帰り道。
さすがに遅くなったので、お腹がすく。
どこかでメシ食うぞ!ってことになったけれども、この辺の地域の事情に詳しいというかなんせ単身で住んでいたワタシに必然的に”旨そうなところ”のアイデアが求められることになる。
さて、どこへ?
ウーン。
「ラーメン!はダメ?久○米も近いし旨い店知ってるけど・・・。」
「えー、昼も麺だったし・・・」
「もう8時過ぎてるし。んじゃ、ファミレスは?」
「えー、ここまで来てファミレス?」
そんなこと言っても、時間が時間だし、こんな時間に空いているのは後は居酒屋くらいで・・・。
居酒屋って、中坊の娘もいるのにちょっとマズイのではと思いつつ、考えてみたら居酒屋は毎週数回通ってたので、一番詳しいし、家族で入れる個室の店も数カ所知っている。
よしここは敢えて居酒屋をチョイスしてみよう。
残念ながら飲めないけど・・・。

で、居酒屋といえば、このあたりで食べられるご当地食べ物でちょっと面白いモノがあったのを思い出した。
その名は「もみじ!」

「よし!もみじを食べるぞ!」

喜んだのは「そ」であった。
こいつは最近こういう居酒屋メニューに恐ろしく嵌っている。

で、「もみじ」とはなんぞや?


CIMG3514.png

そう、この妖怪人間ベロの手みたいな物体が「もみじ!」

要するに、鶏の足である。
最近全国放送のテレビでも紹介され話題になった。
実際、食べてみると外見から想像するよりは美味しいが、身の部分が案外と少なくてほとんど皮だけ食べているような・・・。

「そ」は貪るように食べている。

オマエなあ、一応女子大生だろうが。一応・・・。

で、ワタシは、「もみじ」に対抗してコレ。

CIMG3520.jpg
「豚足!」

コラーゲンの塊。えー決して共食いではないので。あしからず。

このほかに食べたのは、鶏のカラアゲ、焼鳥、山芋ステーキ、特製サラダ、お茶漬け等。
それにしても、これだけ酒の肴系ばかり食べてビールが飲めないというのは、ちょっとツライものがありました。

さすがに家に着くなりすぐにエビスを開けました。ハイ


                              以上

某日、娘の「そ」に言われてドライブに行く。
今回の目的は廃墟ではない。
目的は作家の田口ランディ氏と写真家のフナオ氏等の対談会の傍聴。
ただし、予約ですでに一杯のため、参加できるのは「そ」一人だけ。
場所がF県の山の中の廃校跡地なので、ものすごい田舎の山中と思われ。
「そ」が参加している約2時間のあいだワタシらはどう過ごす?
でも調べてみるとなかなか面白そうな場所が近くにある。
とりあえず行ってみることになった。

途中で昼飯に懐かしい(といっても去年まで単身で住んでいたところ)の焼きそばの名店に寄る。
CIMG3512.png


対談会まで時間がある(6時から)ので、近くの観光名所にも寄る。
水の流れない未完成の水車!ちょっと拍子抜け。ここはやはり夏に来ないとダメなんだと思ったしだい。
DSC_0139_1.jpg

で、この後ジャズ喫茶に行きコーヒーを啜る。
ボケボケの写真だけど、一応パラゴンです。
じいちゃんばあちゃんがやっているジャズ喫茶。
非常に枯れた音でした。

CIMG3513_20100601112728.jpg


この後、目的地である”なかなか魅力的な場所”に向かう。
それは細い山道をさんざん抜けた後、いきなり目に飛び込んできた。
「スペースシャトル?」
そう、ここがワタシの目的地「音楽館(オンラクカン)」!
このスペースシャトルは二分の一スケールらしいけど、こんな山中までどうやって運んだのだろう?

DSC_0183.jpg
入場料は600円。最初ちょっと高いと思ったけど、コーヒー付きだし、後の体験が充分リーズナブルと思わせる。

最初は昭和レトロコーナー。
DSC_0161_1.png

古いクラウンが置いてあった。
DSC_0159_1.png

軍用車も多数あり。
DSC_0167_1.png

なぜかヘリコもある。
ここまでが1階

DSC_0165_1.png

2階は主に家電コーナー。
テレビやデッキ、レコーダーがやたらとたくさん。これらはすべてこの「音楽館」オーナーであるフチガミ氏の個人所有だそうだ。ソニーの初期に関わっていて完全コレクションを目指したのがここまで大規模になってしまったらしい。

DSC_0169_1.jpg


なぜか飛行機もある。それも数台。どうやって搬入したかなんて聞くまい。
えー、ところでここには去年まで世界で数台しか現存していないホンモノのゼロ戦が置いてあったらしい。今は別のところにあるみたい。(ここから近いところ?)

DSC_0168_1.png

こんなのもあった。一体どこから払い下げたんでしょ?
DSC_0173_1.jpg


で、こっからが貴重な経験。
エジソンの蝋管型蓄音機フォノグラフの最後期の最高機種?”アンベローラ”。
これは1909年の生産だそうだ。
こういう歴史的な物は博物館で飾ってあるのをただ見るだけというのが普通なんだけど、ここが凄いのは実際に当時の蝋管で音を鳴らして聴かしてくれるってこと。
実際の音はさすがにレンジも狭く、若干ノイジーだけど凄く素朴な音という感じ。ノスタルジーを感じる。

DSC_0149_1.jpg
これもエジソンの蓄音機、1915年製「アダムスカーフ」。
ダイヤモンドディスク、要するに縦振動の円盤レコード。
蝋管がベルリナーの円盤録音「グラモフォン」に負けて、エジソン側から出した円盤型レコードなんだけれども、エジソンって相当頑固だったみたいで円盤レコードであってもベルリナーの横振動じゃなくて蝋管と同じ縦振動に拘ったといういわくつきのやつ。縦振動なので分厚い。5,6ミリはありそう。回転は80回転らしい。
音はもうほとんど普通のSP盤レコードの音。電気再生じゃないけど充分鑑賞に堪える。
DSC_0148_1.jpg


最後は有名なビクトローラのクレデンザ。
機械式蓄音機の最高峰。1925年製。
外見は高級な家具調でデッカのデコラにも通じる、というかデコラの方が継承しているというほうが正しい言い方になる。
聴かしていただいたソフトはペギー葉山の「南国土佐を・・・・」とクラシックの「ツィゴイネルワイゼン」だったけど、実在感のある音でハイファイと言ってもいいような音の世界。
針が鉄針で、戦前版と戦後の再生版を比較で聴かしていただきました。
今時のデジタルの表現とは違う濃密な音ではあるけれど、鉄針だとせいぜい200回から300回しかレコードがもたず、個人的には貴重なSP音源は電気再生で鑑賞すべきと思っております。


DSC_0153_1.jpg
DSC_0154_1.jpg

マグナボックスは形状からフィールド型みたい。
DSC_0170_1.jpg

なんかよくわからないホーンの数々。
DSC_0164_1.jpg


そんなこんなで色々楽しめた「音楽館」。
実はここにはオーナー専用のオーディオルームがあって、そこは一週間前からの要予約で試聴ができるらしい。
カタログによるとオーディオルームには、エレボイのパトリシアン800とか、世界限定1セットの縦型ウエストレックスとか、マッキンの球アンプの最強版MC3500とか、トーレンスのリファレンス(なぜかこれは珍しいと全く思わない)
とか、ちょっと興味の湧く機器がたくさんあるようです。
ここには町内会メンバーで田川合宿?のおりにもう一度再訪したいと思います。

n川様、よろしくお願い致します。