上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさしぶりのオーディオのネタ。
去年の夏、マランツが壊れて修理に出した。
その時ついでにグレードアップも同時にしようということで”音に瞬発力が出る”という触れ込みでヴォリュームをハイゲインなヤツに変えた。
だけど、どうもしっくりこないというか・・、いろいろ問題が発生して・・・。

マランツの背面にはアウトプットレベルというゲイン調整用のツマミがL、Rの2個あるんだけど、壊れる前まではこれをフルにして聴いていた。
ホントはフルにすると球の寿命がより縮まるんで、8分目くらいに抑えたほうがイイらしい(なんせムラードのペケナナがもう逆に笑ってしまうくらいバカ高くなってしまった、相場が中古で1マン?アホらしい)。
より低音に迫力が出るのでいつもフルで通していた。
修理から返って、ハイゲインのヴォリュームかつ、後ろのゲインつまみもフルにして最初に聴いた音は、もうなんと表現していいかわからないようなもの凄い爆音で、部屋のかしこから今まで感じなかった共鳴音、例えば井の蛍光灯がカタカタ振動したり、家人が飛んできて「家が振動してる?」と聞いてきたり・・・。
当然こういう音には副作用があり、もうそろそろ交換時期ではあったもののまだ大丈夫?と思っていたウーファーエッジに穴を開ける結果になってしまい・・・・この辺のいきさつの話はすでにここで書いたので止める。

とにかくも、去年修理して戻ってきたマランツはヴォリュームがハイゲインすぎて背面のゲインをあまり上げられないこと、背面のゲインを上げないとどうもフォノカーブが変わるらしくてちょっと傾向としてハイ上がりの音になってしまう、というか、一番求めている低音が圧倒的に足りなくなる!ということ。
もっと細かく言うと右CHの背面のゲインを少しずつ上げていくと発振とまでは言わないまでもちょっと挙動がおかしくなるとことがある(ウーファーが異常に振幅するのだ。)こと。

以上の問題点を解決すべく、9月に○楽舎の○田さんのところにまた修理に出しました。(修理に発送したのはなぜかhanamusiさんのとこからで、まあ今回のマランツの問題点はhanamusiさんが最初からしきりに指摘して再修理を勧めた経過がある。hanamusiさん、その節はありがとうございました)

10月に修理の終わったマランツを取りに行く。
1年ぶりの○田さんのショップである○楽舎を訪問。
同伴者はO塚さんと非双子さん。

まず目についたのは、
CIMG3777.jpg
ビクターの真空管式コンソールステレオ。
ムク板のカバーといい、ツマミスイッチの類といいデッカのデコラを彷彿とさせる味わいがある。
なんでも京都大学の教授の娘さんが1950年代に高校卒業記念で買ってもらったものなんだそう。
その後壊れて鳴らなくなったものを○田さんが苦心して復活させたとのこと。
ウン十年ぶりに復活したその音を聴いたその娘さん(というかもう70歳代?)は感激のあまり涙流したそうである。
んーいい話である。
実際に聴かしてもらったけど、思った以上にイイ音でありました。
音よりも音楽が聴こえてくる?感じ。
これで聴く和製ポップス(シングル盤)は楽しそう。

次は、
CIMG3779.jpg
フィリップスのCDプレーヤー900Rなんだけど、驚いたことに天盤を透明アクリル(もしかしたらガラスだったかも・・・)の換装して、なおかつ基盤のそこかしこに発光LEDをかまして演奏中に発光するように改造してある。
音的には?のはずなんだけど、せっかくフィリップスのCDプレーヤーは銅製のシャーシーで美しいのだから、それを一層際だたせるためにブルーのLEDで照明をつける、そのために回路を見てLEDの電源確保のため音質に影響のないところを解析したらしいです。ここまでやるのね。

CIMG3785.jpg
店内は前回よりも足の踏み場のない状況で、あいかわらずメインにはSPのカンタベリー15が鎮座しておりました。
中央はパイオニアの「クロ」で、もう入手困難だけど、これがやはり最高とおっしゃっておりました。
(ちなみにある方が酔っぱらった拍子に「クロ」の画面にモノをぶつけてしまい、表面のガラスが割れて修理代にウン十マン、もうほとんど液晶の同サイズの最新モデルが買える程の費用がかかることになってしまったにもかかわらず、それでも「クロ」の修理を敢えて希望したという逸話があるくらい、「クロ」の画質は素晴らしいようです。ニヤニヤ)
雑談の中でいろんな機種の名前がでていたんだけど、けっこうこの時同伴したO塚さんの所有しているものが多くて、先ほどのフィリップスといいクロといい(O塚さんは900Rもクロも所有している。)hanamusiさんと推奨するのがほとんど重なっているというのは、やはりプロの目から見てホントにイイ物は共通するということなのでしょうか。

最後に見せてもらったのは面白かった。
コレ。
CIMG3782.jpg
まあ一見するとフツウのRCAケープルなんだけど、中央のほうに回転ノブがついている。
もしかして?と気がついたアナタは相当鋭い!
そう、これ、アッテネーターなのである。
CD等の音源からプリを介さずに直接パワーアンプに信号を送る場合のヴォリュームになるもの、といえば分かりやすいか。
箱を省略して直づけしたらこういう構造になったそう。
拡大写真がこれ。(別のバージョン)
CIMG3784.jpg
これちなみに2マン5千円なんだそう。アルミ削りだしの重量級の箱に入れるとそれだけで10数マン高くなるらしいです。(バカ高いオーディオ機器の理由が外の皮の材料費や流通経費にある、と言ってしまったら、なんかペットボトルの話みたいで虚しさを感じるのは自分だけ?)
それにしても既成概念に囚われないというか、一方で天盤を透明にして中の回路に青色LEDつけて視覚を楽しんだり、逆に徹底的に箱モノを排除してみたり、出てくる音もそうだけど、常識では計れない発想の○田さんでございます。
○田さん、このたびは有難うございました。レコードまでもらって。(ベイシー録音盤)
そのうちウチにも遊びに来て下さいな。

おっと、肝心要のマランツ。
ヴォリュームは通常のものに戻し、アースのはずれかかった?ところを直してくれたそうです。

CIMG3801.jpg
ただし、電源ケーブルが劣化していたり、いづれいろいろ手を入れる必要があるところがあるそうです。

持って帰ってさっそく繋ぎましたが、まったく昔の音になっていて安心しました。
安心はしたものの、ただこうして聴いてみるとあのハイゲインのヴォリュームの凄まじい音の瞬発力ってのもそれなりに捨てがたい魅力があったような・・・。
まああのじゃじゃ馬は自分には調教しきれなかったというのは認めます。
○田さんが敢えて勧めたのもわかるよなあ、と思いました。

というか、マランツが元に戻ってみたら、4344のウーファーを2235から2231Aに換えたことが非常にマズかったのでは、最近非常に目じゃなく耳につくようになったってことで・・・・・これじゃ、オーディオはなかなか終わらないよねえ。

この文はひとまずここで終わります。
スポンサーサイト
2010.10.23 10月の遠出1
最近、疲れることが多くて、ちょっと目を離したらスキにあっという間に前回記事から10日も経ってしまった。
いけない、いけない。
とりあえず先月と同じようなネタ・・・また家族ネタでと怒られそうだけど・・・でやり過ごします。

某日、下娘らからまた「ドライブにつれていけ!」とせっつかれる。
「できたらまた牛を見に行くのがイイ!」
また牛?
どうも先月から牧場で牛と触れあうのがマイブームになっている様子の下娘。
まあ、例によって行き当たりばったりでクルマを出す。

お昼時でまず腹ごしらえということで、最初に行ったのが、某「道の駅」。
今年の4月に潰れそうなドライブインを改装して開店した「道の駅」といえば地元県出身なら誰でもすぐにわかる。
ここのウリがレストランのテナントに地元の老舗食堂を持ってきたということ。
その食堂というのが「カラアゲ」の有名店であった。
で、食べたのは、
CIMG3561.jpg
ではなくて、(ごめん。これ今年の5月にこの食堂の本店に行ったときの「カラアゲ定食」の写真であった。)

CIMG3743.jpg

「トリ天定食」の方。(味噌汁は鶏肉が入っている。)
トリ天といいながら、酢醤油もカラシもなくて、味がもう染みこんでいる。
イメージとしてはこっちの方が限りなく唐揚げに近い、というか、カラアゲ定食の方が鶏のモモ一本ってのも、なんかちょっと違うなーという感じ。
まあ県南ではこういうスタイルなんでしょう。
で、連れ合いと子供達は、
CIMG3742.jpg
カラアゲカレーじゃなくて、とり天カレー。
まあこれもフツウならば唐揚げカレー(ホカ弁屋のメニューにもあるくらいだからたぶん定番?)なんだろうけど、ここでは”とり天”のカレーになっているという・・・・。ポン酢をつけて食べる方式のトリ天では絶対あり得ない組合わせ。
まあどっちにしても、この”とり天”は肉の塊が非常に大きくて、とてもじゃないけど一口で食べれない大きさで、このワタシが5,6個も食べれば充分というボリュームでありました。
欲張って8個付きの、確か大盛りの840円のS定食を頼みましたが、通常の4個入りや中間のの6個入りでも充分のような気が致します。
カレーの方は、通常のカレーが580円でありながら、このとり天カレーはとり天が4個も付きながらが630円という(なんと、とり天一個13円!?)不可解な安さ!でした。
まあ、さすがに有名店であるだけに相当に美味しかったです、というか値段考えたら大満足でした。

この後、涼み(決して暑かったわけではないんだけど)に渓谷に行く。

DSC_0055_11.jpg


駐車場から茶屋を抜けて、結構距離を歩いたところに、段々と水の流れ落ちる音が聞こえ始める。

DSC_0061_10.jpg
行き着いたところにある滝。

DSC_0062_10.jpg


DSC_0069_10.jpg

この滝ってのが、全部岩から染み出た”わき水”でできた滝なんだそうである。
当然、「名水」ってことになる。

DSC_0076_10.jpg
茶屋ではソーメン流しや田楽が食べられる。

実は、今回の遠出の目的は、”牛”ではなくて、次ぎに向かったところ。
この「滝」の直ぐ近くにある。



DSC_0080_10.jpg
”円形分水”である。

DSC_0079_10.jpg

DSC_0078_10.jpg
まあ、某焼酎のCMで使われたりして、けっこう有名ではある。

DSC_0086_9.jpg
おっと、長くなりすぎなので、ここで止めます。

終わり
たまたま急に1日だけ休みが取れた。
せっかくの休み、ゴロゴロしていても勿体ないので、漠然とどこかに行こうと考える。
さて、どこがいい?
そういえば、前日にヤフー画面で地元の人気ラーメン店ランキング?なるものがバナーで出ていて、思わずチェックしていて、その中で、人気ランキング1位の店には今までなぜか行ったことがないのが個人的にはヒジョーに気になっていた。
記事のコメント読んでも面白そうだった。

こりゃ、グルメ(B級、C級限定)を自認するワタシ(ホントは自認しているわけではなく、ワタシの話題で食い物の話が多いので周りがそう言っているだけである。ウン)がそういう店を押さえていないのは沽券に関わる。

こりゃ行かずにはおれないだろう。

その店は、・・・県南にある店で、職場の上司がかねてより一番のお気に入りの店でもあった。
上司にゴマをする、という感覚が微塵もないワタシであるから、食い物に限っては単純に未知の旨いモノを食いたいという強ーい本能に駆られて、その上司曰く「凄く汚い店だけど、妙に癖になって定期的に食べたくなるラーメン」の店に行ってみることになった。
土日は相当に混雑するらしいけれど、まあ、平日なので早めに行けば混まないだろう。
せっかくなんでウチの奥さんも誘う。

CIMG3738.jpg
早めに行ったのにもう駐車場は一杯であった。
なんとかテーブル席が空いており座る。

CIMG3739.jpg
まあ、店の中は噂に違わずかなり疲弊した状態。
ウチの奥さんは最初入るのにかなりビビッていた。
昭和テイスト溢れるというと聞こえが良いけど、床はコンクリー打った土間のままだし、テーブルもデコラ板で相当に年期が入っていおり、ちょっと昭和30年代の場末の食堂にタイムスリップしたような感じ。
まあラーメンの味だけで勝負しているのであろう。




CIMG3737.jpg
頼んだのはラーメン大盛り!
フツウはラーメン屋で大盛りを頼んだり、チャーシューメンを頼んだりするのは邪道らしいのだけど(要するに大盛りを頼むと、メンが伸びてしまったり、チャーシューで微妙に味が変わるってことらしいデス。この辺は麺マニアの非双子さんが詳しい。)、事前のリサーチでここのラーメンはフツウ盛りは少し量が少なく、大盛りがデフォになっている、ということをチェックしていたため敢えて大盛りを頼んだのである。
ちょっと時間がかかって出てきたラーメンは、噂通り、スープが少なめで、麺が妙に太い。
シンプルなラーメン。
食べてみる。

ウン、フツウに旨い!
旨いけど、驚くような旨さではなく、こってりなんだけど、意外にさらっと食べられた。
スープはトロっとして粘性が強く脂ぎっている。基本的にはトンコツなんだろうけど、あんまりトンコツらしさは感じられず、その分ニンニクはけっこう強く効いている。
麺が太くてなぜかこのスープにうまく絡まり、いつのまにかズルズル啜って完食してしまいました。

食べ終わって思ったのは、意外と絶妙のバランスで成り立っているということ。

全体の印象としては、何の変哲もないフツウのラーメンと言えば確かにそうなんだけど、もっと旨いラーメンは他にもあるだろうとは思いつつ、うーん、でも確かにこれはこれはなぜかまた食べたくなる、というか、その理由がよくわからないんだけど、多分またこの辺に来たらまた寄ってしまいそうなんだよねえ。
そういう意味では、旨いラーメンというより、ちょっと麻薬的なラーメンというべきか。
この地には伝説的な「上海」という店が過去にあったけど、今残っている店ではココの味が一番「上海」に近いんのであろう、とも思いました。
(「上海」も極太麺のこってりスープでありました。30年以上前の記憶!)
ここの主人はたぶん70歳は優に超えている?ので、今のうちに一度行かれますことをお薦め致します。
まあ賛否両論は必至だろうけど・・・。

その後、道の駅に寄り、大好きな「鯛味噌」を買って帰りました。

以上、終わり。
今頃、9月の話です。

某日、親を連れてドライブに行く。
まあ今回は老齢な親も同伴なので、なるべく足場のイイところということで行ったのが

DSC_0007_16.jpg
こういうイビツな建物がたくさんあるところ。
これは年配の方なら直ぐに判る”掩体壕”でございます。

DSC_0011_16.jpg
簡単に言うと、戦時中に航空機を敵の空爆から守るために地元も人々の勤労奉仕で旧日本軍が造った軍用機格納庫のこと。
この地は戦時中に航空隊があった関係で掩体壕がたくさん残っている。

DSC_0012_15.jpg
ちなみにこの航空隊は末期にはほとんど特攻隊であったらしい。

DSC_0017_13.jpg
こういう航空隊があると、戦争末期には付近には当然空襲があり、隣接する集落にはかなり激しい空襲があったらしい。いまだに小学校の塀には機銃掃射の後が残り、旧滑走路付近にはバクダン池もあるらしい。
探してみたらこんな建物が、

DSC_0006_16.jpg
よくよく見ると壁に機銃掃射の後がある。

DSC_0003_17.jpg

まあ、こういうモノは末永く残してもらいたいものです。

次ぎに行ったのは、

DSC_0023_13.jpg
五百羅漢。
まあ、一体一体の顔や表情、姿勢が違うので、誰でもこの中にソックリさんがいるらしいんだけれど、
ウーン・・・、

DSC_0032_12.jpg


コレかな?

どっかの・・・。

その後、
DSC_0036_12.jpg

神宮に行く。

DSC_0039_12.jpg
残念ながら蓮はもう終わり。

DSC_0046_12.jpg
この奥の八幡造の本殿が国宝である。
ここに来ていつも不思議に思うことなんだけど、一ノ宮が応神天皇で二ノ宮が比売大神三ノ宮が神功皇后ってことだけど、なぜか二ノ宮の比売大神の社殿が一番大きいんだよね。
比売大神(ヒメノオオカミ)というくらいだから女の神様であるのは間違いないんだけど、格も皇族の伊勢神宮に次ぐ宗廟ってことで相当に高いんだけど、応神天皇や神功皇后を差し置いて中央に鎮座する比売大神って何者?という疑問。
一応、比売大神は宗像三女神ということになってはいるんだけど、宗像三女神を祭る神社は宗像大社、沖の島とかすでにあるし、そもそもなんでこの地なのか?なぜ三女神をまとめて比売大神なのか?この権威がどこから来るのか?
まあ出雲大社のときも祭神が正面を向かず横向きで、脇を天皇が固めるという、荒ぶる主祭神を脇の神が押さえるような形になっているということで、けっこう不思議な造りだったんだけど、ここの造りもちょっとよくわからない造りである。
ちなみに大正期?の本殿改装のときに石棺らしきものがあったという証言があり、本殿の位置が緩やかな丘になっていること。丘の造成跡地が池(写真の蓮畑)になっている等の理由で、この地が卑弥呼の墓の跡ではないかという説が根強くある。
(ただし最近は畿内説、巻向の箸墓古墳が有力ということになっているが・・・)

まあ妄想する分には自由なんでおおいに妄想しましょう。ハイ
 長くなったので終わりにします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。