某日、花火大会を名目の飲み会が天候悪化により流れたため、ヒマなオヤジたちの受け皿として、急遽、試聴会兼飲み会が開かれた。
試聴会の今回の主人公はケーブルである。
ケーブル試聴なんてつまらん!面白くねえ!どうせバカ高いんだろ、なんて内心思っていたら、なんとその値段は240マン!
240まんえんである。
万札が240枚の240万円。
トヨタのプリウスが買えそうな値段。
ワタシゃホンダ党なんで、ハイブリッドならインサイトってことになると、多分、おつりが来る値段。(購入時の諸雑費、計算に入れてないだろというツッコミはなしです)
ここまで高価だと、ある意味、あまりにもリアリティーがなさ過ぎて、笑ってしまうというか、逆に別の意味で変な興味が湧いてくる。

これが件の・・・・
PICTbvcx0014.jpg
プリウスじゃなかった、ケーブルである。
一見、高価な素材である銀(金属のシルバーね。原子記号はAgだっけ?)を使っていそうであるが、素材としてはより単価の安い銅(えー原子記号は確かCuだっけ?)の6Nのシルバーコート(銀被服。要するに銅の線材の上に銀をコーティングしてある)らしい。
この場合のNは99.9999%純度ってことで、のこの9の数が6個あるということ。
当然ゼロの数が多いほうが純度が高く高価であるが、銅の場合はより希少で高価な8Nってのもあるし・・・。

<ああ、ここで銀だ、銅だといっているのは、あらゆる金属の中で電気伝導率が最も高いのが銀であり、二番目が銅であるためです。当然、伝導効率が最もいいものが線材に使われるってことです。念のため。>

より高価で希少、伝導効率のいい銀でもなく、8N銅でもなく、オーディオケーブルでは割とありふれた6N銅を使って、なぜこのようなバカ高い値段になるのかってのが、この趣味の泥沼に片足突っ込んだ人間の持つ最初の疑問ではあります。

ケーブルなんて所詮、信号を伝達するだけの通り道である。
CDプレーヤーやレコードのカートリッジ、アームみたいにソフト媒体から信号を拾ったり、アンプみたいにその当初微小な信号を増幅したり、スピーカーみたいにその信号を振幅させて再生したりという、音楽ソフトから音楽信号を取り出し再生するにあたってはもっとより重要に影響度が大きいパートがいくつかある。
ケーブルの役目はせいぜい信号を劣化させないよう効率よくハイスピードで信号を伝達することであろうと考える。
どうせカネかけるならアンプやスピーカーの機器にかけた方がよっぽどよかろう。
いくら高いケーブル使っても、その延長上のアンプの中の端子の配線はメータ単位ウン百円の安物のビニールケーブル使ってた(ほとんどの機種は実際そうだろ!)なんていったら笑い話にしかならない。
ある意味、脇役の存在のケーブルに大枚240万円もかけるなんて、アンプに2000マンとかスピーカーに4000万円とか、総額1億以上の、金持ちの超ハイエンドのシステムでないとバランス的に絶対おかしいだろうと思う。

まあ値段が値段であるがゆえ、絶対買えないってこともあり、やっかみも入ったためか、我ながら聴く前からかなり否定的というか、ネガティブに判断した物言いとなっております。ハイ


で、実際試聴するとどうだったか?

聴いたのは視聴用の総額300マンくらいのフツウのオーディオセット。(もしかしたらケーブルの方が高い?・・・)
CD音源で、ソウルノートのDAコンバータとCDプレーヤ間での比較試聴。

一同、神妙に黙る。

黙った後に自然と呟く。
「うーん、確かに音はよくなった。」
「音に色気というか揺らぎがある!」
「ケーブル変えただけでこんなに音の表情が変わるのか!」

さすがに「ハハッー」とひれ伏した者はいなかったものの、「割に」というべきか、「当然に」というべきか、多分「当然に」なんだろう、音としては全員高評価ではあった。

ブラインドテストにしたら10人が10人、高い方のケーブル装着の方を選びそうに思う。


確かに音は良かった。まあ値段がこの100分の1ならローン組んででも十分欲しいケーブルではある。

値段が値段だけに、その話題ばかりに振り回されているが、でも結局のところ今回の試聴はケーブルの「値段」の問題ではなく、今回の試聴で一番考えさせられたのは、ケーブル1本変えただけでまるでアンプやプレーヤー変えた程の音の違いがでてくるという事実。
これで十分と思っていた伝送系だけでもいかに信号のロスがあるのか。
銀などの高品位の素材だけで必ずしも音が良くなるわけではなく、あくまでも理論に裏付けられたバランスで一層の高みに行けるということ。
自分の思う最高のシステムを手に入れても視点を変えれば、まだまだ突き詰め、攻めるところは十分あるのではないかという、今後のある種の「可能性」。

この数年、システムの編成がまったく変わっていない(要するにカネがない)自分にとっては古女房のような現システムにもいろいろある種の可能性を改めて考えさせる、非常に良いきっかけとなるような気がしました。

そんなこんなで良い試聴会となりました。企画したhanamusiさんありがとうございます。
とりあえず829氏の富山の吟醸酒も飲めたしネ。                          以上
二日目。
まず松江に行く。
で、松江といえばまず松江城。
DSC_0045_6.jpg
築城が1611年。今となっては数少ない江戸時代より残存する木造の本物の天守閣。
確か六階五層だったと思うが、木造で同規模の城は世界遺産の姫路城だけ?のようである。
今や日本の城の天守閣の多くは再築城で鉄筋コンクリートが標準になってしまった中では、非常に貴重である。
室内はなんか昔の木造の学校の机、や椅子、教室みたいな雰囲気で趣があった。
まあここあたりを二百年前、松平不昧公あたりが行き来していたかと思うと、どっかに茶碗の欠片でも落ちていないかとついキョロキョロしてしまう浅ましい自分がいる。

城を通り抜ける(そういえばここは城内に民家があるので面白い)とさすがに暑かったので喉が渇く。
クルマでなかったら昼間っからビールでも飲みたい気分であったが、ここは松江なんで、松江といえば和菓子で有名な街ということで、
PICT0ddbbb002.jpg
餡かけ団子によく冷えたグリーンティー。
その後骨董屋を物色し、小泉八雲邸を覗き、さすがに昼時になり腹も減ったので何を食うかで店探し。
で、ここは松江なんで、松江といえば出雲地方であり、出雲といえば蕎麦である。
「出雲蕎麦食うぞ!」
と声をかけ、老舗風の店を探す。
なんとか見つけた以下の門構え。
PICT0hsyt004.jpg
なかなかの雰囲気。
なんたってこの店はビールはエビスしか置いていない。酒は純米吟醸のみ。
このあたりの拘りに主人のセンスとポリシーを感じる。
蕎麦に日本酒。これは黄金の組合わせなんだけど、これが似合うのは60過ぎてからか、と漠然と考える。
横のテーブルでは明らかに親子でない怪しいカップルがエビスを飲んでいる。いろんな意味で羨ましい!
ワタシとしては純米吟醸をチェックしたいんだけど、ここは我慢。
今度松江に来たときはここから近い松江宍道湖温泉に泊まってじっくり蕎麦で日本酒飲んでやる!と心に誓った。
この店のお薦めの蕎麦がこれです。
PICT0satehb003.jpg
山かけ割子玉子付き。


松江を出て中ノ海に向かう。
途中、変な建物の横を抜け、
PICT0sdre005.jpg

大根島に行く。
大根島は中ノ海に浮かぶ島。
なんでここに来たのかといえば、ここには「そ」の見たい景色があったのである。
それは何かというと、これです。

DSC_0055_7.jpg
例の雑誌、ワンダーJAPANの表紙にあった景色。

この後、ロケット発射台みたいな橋を抜けて、目指すは「妖怪」の世界。

DSC_0066_6.jpg

この辺はあまり語らずに写真のみとします。


DSC_0070_6.jpg
鬼太郎!

DSC_0072_6.jpg
目玉親父。
DSC_0080_6.jpg
その他いろいろ。

DSC_0078_6.jpg
カブリモノまで。

まあ、本来は昭和テイストのなかなか味のある港町なんだけど、

DSC_0084_5.jpg

県外(この場合、鳥取県以外ってこと)の観光客が多く、「水木しげる」に完全に乗っ取られてしまったような街でした。

「その3」に続きますが、PON氏にいろいろネタせかされてるんで、「その3」はちょっと間をあけます。
毎年恒例の家族旅行。
さて、今年はどこに行こうか?
いつも正月くらいから漠然と考え、家族の中で話題にのぼっていく。
当初、言っていたのが「パンダ」!
パンダみたいな模様の犬飼っている(というか、子犬時代のトム子はパンダそっくりであった)ので、いっそのことホンモノのパンダを生で直に見てみたい、触りたい、(絶対に触れないだろ!とツッコム)との一部強い意見(「そ」)があり、日本で今、パンダを生で見ることができる和歌山か神戸にしようと6月くらいまではほぼ決まりかけていた。
けれども、いざ連続休暇が取れる8月が近づくと、家族それぞれの日程の都合で、どう考えても神戸はムリだろう、という雲行きになり、じゃどこに行くのだ、と”すったもんだ”してしまった。
その時期に、偶々本屋の書棚で見たのが以下の雑誌。
DSC_0003_12.jpg
いわゆるメジャーな「サライ」とマイナー雑誌の「ワンダーJAPAN」(これはいわゆる廃墟マニアの専門誌で当然「そ」の趣味、奴の部屋にはバックナンバー大量にあり・・・)

今回、「サライ」はテーマが「出雲大社 謎解きの旅」、「ワンダーJAPAN」は「山陰+山陽特集」ということで、両方とも山陰の特集。
山陰地方は家族全員未踏の地でもあり、こりゃ行くしかないでしょう、ってことで今回の旅行は「山陰」と前から行きたいと言っていた「倉敷」に決定。

朝4時に出る予定が、眼鏡を忘れたり等で結局5時に出発。
DSC_0003_11.jpg
関門海峡を越える。

9時半に津和野に到着。
鯉にエサをやる。やたらと鯉がデカイ。
DSC_0012_10.jpg
津和野はキリシタン殉教の地でもある。
DSC_0016_9.jpg

森鴎外の生家はショボそうなので外から覗くだけ。
DSC_0019_8.jpg

鴎外旧居の対岸にある、「哲学」の名付け親である西周旧宅を訪問。(あっ「にし あまね」と呼びます。最初は「希哲学」だったような・・・この辺うろ覚えでいいかげんである)
DSC_0020_8.jpg
この西周宅近くの川で天然のスッポンを発見。写真撮ろうとしたら気配を察知されすぐ逃げられる。

津和野から出雲大社までは高速道路とか無くて、ひたすら下道を走る。約200キロ。
4時間近くかかってやっとたどりつく。
DSC_0029_7.jpg
と、本殿が見えない。
そういえば「サライ」に「平成の修造遷宮」のため、平成25年までは御仮殿に鎮座と書いてある。
せっかくの壮大な大社造の国宝の本殿が見られないのか、残念!と思っていたら、よくよく見ると、軽装でないものに限り整理券で無料で修造中の本殿を間近に拝観できるらしい。
時間は4時半までで、今が4時20分。軽装でない(サンダルや半パンはダメ。シャツは襟のあるものに限る)のは家族の中では自分だけであった。
急いで整理券をもらいに行く。
拝観する前に事前に説明を受ける。
今回の公開の試みは千数百年間今までまったく前例のない誠に特別なもので、今回こういう試みを知らずにこのような貴重な体験ができる方は偶々ではなく、ある意味神様に選ばれた、ある種の縁(えにし)の力によるものである、みたいなことを強調される。
そっか、今回の自分はなにものかの力に導かれて、まさに参るべくして出雲大社にお参りしているんだ、と大袈裟に考える。何事も信心と。
期待して本殿の正面側より鉄骨の覆いの中に入っていく。
「おおっ、壮大!」間近で本殿を見る。
本殿は高さが24mあるけども、その本殿を囲むように鉄骨で屋根と覆いが組まれている。
三階建てである。屋根付きの造船場のような状態。
ビルの建設現場の足場のような状態の階段を徐々に上っていく。
それにしても本殿に使われている部材のデカサは半端じゃない。梁の大きさはゆうに1m20はありそう。階段のや踊り場の板も厚さは40センチはあろうか思う。
pic_01.jpgpic_02.jpg(出雲大社公式HPより)
屋根は檜の皮葺きでできており、厚さは1mちかくある。一体何万枚使われているのか?
今回の「平成の修造遷宮」は、屋根の葺き替えが主要目的らしい。
さすがに前回(1700年代)吹き替えられて約300年近く経っているため随分痛んでいるようでした。
見終わったあと思わず千円寄付してしまいました。
ところでこの本殿、8世紀あたり最初に造営されたときは約96mあったと言う伝承があるらしい。
で、数度倒壊して14世紀に建替えられた時に半分の48mになった。
その後また倒壊して1700年代に現在と同じ高さの24mと高さになったらしい。
古代に96mの建物を造る技術があったのか、ということはいわずもがな。
14世紀の48mでさえ技術的に難しいだろうから、これらの伝承はあまりにも非現実的であると、つい10年前まで言われてきた。
ところが2000年に発掘調査で直径1.4mの柱3本組の遺跡が発見されて、現実味を帯びてきた。
DSC_0031_7.jpg
これが発見された柱の跡の再現。一個が直径1.4mで3本の直径は約3mある。
14世紀の48m時代のものとされる。
izumo20taisha-00[1]
出雲大社復元図 (原図 張仁誠氏 復元 大林組 画像のソース: bell.jp/pancho/travel/izumo/izumo%20taisha.htm)
これある意味エジプトのピラミッド並に凄いことと思う。
最初の96m時代の柱がもし発見されたらと考えるだけでロマンが広がる。
よくよく考えると、大社の最初の造営より数十年あとの時代には東大寺に100m近い五重の塔があったと言われているから、決して96mありえないことじゃないように思う。

それにしても古代において、こういう壮大なものを造った理由は何なのでしょう?
この過去の型破りに壮大な本殿といい、本殿での南面ではなく西向きの御神座(当然、拝礼者は正面ではなく横向きの神座に向かって参拝する形?)といい、天皇家でさえ本殿に入れない決り事といい、謎だらけの出雲大社であった。
この辺の事情の謎解きはちょっとキハモノだけど昔読んだ井沢元彦氏の「逆説の日本史」だったかの「主祭神である大国主神の怨霊封じ込め説」が奇抜な解釈で説得力があったような・・・。

どちらにしても修復前の現状と檜皮葺きを全部取っ払った段階でも一般公開する(本殿の内部が見えるかも・・・)そうですから、ぜひこの機会に参拝されることを勧めます。
そして寄付してあげて下さい。ハイ

この後、駐車場にもどった時、なぜかデジ一のニコンをコンクリートの地面に落としてしまう。
「ウギャー、やベー」と叫ぶ自分。
家族からは「何かバチが当たったんやー」と揶揄されるも、奇跡的にキズもなく動作に問題もなかった。たぶんレンズのフード側から落ちた模様。
丈夫なニコンに安心しました。
これも御利益と前向きに解釈。

その後今日の宿泊地、玉造温泉に行く。
今日の運転距離510キロ。
一日目終わり・・・続く
某ショッピングモールのエスニック系の雑貨屋で、たまたま見つけた「羊?」の置物。
なんか見てたら形状や顔の表情に妙に癒される、ってことで早速購入した。
400円。安い!
で、これ、背中のあたりが粗く線が引いてあって、この線の部分に種(何の種だ!)を植えて楽しむものらしい。
最初、緑色のちょっと大きめの方を買ってきたが、さっそくこれに名前をつける。
「ぼ」娘により、「としかず」とつけられる。(なんで「としかず」なのかは不明!)

種を植えて二日もすると若い芽が出てきた。
こりゃ面白い!ってことで、最初の「としかず」ひとりでは可哀想だろう!ってことになって、もう一個購入することになった。
DSC_021ki001_10.jpg
茶色の羊。名前は「みちこ」だそうだ。。(当然、なんで「みちこ」なのかは不明!)

DSC_000hg3_10.jpg
大きさ的にはこんなもん。といってもわかりづらいか。

で、先の「としかず」と並ぶと、
DSC_0fg005_10.jpg
こんな感じ。

そのうち二日もすると、「みちこ」にも芽が出てきて、
DSC_00tre11_10.jpg

最後はこんな感じになりました。

DSC_0oki015_9.jpg

でもこれ枯れたらどうするんでしょ?
なんでも「カイワレ大根」の種でも植えてみて「食用」に挑戦してみるとか・・・。