上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうかれこれ15年くらい花粉症にかかっている。
自分の場合、症状として特に「くしゃみ」が多くなる。
「くしゃみ」を短時間のうちに何回もすると、頭骨の中で脳が激しく揺られて相当のダメージを受けるため、パンチでぶん殴られたようにフラフラなり、だんだんと顔が紅潮し、ついには本当にダウンしてしまう。
こうなったらテンカウントされても起きあがる気力もない。
そんな理由で、この時期は一年で一番嫌な季節となっている。
花粉症ってのは異物を排出しようとする過剰反応の一種であるから、体の過剰反応を抑えて症状を軽くするクスリの処方を受けるため毎年病院に行くことになる。
このクスリってのが簡単に言うと、一種の"減感剤?"であるため、要は過剰を抑えるために体の反応を鈍くしていく作用のため、服用するとどうしてもなんとなく気だるいというか、眠くなったり、集中力が希薄になったりする。
さらに悪いことにクスリを飲み出してある程度効果が出て、”体の反応が鈍くなる”までに約二週間を要す。
病院は大体においてクスリは二週間分しか処方しないから、下手すると1月の終わりから3月末まで都合5回くらいは病院に行かなくてはならなくなり、時間的にも経済的にも非常に大変である。
マスク着用を含め、激しく鬱陶しい。
そんなことで、花粉症にまつわる面倒くさい一連のルーティン作業を軽減することができないものかと常々考えております。
(ここまで前置き)
で、去年よりその”花粉症にまつわる面倒くさい一連のルーティン作業を軽減する”方法の一つとして、”針治療”一回こっきりでその年の症状を大幅に軽減できる医院を知り合いに紹介してもらい、通っております。
今年も先日そこに行ってきました。
その医院は筑豊地区にあり、遠距離でひとりで行くのはちょっと寂しいので、大学生で時間の余裕のある(要するにヒマってこと)上の娘の「そ」を誘ったら、「行く!行く!」と二つ返事だったので二人で行ってきました。
ただ、ご存じのように「そ」娘の趣味は一風変わっているため、たぶん”変なところ””珍しいものが見られるところ”に連れていけといわれるだろうな、とは覚悟していたけれど、・・・・
うーん、たぶん廃墟とか・・・・
ありえないような変な建物とか・・・

まあ実際にそうでした。
今回はその報告になるかと。

朝6時40分に自宅を出て、高速等乗り継いで9時には医院に着き、混雑していなかったので目的の治療や薬の処方はたった50分で終わった。
今からいよいよフリーの時間、どこに行きたいんだと「そ」娘に聞いたら、地図を見ていた「そ」は、
「ここって、○○峠、近いんじゃない?」と聞いてきた。
「えっ、○○峠? おまえなあ、あそこはいくらなんでもやばいだろ?霊感あるヒトは近づけないらしいし・・・」
そう○○峠とは、九州最大の怪奇現象スポットと言われる超有名な場所。(ヒント ○には犬が・・・)
「でも、”出る”のは旧道で、今は封鎖して通れないらしいし、新道はたぶん大丈夫でしょ?ワタシ元々霊感無いし・・・」
で、昼間だし、二人とも霊感ないし、もうこっちの方にくることは無いだろうしってことで、結局行ってみることになりました。


CIMG3212.jpg
新道のトンネル過ぎたところ。交通量も多く、なんでここが?という感じでしたが、(出るという)旧道じゃないし、薄気味悪いのは確かだけど、どうなんでしょ?

その後向かったのが廃墟?いや廃施設?
クルマで走っていて、いきなりその異形が目に飛び込む。

正式に「志免の竪坑櫓跡」(しめのたてこうやぐら)というらしい。


CIMG3214.jpg

DSC_0006_14.jpg
なかなか壮観でした。高さは52メートル、地下は400メートル以上あったらしい。
DSC_0003_15.jpg
坑道の入り口。

DSC_0015_13.jpg
この窓の質感!素晴らしいですな! 当初あまり期待していなかった「そ」も実際に見て気に入った様子。
DSC_0012_13.jpg

DSC_0017_11.jpg

DSC_0018_11.jpg
「ぼた山」も隣にありました。例によって雑草や樹が茂っていました。

この後、「梅が枝餅」食べたさに、太宰府に寄り天満宮を参拝致しました。

DSC_0020_11.jpg

DSC_0024_11.jpg
これが有名な「飛び梅」なんだけど、一体何代目なんだろう?
DSC_0034_10.jpg
猿回しもやっておりました。猿の頭と尻はやはり赤い!

こっちに来たら、せっかくなのでラーメンを食べることに。(なんと今年の初ラーメン!)

行ったのが国道3号線の超有名店。

「丸星ラーメン!」

CIMG3228.jpg
この佇まいがイイですな。
CIMG3226.jpg
CIMG3224.jpg
値段も安く(確か370円?)、できあがりも早く、久留米独特のトンコツのコクがあるのに不思議にアッサリしているという,ちょっと雰囲気が讃岐うどんのセルフ店ようなラーメン屋でした。旨かったです。
ただ、実はここに来るのは5回目くらいなんですが、あの最初に来た時のインパクト、大振りのバナナがぶら下がっていたり、警察犬の写真がやたらと貼ってあったり、の部分がキレイに片づけられていたのは残念でした。
実は「そ」が一番期待していたのはそこだったんだけど。あーあ。

(長くなったので終わりでーす)                                            
スポンサーサイト
なんか自虐ネタばかりじゃ面白くないので、先日のマラソン写真でも上げて気分転換sぢてみる。
まず、”「西郷どん」みたいにトム子を脇に置いてテレビ全国中継に備える”と某ブログで宣言したので、トム子を連れ出す。
(ちなみにロープを持つのはワタシの”ちょんめー”連れ合いでございます。あしからず)

DSC_0036_9.jpg
で、やって来ました先頭集団。
DSC_0010_12.jpg
爺さんの禿げた後ろ頭のインパクトが強い写真になりました。
よく見るとウチの家の位置がバレバレの写真。

その後、
DSC_0042_9.jpg
こういうシーンとか、

DSC_0033_9.jpg
こういうシーンを間近で見て、

DSC_0035_9.jpg

トム子も”応援”疲れしたみたいなので自宅に帰りました。自宅まで相当に距離があって大変でした。思わず息があがりました。時間にして5秒くらい?
録画チェックしてみたら、残念なことの”西郷どん”は映っていませんでした。ハイ
その日はいつもと変わらない朝だった。
朝起きて一番にシャワーを浴びる習慣のあるので、その日もいつものように起き抜けにシャワーを浴びた。
髪を洗い、髭を剃り、(この間、時間にして約10分)で、座椅子から起きあがった瞬間であった。
「グギッ!」(実際に音を発したわけではない。念のため)
腰のあたりに激痛が走る。
「ギャッ!」(これは実際に発した呻きである。)
もしかして、やった?
恐る恐る、確かめるように体を起こそうとすると、また激痛。
あーあ、やってしまった。
ぎっくり腰か?
やったのは、腰の背骨より若干左側のようである。
とりあえず、右の腰だけを使ってゆっくり起きあがる。猛烈に痛い。
背筋がまっすぐ伸びない。
とりあえず体をなんとか拭き、パンツ(ちなみにワタシはトランクス派である)に足を通そうとするが、なかなかままならない。ときおり激痛が走る。
パンツをはくのにこんなに苦労するのは、10年以上前にゴルフに行って三日後に座骨神経痛をやって以来のことである。
あの時は、調子に乗ってやたらとクラブを振り回しハードヒットしまくった報いであった(実際、そんときは信じないかもしれないけど、ドライバーで280以上は楽に飛んだような・・。まあゴルフって飛びゃいいってもんじゃないけど)のであるが、今回はなにも思い当たることがない。
なんとか風呂を出て、家族に腰を”やった”ことを告げる。
最初は笑っていた連れ合い、その後椅子に座るのにも苦労し苦痛の顔を浮かべる姿を見て、始めて困惑した表情を浮かべる。
「仕事ムリじゃない?」
「うーん、どうもムリみたい。」
「病院行く?クルマに乗れる?」
ってな調子で、苦労しながらクルマに乗り込み、結局、病院に行く。
ただし仕事は休まないつもり、午後からムリしてでも行くことに。

病院に行くと、50人近くも待合室に待ってて、約2時間近くは待たされた。
そのあいだも腰を動かすと痛い。
痛いままずっと待つ。あーあ。
やっと名前を呼ばれ、まずレントゲンを撮る。
腰が痛いのに、変な姿勢をとらされ、都合5,6枚は撮ったのか。
その後また待ってると直ぐに診察室に行くよう声がかかる。
なんとなくレントゲンの現像って凄く早くできるんだ、とその時思った。
(この辺はそのうち非双子さんに聞いてみよう。)
ちょっとありがたかった。
いざ、診察。
若い(30代前半?)口髭を生やした先生。
症状を言うと、先生はすぐにこれはぎっくり腰であると断定する。
原因について説明しようとしたので、機先を制するように、やはり体重をもっと落とす必要がありますか?と聞くと、笑いながら「先に言われましたね」と言いつつ、日頃の運動不足にも原因があることを説明してくれた。
まあ湿布と飲み薬の処方でこのまま終わると思いきや、
「ところで、」とレントゲンの写真みながら、しきり直すように先生が説明する。
「ぎっくり腰は安静にしていれば一週間もしないうちによくなるでしょうが、実は、このレントゲン写真でちょっと問題がありまして・・・」
「えっ!」
「ここ見て下さい。これは背骨の横断面なんですが・・」
見ると、自分の背骨が見える。見るからに”骨太”である。
「この背骨の間隔なんですが、上の部分は充分なんですが、この第四脊椎の部分見て下さい。ちょっと異常に狭いでしょ?」
「はあ、確かに狭いですねえ・・」
「狭いだけでなくて、ここ、この部分、横にバリみたいなのが出てるのがわかりますか?」
「はあ・・・!?」
「あの、左半身が痺れたり、何か違和感感じることありませんか?」
「・・・いや、別になんともないですけど?」
「うーん、いまのところまだいいみたいですけど・・・、この出っ張った部分が神経を圧迫するようになるとそのうち自覚症状が出てくると思います。ホントウはMRIでもっとちゃんと調べたほうがいいんだけど・・。うーん、できたら、来週、また来院して下さい、その後の経過を見たいので・・」
「はあ、これってそんなに悪いんですか?」
「いや現時点では別にいいんですけど、左半身に何か違和感を感じたらすぐに来て下さい。あとあまり重いものは持たないように。」
(なんだ、なら別に気にする必要ないんだ、と楽観的に解釈するワタシ)
「これって、やはり運動したほうがいいんですか?」
「そりゃ、背筋が強くなるので、ウォーキングなんかすごくお薦めです!」
なんかぎっくり腰そのものよりも、ヘビーな気分でいったん自宅に戻りました。
正直に言うと、また病院に行くのが恐いですが、まあ、楽観的に、何か症状が出たら対処するということで。(たぶん、このまま病院には行かないような・・・)

そんなこんなで、当面は、お寺の例の”屏風”は持てない!ので、宜しく。


このままじゃ不安なんで、いつもよりダイエットの始動を早くします。この三日後、ほぼぎっくり腰が癒えたので、さっそくどこかの坊さんみたいにウォーキングを始めました。
今月の目標は”25万歩”といたします。


と、ここまで書いてきて写真がないのに気がついた。
仕方ないので、最近オクで落としたレコードを上げておく。

DSC_0046_9.jpg
小林麻美は非双子さんが所有してるのと同じ。小林麻美は380円、シャーデーは2枚で千円でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。