あまり最近オーディオネタやってないもんで、今回はこのテーマでいきます。

まあこのテーマのネタになるような出来事自体は、いちいち記事にはしてはいないけれど、”さんざん”経験してはいる。(まあ基本的にこの趣味と旨い酒を飲むためをテーマに日頃行動してますんで・・・)
だけど、ちょっと最近は整理がつかないというか。
本来はその出来事ごとに記事書いていけば「月に1回しか更新してないぞ」とか「ブログ、もう止めたの?」とか外野から”嫌み”を言われることはないのでしょうが、それもままならないくらい頭の中で整理できていない状態というのが正直なところであります。まあ、ただ怠惰なだけなんだけど・・・。
整理がつかないままで何を書いていいやらと考えつつ、このままじゃ埒が明かないので、ムキにならず、振り返っておりに感じた感想を脱力して適当に書いてみる。

まず、5月のアルテックA4でのSP試聴会(あーあ、もう3ヶ月も過ぎてしまった)の音。

DSC_0206.jpg

DSC_0220.jpg

やはり今までのところ今年聴いたなかでこの音が一番インパクトある音であった。
その理由があの2メートルを超す箱から奏でる、現代最新オーディオをもってしても絶対再現できないような密度の濃い中低音ってことに尽きるのか。
前回の828箱によるSP試聴会でも相当なレベルの音で、いかにも癖のありそうなA4の箱でぶっつけ本番みたいな状態でなかなか以前のあのレベルの音までもっていくのは相当に難しいのではと漠然と考えておりましたが、出てきた音は前回の音を完全に簡単に凌駕しておりました。
一応、試聴会当日は安全策で両方聴ける状態にしていましたが、828箱に戻す気完全に失せてましたもん。
中でもまあ最後の聴いたサッチモの「ラ・ヴィアン・ローズ」と「セ・シ・ボン」はちょっと感動的ですらありました。
この音ってのがアルテックA4だけで達成されるというものではなくて、やはり入り口のEMTのOFS65(要するにサファイア針)とEMTの930、マッキンの球アンプ、最高のコンディションのSPレコード、もっというと寺の本堂の広い空間等、いづれも”非日常的”なシステムの組合わせで完成したのは間違いないことなんだけど、(後日にトーレンス167やマッキンC8で音出ししてみても全く試聴会時の音は再現できなかったもんねえ。)個人的なこと書くと、”低音の質”というものを改めて考えさせられた事件だったように思う。
まあ今までいろんなところで聴いた経験上、低音というのが単純に下までどんどん伸ばせばイイというものではないことは薄々わかっているつもり。
わかりやすくより具体的な機種で語っていくと、ウチにあるJBL4344ってのは本来であれば低域は35ヘルツ近くまで出て、その辺を出発点とする割合にワイドレンジ(まあ検聴用のモニタースピーカーってのが元々の出自なんで・・・名ばかりのという評価もあるけど・・)な表現ができる機種なんだけど、重低音は得意だけど弾むような軽い中低音(ちょうどジャズベースの)はちょっと苦手としている。
もっとわかりやすく言うと、オスカー・ピーターソンの「プリーズ・リクエスト」のB面1曲目のレイ・ブラウンのアルコの部分の表現はいくら調整しても倍音に乗るような実在感ある音の表現は4344では不可能である。(言い切ります!)
35ヘルツまで出るからといってあえてこれを45ヘルツで止めるなんてことはムリのよう。(まあグライコ使えばできるかもしれんけど、個人的にはアレは奥歯にモノが挟まったみたいで嫌い。)
対してアルテックA5。
4344とは違い、重低音はまったく出ないけれども(たぶん50ヘルツも出てないような、いいとこ55から60?)弾むような低音というか、風を感じるような低音は実にうまく表現する。じゃ上述の「プリーズ・リクエスト」のB面はどうかというと、4344と違い、盛大にアルコベースは朗々とよく鳴るのであるが、下まで倍音が伸びない感じで、腹に響かないというか、要するにスカしっ屁みたい感じでちょっと物足りなさがある。(まあこれだけ聴いてりゃなーんも問題無いんだけど)
今まで聴いた中でこの「プリーズ・リクエスト」のB面1曲目を一番上手く表現するのはタンノイのカンタベリー15であった。
タンノイは、・・・・

長くなったのでここらで一旦止める。
次回に続きを。

で、二日目である。

例年ワタシノ家族は旅行でヘンなところに行きたがる。(というか、ほとんど「そ」の嗜好なんだけど・・)
去年は確か「中海」の廃船の墓場みたいなとこ。
その前の年は長崎の軍艦島に伊万里のガラス工場兼戦争中の人間魚雷回天の工場跡。(いづれも過去ログ見て下さい)
まあ、よくもこんな妙なところばかりよく行くもんだと我ながら思う。
んじゃ、今年はどこ?ってな具合で、大いにB級を期待していた遊園地や動物園がいまひとつ微妙なB級度で、なんとも中途半端。
ここまでくると逆にB級スポットを探したくなるってなもんです。

で、「そ」に二日目はどこに行きたいんだよ?と訊くと、即座に
「楊貴妃の里!」
「ん?なんじゃそりゃ!」
「覚えてない?前にこっちに旅行できたときに行こうとしたじゃん。」
「え!?」
「たしかあのとき、○○ちゃん(下娘の「ぼ」のこと)がオシッコ行きたいといって途中で断念したでしょ?」
ああ、思い出した。
そう、あれは5年くらい前だったような。
え?ということは5年前にすでにそういう変なトコに行こうとしていた自分がいたってことで・・・。
うーん、考えさせられました。

とりあえず海岸沿いにクルマを走らせる。
このあたりの海岸線はホントに美しい。
1時間ほど走って、目的地の「楊貴妃の里」へ。
ほとんど風光明媚なところにある漁村集落ってな具合なんだけど、一体ここがなんで”楊貴妃”の「里」なんだろう?

DSC_0112_4.jpg
これが”楊貴妃さん”です。

要するに、中国は唐の時代の玄宗皇帝に寵愛された、世界三大美女であるところのあの”楊貴妃さん”です。
楊貴妃さんは当然中国のヒトだし、何のいわれがあってこんな世界の辺境の国の、その中でも更に地味な辺境のこの地に楊貴妃の里あるのであろうと思いきや、なんでも伝説があるらしい。
奥に小さな古いお堂があり、
DSC_0113_4.jpg
小さなお堂に似合わない立派な仏像も安置されている。

海岸の方の墓地の方にす進んでやっと、伝説の表示があった。
説明するのがめんどうなんで、そのまま写真だけで省略。
DSC_0115_4.jpg
読みづらくても知ーらない。


で、これが件のお墓。

DSC_0116_4.jpg
入場料300円だったので、外から写真だけ。

まあ、相当のB級を予想して訪問したんだけど、すごく真面目なところでありました。この点については、”不真面目な動機の自分”を大いに反省する必要ありです。
DSC_0117_4.jpg
春には桜の名所にもなるらしくて、まあたぶんもう来ることは無いでしょうけど、来るとしたら桜の満開の時期がお薦めかもと思いました。



その後、行ったのは、


DSC_0130_2.jpg
角島!
決してこの写真、ブルーを強調しているわけでもなく、実際にこんなエメラルドみたいな色でした。
それが証拠に、

DSC_0127_3.jpg
別の角度から。


この橋を渡ると、そこは、


DSC_0120_3.jpg

まさに南国の楽園!という風情で。

駐車場周辺には


DSC_0122_3.jpg

こういうビキニお姉さんがたくさん闊歩していました。
たった20分いただけなのに、この日だけで数十人は見たような。
まあ夏に若い女性見ないと思ったら、こういうところに集まっているんだと了解した次第。
なぜか溜息が出るワタシ。


この後は九州にもどり、現実に引き戻される。

DSC_0134_2.jpg

いつぞや見た猿回しを見て、

DSC_0135_2.jpg

周辺を散策し、

DSC_0140_2.jpg

時に”水浴び”もし、煩悩を振り払いながら、

DSC_0143_2.jpg

終着駅?否、始発駅なのか?を見て、帰途につきました。

以上で終わり。あーあ。
毎年恒例の家族旅行。
いつもは行き先に悩むものなんだけど、今年はけっこう単純に「そ」の、
「鍾乳洞が見たい!」
の一言で安易に決まった。
それにしても鍾乳洞づいているウチの家族。一体何なんだ!
フツウなら「えー、また鍾乳洞?」とちょっと難癖をつけるようなもんだけど、ちょっと前に行った鍾乳洞の写真が自分的にはいまひとつ不満?であったので、今回また再挑戦というところ。

早朝6時半に自宅を出発。
去年の旅行と同じ方向にクルマを走らせる。
約3時間弱で到着したのは、

DSC_0013_14.jpg
まあ、たぶん日本で一番有名な鍾乳洞。

DSC_0020_12.jpg
DSC_0056_9.jpg

百枚なんたら?というところを通り、

DSC_0027_12.jpg

鍾乳石としては今ひとつ?こんなんだっけ?なんて思っていたら、有名な、

DSC_0039_11.jpg

「黄金柱」はさすがにデカイ!
これ一本でどのくらいの時間が経過してできあがるものなんだろう?と考える。
ただし写真的にはフラッシュが反射して上手く撮るのが難しい。

で、さらに進んで、

DSC_0043_11.jpg

こういうのとか、

DSC_0044_10.jpg

こういう光景でなんとか写真的に満足できたしだい。
 
フラッシュの反射具合で赤や緑等、様々な色に映し出されて「鍾乳洞」なかなか写真的に面白い素材であった。

DSC_0060_9.jpg
途中、レンズは曇りまくりであった。

DSC_0065_9.jpg

その後、土産物屋を見て回り、

DSC_0067_9.jpg

大好きな焼き物も見て、

次ぎに向かったのは動物園。

動物園といえば、



DSC_0069_9.jpg

まず、パンダを見て、
(これ見て”稲中”を思い出すヒトは相当な・・・)

DSC_0071_9.jpg

キリン見て、

おっと、おふざけはホドホドに。

ホンモノは

DSC_0074_9.jpg

コレ。

三キリンのケツ。


DSC_0077_9.jpg

”涼しそうな水牛”見て、

DSC_0086_8.jpg

”眠そうなトラ”見て、

DSC_0090_7.jpg

”黄昏のカンガルー”見て、

DSC_0093_6.jpg

最後に”目をむくウマ”を見た。



その後、宿泊先の温泉旅館に向かう。

CIMG3643.jpg

事前のリサーチでは口コミでは相当上位の温泉旅館。
通常、2マン以上は下らないところを限定で格安で泊まる。

すぐに温泉に入る。
温泉自体は、泉質が薄い感じでいまひとつ。たぶん循環だろう。
なんせ源泉かけ流しがフツウと考える日本有数の温泉県出身なものでこのあたりはどうしても厳しくなる。
ただし施設としては相当に豪華で細部まで手が行き届いている。
すごくキレイで景色のいい風呂でした。
全体的にここはさすがに口コミで評判が良いだけに、従業員の一生懸命にお客をもてなそうとする気持ちが伝わってきてなかなか良いところであった。

料理は、

CIMG3631.jpg
CIMG3633.jpg
CIMG3634.jpg
まあ、充分満足できるレベル。廉価宿泊なのでちと肉系が少ないような・・・。気にしない。気にしない。

CIMG3636.jpg
その分、ビールはエビスで日本酒は「男山」を賞味。

その後、館内のアコースティックライブ?を聴きながら、バーで一杯だけモルトを。

ここは奢ってアイラで攻めよう。

CIMG3637.jpg


”ラガヴーリン”を頼む。
着物をきた清楚なお姉さんが、ちゃんとしたテイスティンググラスに入れて持ってきてくれきました。
ただし量はなぜかダブルでした。(ラッキー!)

その後、屋上に備え付けの、

CIMG3641.jpg

天文台に行き、

CIMG3638.jpg

彦星の”ヴェガ”等を見せてもらいました。

<以上、一日目終わり>