行って!」と子供にせがまれた?こともあったかもしれないのに不良中年が数名集まり平均年齢ウン十歳の一泊泊まりキャンプが強行された。
今回のキャンプの目的は涼しいところでバーベキュしつつ近隣のオーディオに関わるところを訪問してついでに温泉にも入り、またおいしい酒を飲みおいしい食い物も食べるという、まー贅沢なものでございますな。

朝10時に集まり各人役割分担で肉や野菜の買い出しした後、腹ごしらえとして最初に行ったのが地元で最近できたラーメン屋「○一商店」(いきなりラーメン屋から始まるのだ!)。
極太自家製麺の野菜てんこ盛りのラーメン、つけ麺を売りにしている店で、店に入るなり他の客が食べている半端ではないラーメンの量を見て最初大盛りにしようかと考えていた考えを直ぐに改めフツウ盛りにしました(このワタシが!)
で、出てきたのは丼からはみ出さんばかりの野菜(なぜかキャベツともやし)に覆われた一見ラーメンとは言いがたいモノ。これチャンポンじゃね?と思いつつも食べ始めたら、やっぱりラーメンでありました。スープは魚介系をベースにトンコツの背脂を最後に入れて濃厚さを演出(昔食べた尾道系に近いような)、自家製だという極太ちじれ麺にからませる、チャーシューはなぜか円筒形で裂けるチーズみたいに身がほぐれるという変わったものでした。食べたみんなの意見としては「いわゆるフツウのとんこつラーメンなんかとジャンルは違うけれどもこれははこれでありじゃね?もう一度来てみてもいいかも」と、ラーメンには一家言を持つ口うるさい連中にもかかわらず割と高評価でございました。そのうち家族を連れてまた行きましょ。今度は「つけ麺」に挑戦!

目的地まで約2時間のドライブ、途中で酒や飲み物を買い込みながらこのワタシが運転致しましたが・・・・いつものように同乗者はもうすでにエビス何本目かに突入しておりました。ハイ。

やっと着いた場所。そこは南ASOの某巨大コンサート会場にほど近い、某有名会社の元社長さんIさんの別荘地。敷地面積は千坪以上(ゴルフのアプローチの練習がネット不要でできそうな広さ!)
敷地内を外輪山からの清流が流れ周りを森に囲まれ夏なのに一定の涼しい風の流れを感じることができるという夏のキャンプの場所としては最高の場所でございました。
オーナーのIさんも非常に気さくな方で安心いたしました。(例のモノラル試聴会でお会いしていますが・・)
清流に手をつけてみると思った以上に冷たくて、思わず顔を洗ってしまいました。ビールはここに入れていれば天然の冷蔵庫になるよという言葉に納得、正面にASO五岳を望み、木陰でぼんやりせせらぎと鳥の声をききながら過ごせる、いやーホントに良い場所です。
・・・・・とりあえずここまで。後まだ続きます。


PICT0014.jpg

PICT0005.jpg
畏れ多くも40マンですよ40マン。カートリッジひとつの値段。
こんな高価なカートリッジ、フツウはなかなか聴くチャンスもないだろうってことで、急遽第二試聴室のO邸で聴くことになった。(ホントは別の目的、当然アルコールが・・・)
比較試聴がO氏のメインであるSPUマイスターシルバー(考えたらこれでも今や20マンは・・・)ってことでこの40マンのカートリッジには不利な309アームでの試聴とあいなりました。

比較といっても同じオルトフォンでありながらこの二つのカートリッジ、まったく違う性格でございました。
40マンの方は結局、花虫さん曰くジュビリーやMC20の系統の音、SPUとはまったく別の物。
まあ確かにそうなんですけど、情報量の多さではやはりSPUのほうが圧倒的で値段考えたら当然SPUでフツウには十分なんだけど、それじゃこの40マンカートの存在意義は何かと問われれば、一言で言って「音楽性」ってことにつきるのかと。

「音楽性」。この便利だけどズルい言葉。

SPUというカートリッジがいわゆる使わず嫌いからするとあのゴキブリのようなGシェルのデザインのせいか、かなり古典的で古臭い音という風に思われているフシがあるが(もちろんホントの一番の理由はローコンプラってことなのだろうが・・)、レコードの溝をえぐりとるような圧倒的な濃さと他の追随を許さない独特な音楽表現というのがSPUの特徴で一番のウリと思ってきたのだけど、今回の40マンのカートはSPUに較べて針圧もかけず比較的アッサリとした情報量でありながらより豊かな「音楽性」を実現したという、まあその辺がこの40マンカート、えーと正式名はMCウインフィールドだっけ?の存在価値なのかなと勝手に判断致しました。
ターゲットはアナログに久しぶりの回帰して最新のものが最高の性能だろうと最新の高級レコードプレーヤを揃えたもののなかなかキレイな「音」ばっかりで昔聴けた「音楽」がうまく鳴らせなかった金持ち。そういう余裕のあるヒトたちが最後に手を出しそうな(最後でもないかw)ぜいたくな機種って・・・そういえばJBLのどこぞのSPに同じようなコンセプトの・・・うーんこれ以上は言うまい。
今まで書いててけっこう辛いのは「あのブドウは酸っぱい状態のワタシ」ってことなのかとも思う。
なんか異論ある?

DSC_0037.jpg
上の写真は今回のテーマに関係なし。ただこのブログ書いてるとき近所で山羊が鳴いてたんで。
ちんてくら、チンテクラ。
このまま行くと8月で閉園との報を聞き、ひさしぶりに行ってみる。
派手な入り口、閉園するかも知れないというのに客はまばら。
例によってここの売りのケーブルカーに乗る。せっかくだから動画で記録してしまった。
正味5分で登り切る。ケーブルカーで結ぶ現実世界と楽園、彼岸と此岸というか、けっこう宗教的な意味合いもありそうな遊園地。実際このあたりは昔は大きな寺が合ったそうだし、古戦場という噂も(ウーン、この辺の分析はリンク先のその手の専門家に分析をお願い・・・)

果たしてちんてくらは楽園でありました。
いきなり鎮座するお稲荷様、あひるの競争、暗いゲームコーナー、どこかさみしそうな動物たち、この配色、この寂れ方。すべてが「絵」になる空間。
例によって上の娘の「そ」は大はしゃぎ大興奮でありました。

このどこかノスタルジーを感じさせる空間は個人的には世界遺産として残してもらいたいものですな。
できるならもう一度チャンスがあればまた来たいと思いました。

これが楽園まで繋がるケーブルカー。
PICT0007.jpg

この標的、子供の時いつか夢にみたような・・・。
PICT0019.jpg

弁慶号に熊でっせ!
PICT0022.jpg

カーニバルなのに誰もいない。背景のリアルな日本家屋とのコントラスト、うーんタマラン!
PICT0029.jpg

このインド人の表情!
PICT0031.jpg

アルパカだと思うが、なんかに似ている?
PICT0050.jpg

天国とバブル地獄でっせ!まさにここは天界。
PICT0069.jpg

観音像の横で温泉の噴気があがり金魚救いとソーメン流しとボール救いとセルフの氷かきをしようとする、手前の池には鯉が泳ぐこの空間・・・まさに天界!
PICT0072.jpg

カレー専門店だそうな。ここの存在を知っていたら昼飯はここで食べたのに・・・。
PICT0075.jpg
なぜか、このセピア色が似合うのだ。
PICT0085.jpg

なんとか健康診断が終わった。
前日はまっとうな夕食もとらず(おからクッキーと水だけ)ひたすらウォーキング(約2時間)さらにサウナ代わりに風呂に1時間入って汗を流し、朝起きてから一滴の水分取っていないためもうフラフラ?の状態で受けた。
そこまで頑張らなくても普段の生活状態で検診受ければいいんじゃね?と外野から聞こえてきそうだが、こんなきっかけでもないと生活改善はしないだろうってのもあって、この時期くらいはとりあえず頑張ろうってのが今回の動機。
結果はまだ正式にはわからないが、体重は前年よりは5キロ以上減ったし、前回要観察扱いだった血圧は上が118下が84でほぼ正常値だった。エコー検査の肝臓は・・・まだ若干問題ありそう。

総体的には今までのところはとりあえずは順調ということで、今回の苦行も多少の甲斐はあったかもという状態。

とりあえず来年までに10キロ減量を新たな目標でがんばりますデス。


 毎年この時期は勤務先の健康診断の季節となる。
で、自分の場合は今週の金曜日が健康診断日として組み込まれた。
そんなこんなで今は毎日飲まず食わずの節制の日々を送っている。
梅雨が明けて盆地特有の35度を超す暑さにもかかわらずビールも呑まずまっとうな夕飯も食わずに夜な夜なウォーキングして過ごす毎日。
職場で地元の○ッポロビールのビアガーデンが半額らしいから行かないか?と誘われても断る日々。
あービールが飲みてー。肉食いてー。

なんでこんなに苦しい生活しないといけないのだろう?
これもすべて健康診断。
タイトルのごとく自分ははっきりいって健康診断が怖い。
いったい健康診断の何が怖いか?
もちろんバリウム飲んでの白いイチモツの排泄作業という身体的苦痛の件(昔、下剤も飲まずがまんして石のように硬くくなったものを・・・・これ以上言うまい)や普段の酒飲みの不摂生で当然指摘されそうな肝機能の異常、実の祖母と母親が糖尿病であるがゆえの糖尿病の遺伝的宿命等・・・・・自分の体型や食生活、酒の嗜好をご存じの方はおおいに納得し予想するのであろうもろもろの事情。
溜息がでる。

ただでさえイヤなのに今年から「メタボ」なる言葉で勝手に基準を設け、身長を一切考慮せずにへそ周り85センチ以上は全員不健康である的な勝手な烙印ってのもおおいに不安にさせている。
なんでもこれをクリアしないと将来医療費の保険料が割高になることもあるそうだ。ホント国家権力の横暴ではないか?
仕事がら個人情報の厳格な管理や規定、規則のコンプライアンス等、ただでさえがんじがらめで身動きできなくなっているのに保健医療費の節約のため体型まで規制しようというのか?
今のご時世デブのままでいる権利も無いのか。

段々と我慢を強いる世の中にになっている。
それにしてもこんな自己管理、自己責任のガチガチの世の中に誰がしたのだろう?

さて今年はいったい何を指摘されるか。


DSC_0036.jpg
某月某日、県内で最も有名な某喫茶店のアンプ設置を手伝う。
手伝うと言っても実際は手伝うのを口実にここのウリであるSP盤試聴をさせていただくってのが隠れた目的。たまたまここにはつい二週間前に家族同伴で来ていたのでそのときの写真も上げておく。

グレゴリアン・チャントが流れる静謐な空間。
窓の新緑が鮮やか。
独特の炭焼き珈琲が香ばしい。
ちょっと本読みながら珈琲すするのにはホントに理想の空間。

CIMG0921.jpg
鎮座しますヴァイタボックスCN191だっけ。












アンプ設置のご褒美に花虫さんがお願いしてSPをBGMで流してもらう。店主の○谷さんが直々にSP盤をかけてくれた。
大きな喇叭の前で聴いてみる。
音が濃い。
音の切れ目のメリハリがはっきりしている。
決して音は大きいわけでは無いし当然レンジも狭いのであるが独特な実在感ある音を聴かしてくれた。
今回聴くことができたのは竹針でサウンドボックスの音であった。