ついこの間こと。
上娘の「そ」に、「現代アートって何と思う?」と真顔で訊かれた。
「現代アート?」
よりによって”現代”アート。
単純にアートと言われれば日本語訳で”美術・芸術”ということで、そういや昔、福田恒存の「藝術とは何か」あたりを読んでの漠然とした記憶で、”芸術とは魂の浄化作用(カタルシス)”なんて言ってみたり・・・。
まあワケ解らない言葉で適当に誤魔化しながら”芸術の定義”を語ることも出来たのでは思う。

しかし、このアートの前に”現代”の言葉が一つ付くことによって、途端に分野を限定し、ゴマカシが通用しなくなる。
まして、美術・芸術ではなく”アート”である。

親の意地みたいなもので、決して「わからない」「知らない」とは言いたくなかったので、無難に、
「現代アートとは芸術の大量消費化なんじゃね? 」
「大量消費というか、要するに大衆化、多様化、個人主義化でもある・・」
と答えたら、
突然「そ」は怒りだし、
「ズルい大人の典型のような答えだ!」
「もっともらしく、こんな答えをするヒトなんか、ワタシ軽蔑する!」
「ワタシはこんな大人には絶対なりたくない!」
と言って、最後には悔し涙を浮かべて立ち去っていった。

何がこんなに「そ」を怒らせたのか?

まあ普段からボランティアで”現代アート”の取り組みや実験に関わっている「そ」としては、何か非常に気に障る回答だったようだ。

まあ、ふだんよりなるべく美術館には足を運ぼう、とはしている。
よって、たぶんフツウのヒトよりは美術に接することも多いとは思う。
にしても、現代アートの意味なんてまるで考えたこともないし、思いつきもしない。
美術館に行ったら、見たまま、感じたままで充分と思っている。

自分の性向として、音楽でも美術でも、とりあえず、

①流行は追わない
②古かろうが新しかろうがイイものはイイ  
③歴史や伝統の価値はそれなりに尊重石し評価する
④あくまでも自分が見たり聴いたりしてイイと思ったものがすべて 

ということがあるので、おおまかな時間軸的な括りである”現代”にまったく頓着がない。

まあここでの”現代”は単純に時間軸の”今”を表わすのではなく、”近代”とか”モダン”の括りとの比較であろうことは予想するけど・・・。(そういう意味ではかなり思想史的な話になってヤヤコシイ・・・面倒なことは止める)


前置きが長くなった。

話は単純。

ヒマにまかして、ヤフオクで美術のとこ見てたら、ある”絵”が格安で出ていた。
で、とりあえず適当に安い値段を入れたまま放っておいたら、いつの間にか落札してしまっていた。
こんなに安くていいの?と思いつつ、代金振込んで、後で送料チェックしたら、送料がべらぼうに高い。
ちなみに値段は・・・言わない方が良かろう。ハハ
二日後に絵が届く。

CIMG3848.jpg
これがその時の箱。
落札する前はあまり大きさをあまりチェックしていなかったんだけど、実際に大きさは約50インチもあった。(テレビの大きさで思い浮かぶでしょ)
横のアルテックで大きさがわかるかな。

中身はこんな絵です。


CIMG3849.jpg
作者はマルタ・ワイリー。
ニューヨークを拠点に活躍する女性アーティスト。
ちなみに凄く美人で、過去にCDも出したことがあり、ミュージシャンでもあるらしい。

彼女のサイトは、 http://martawiley.com/ ですので、ギャラリーで他の作品も見られます。
また彼女の音楽がビデオクリップで聴けます。
音楽のほうのイメージとしては、メロディー・ガルドーからジャズの要素を抜いて、もっと暗くしたような音楽というか。
でもなぜか耳に残るんだよね。

彼女のCDもいつか手に入れたいと思っています。

以上で終わり。
明日は、ゴルフのコンペがある。
正直、もの凄く気が乗らない。
ゴルフそのものは贅沢で実に面白いゲームだとは思う。
考えれば、20代の体力の盛りにある年代と70代の相当体力の衰えた年代がハンデもなく同一の土俵に立って競いながら、場合によっては70代のほうが勝つこともあるスポーツはゴルフくらいであろう。(まあ、ゴルフがスポーツかと言われれば、別の議論はあるけど・・)
一言でゴルフと言っても、、単純にスコア、ドライバーの飛距離、クラブ等の道具、多種多彩なコース、プロ競技観戦、ファッション、クラブハウスの料理、コースに乗っていくクルマまで、いろんな楽しみ方や拘り方があるみたいである。
楽しいことはわかっているけれど、なかなか踏み込みがたいところがある。
自分にとってはゴルフは趣味ではなく、職場系でのつきあいの方便でしかないようだ。
まあ、一番の理由は”下手である”ことだろうけど、いっしょにゴルフをする相手が職場絡みということも億劫になる理由かも知れない。
そういえば、職場でのつきあいと言えば、田舎の土地ゆえ、酒、釣り、ゴルフ、パチのいづれかになる。
酒自体は好きだけど、プライベートまで職場の上下関係を持ち込むとか、まして上司に酒のんでまでからまれるのも凄く嫌である。
豊かな人生を送るために、できるなら”人間関係を円滑にするために酒を飲む”のではなく、”酒そのものを楽しむために飲みに行く”ことを目指したいと思っている。
釣りは釣りで船乗ってふらふら酔うのも嫌であるし、自分の釣った魚は食べるのは忍びない。
パチ等のギャンブルは学生時代に一切止めた。
まあ、メインの趣味でオーディオとかジャズ聴きとか写真、カメラとか、どっちかというとカネのかかるちょっと特殊な趣味ゆえ、両立はできない、ということが実際の一番の理由かもしれない。

と、もっともらしいこと考えてみても、今回の直接的な理由でもないようなので、思いつく実際の気が乗らない理由を羅列してみる。

1,9年ぶりにコースにでること。
2,夏に練習場の打ちっぱなしに行って、左の親指の付け根を痛めて、2ヶ月経っても未だ直らないこと。
3,3週間前にミニバレー大会があり、準備体操で腕立て伏せしたら、右腕の肘を痛めて、最初は筋肉痛ともっていたら実際は筋か筋肉の一部断裂?でいまだ痛い(クルマのハンドル操作しても痛い)こと。
4,今年の1月にギックリ腰をやり、レントゲン撮影したら第2と第3脊椎の間が異常に狭い(体重のせい?)こと。
5,なおかつ、脊椎の横から軟骨みたいなモノが出ていて、医者から足の痺れがありませんか?としきりに言われたこと。
6,その医者から、ウォーキングや水泳はお薦めですがゴルフはあまりお薦めいたしません、といわれたこと。
7,明日のコンペは約2,30人が参加するらしいけれど、当初参加する予定であった今年からゴルフを始めた後輩や、15年以上ゴルフ経験のない上司が急遽参加を取りやめたこと。
8,よって参加者のほとんどは常時ゴルフをやっている”趣味がゴルフ”と言われるヒトたちの集まりであること。

書けば書くほど気が滅入る。

DSC_0280_1.jpg
ドライバーだけはさすがに今更ビッグバーサじゃ恥ずかしくて、今年デカヘッドを新規導入。



うーん、追いつめられた。逃げ出したい気分です。


終わり。






どこまで書いたっけ?
確か、EMTのフォノイコのところまでということで。
かのアンプはなんでも300マン円以上するらしいので、wooさんのコメントのごとく、まったく非現実的な手の届かない話である。
まあ300マンあれば、マッキンC8はもちろん、C20でも22でも、コニサーあたりのバカ高いフィノイコアンプもまとめて買えそうなんで、わざわざ話題にするのもどうだったのかとは思いつつ、現物はなかなか見る機会がないだろうから紹介した次第。
でもこれって世界で何台くらい売れるんだろうかと、ふと思いました。

次。
目的である3Dのプロジェクターの話。
見たのは、ビクターの新型機種。
CIMG3831.jpg
詳しい型番のチェックはせず。
たぶんoriさんの持ってるヤツの後継機種? たぶん二代後位?かな。
要するに、通常はフツウの2Dの画像で、3Dのソフトの時にモードを切り替えて3Dを見ることが出来るということらしい。
3Dの視聴の時は例によって専用サングラスをかけて見る方式。
(そういえばメガネをかけないで3D画像が見えるという世界初?の東芝の液晶テレビは12月に出るらしいのだけど、どんな具合なんでしょう?)
3D、思い返せば初めて見た3Dの画像は、ハウステンボスのメビウス館だったと思う。
あのときはホントに立体的に見えて、新鮮な驚きがあったし、それなりに感動した覚えがある。
3Dの可能性を大いに感じたものだった。
その後、今年の始め、例によってパナの液晶テレビで石川亮のドライバーショットのシーンで、打った瞬間、画面を飛び出して一瞬ボールが実際に目の前を飛んでくる錯覚を感じたのであった。ただし液晶テレビは画面が小さくていまひとつ迫力に欠けるとも思った。
3Dこそは大画面でなければと大いに痛感した。
んじゃ、プロジェクターで映す大画面(といっても家庭用ではせいぜい120インチ?)3Dはどうだったのか?
この日のスクリーンはたぶんそのホームシアターの限界の120インチのワイドだったと思う。(ま、身の回りには150インチを吊している強者が数人いるけど・・・)
視聴ソフトは「タイタンの・・・」とアニメの・・・うーん、なんだったっけ?たぶん「カールじいさん」。
結論的に言うと、3D画像自体はそこそこ見られる、だけれど、長時間メガネをかけて、というのはちょっと苦痛というところ。
3D画像も慣れると、ホログラフのような本当の立体ではなくて、せいぜい数パターンの2Dの集まりみたいなところがあって、バックの絵が劇場の舞台セットの背景画のように見えて、けっこう不自然ということ。
まあそれでも、安ーくなればいづれ導入を考えてもイイような・・・。あくまでも安くなれば・・。

次。
最後に聴いたのが、コレ。
CIMG3836.jpg
BWじゃなくて、GTサウンドの方。
まあ単体ユニットの構造を見ても強力無比なのはよくわかる。
実際に聴いてみたら、この日聴いた中では一番納得の行く低音でした。
解説してくれたのがGTサウンドを主宰している後藤さんで、必至に説明する姿で熱意は充分感じました。
ただし、値段も値段なので、ワタシは安物のJBLやアルテックで分相応に満足しておきます。

と、独断と偏見で語ったオーディオ・フェア、具体的な収穫や獲物はなかったのか?と問われれば、獲物は以下のもの。
CIMG3838.jpg
まずは、大塚博堂のレコード。100円。
これは亡くなった後にでた追悼記念盤みたいだけれど、録音も思いの外に良く、”お得”な1枚でした。

次ぎに
CIMG3840.jpg
イ・ムジチのボックスものレコード、と思っていたら、家に帰って中を開けてみたら、イ・ムジチは最初の1枚目だけで、2枚目は「楽しい童謡歌曲集」、なぜか3枚目はマイルスの「ビッチェズ・ブリュー」であった。
まあ300円なんで、文句はないけど・・・。

で、今回の最大の”お得”な獲物がこれ。

CIMG3839.jpg
オルトフォンのモノ専用トランス!
ワタシ個人の勝手な思いこみであるけど、オルトフォンの現行発売中のトランスで魅力的なもの、欲しいものはほとんど無くて(SPU-T100なんて、SPU専用と思って間違って買ったらヒドい目に・・・)、唯一このモノ専用のST-M25だけはなかなか秀逸で、広くお薦めできる一品であると思っていた。(O塚邸での試聴に基づく)
"MCトランスおたく"でありながらなぜか今まで手元には無くて、いづれ手に入れようと漠然とと思っていたモノ。
まあこれの相場は2マン5、6千円強位なんだけど、今回これがなんと8千円で手に入りました。
最初、値段の付け間違い?と思いましたもん。ラッキー!



以上、勝手な思いこみ、独断と偏見で語ってしまいました。

8z9氏、運転感謝します。(やはりクラウンは楽チン!)

終わり
またまたネタが溜まってしまったので吐き出します。
まずオーディオ・フエアの話。

某日、8z9氏の運転で隣県までオーディオ・フェアに行く。
同行はO塚さんと大番頭さん。

オーディオ・フエアと言ってもさすがにウン百マンもする最新機種はあまりにも現実離れしていて「ふーん、そうなの」的な試聴しかできないので、今回の目的としては個人的には3Dのプロジェクターの視聴と新着ソフトのチェックになる。

で、今回のその現実離れした目玉の機種は、今回はタンノイの「キングダム・ロイヤル」になるのか。

CIMG3815.jpg
コレです。

まあ外見はどっちかというと無骨。
タンノイと言えばプレステージシリーズのゴージャスなウッドの箱がウリだけに、「キングダム」と名前は「王様」でありながらパッと見の高級感にはちと欠けると思ったのはワタシだけ?
同じような大きさでBWの800シリーズがあるけれど、あっちはいろんな限定仕様があったりして価格相応の高級感はある。(音は好みじゃないけど・・・)

CIMG3822.jpg
サランネット外したところ。
一見3ウェイのスピーカーなんだけど、基本はタンノイのメインであるデュアルコンセントリックのユニットを真ん中に置いて、スーパーツィーターとスーパーウーファーで包み込んだ構造ということで、実際は4ウェイになる。
試聴はなぜかエソテリック系のアンプじゃなくてマッキンの球アンプで聴きました。
CIMG3825.jpg
コレと、
CIMG3835.jpg
コレね。
感想としては、音はもちろん悪くはない、というかほぼ1000マン円のシステムで悪かろうハズもないんだけど、値段の割にインパクト薄いというか、音像が後ろに広がり、どうも好みではなかった。素性は非常にイイと思うんだけど、自分ならカンタベリーで充分と思う。

次、JBL。
9月に出た新機種の4365。
CIMG3833.jpg
まあ、20年以上の4344使いとしては、43シリーズ初めての10㎝径のコンプレッションドライバー搭載機種は聴かずにはおれないだろう。
ただ、今まで43シリーズに2インチスロートドライバーを持ってこなかった理由ということを考えると、今回の4365の構成は非常に懐疑的にならざるを得なかったのだけれど、実際はどうだったのか。
まあ、バスレフの穴を下部に2個配置していることである程度予想できる。
実際に聴くと、やはりこれは中高域が強すぎて、明らかに低音が弱い。ウーファーも相当強化はしているけど、低音を土台にした音作りはちょっとムリみたい。
ただし、ほぼ上位機種のK2 9900と同じドライバーを搭載しながら価格が80万円台というのは非常に魅力的。
願わくはユニットの単体売りです。

この後は、
CIMG3834.jpg
こんなのとか、
CIMG3826.jpg
こんなのを見たり聴いたりしたけど、強いてコレは欲しい!と思ったのは、
CIMG3828.jpg
コレ。EMTのフォノイコ。あらゆるフォノカーブに対応できるというイコライザーアンプ。
これならSP盤も対応できる。

長くなったのでここで一旦終わる。
2010.11.08 124に103!
縁あって今年になって約100枚のSP盤が手に入った。
それにしてもどうやってこれを鳴らす?
なんといっても困るのはフォノイコである。
通常のLPレコード用フォノイコで聴いてもSP盤は本領発揮とはいかない。
なんかノイジーで貧乏臭い、貧弱な音になってしまう。

そういえばU先生から”こんなもの”を預かって聴いた。

CIMG3521.jpg

CIMG3522.jpg
こんなもの、要するにGEの真空管式フォノイコね。

残念ながらどうもコンディションが良くなくてビング・クロスビー聴いている時いきなりブチッと切れてしまった。
音としては小さい形に似合わずなかなかイイ音であったので惜しまれる。
この件に関しては、借り物なのに、U先生ごめんなさい!ホントにorzという感じす。ハイ
hanamusiさんに聴いたら、たぶんコンデンサの寿命じゃない?ってことで、およそ50年は経過したものだし、直す方法もあるらしいけどU先生にそのままお返しいたしました。

こりゃPON氏のようにオールドマッキン探して来ないとダメなんだろうか?
PON氏が持っているC8だとレーベル毎にフォノカーブ変えられるし比較的安価だし非常に理想的ではある。
そういえば、U先生やK島先生(両氏ともウン千枚単位のSP盤コレクター)は、「SP盤聴く上で最高のプリはマッキンC20だよ!」と言っておられましたが、これもどうやら潜行して不穏な動きをするPON氏がもうすでに手に入れたみたいである。
まあ町内会メンバーは”あまのじゃく”な面々が多いゆえ、ヒトと同じ機器持っても、意味ねえー、二番煎じーと言われるのが目に見えているので現時点でマッキンに手を出すことはあり得ないだろう。
マッキンに代わるモノとしたら何がある?
フィッシャーあたり?が誰も持っていなくて理想だけど、最近はヤフオク見てもなかなか出てこない。

(この間が約5ヶ月)

と、遠くを見つめていて、目に入ったマランツ。
よくよく考えると確かマランツにもSP用フォノがあったような・・・。
うーん、確かにある。
ということで、急遽、124をマランツに繋ぐ方策を考える。
SP盤だとナローレンジゆえにすでに入口のプレーヤは124、出口はアルテックと決めてある。
ウチの家の配置だとマランツと124の距離が遠い。その距離約2.5メートル。
仕方なしにヤフオクで3mのRCAケーブルを1500円で落とす。銘柄は不明。
二日後に着き、さっそく結線。
SP用の針はPON氏に貸してあるので、とりあえずLPレコードを聴けるようにセッティングしてみる。
124に付ける針は適当に、いっとき鳴らしていなかったってことでとりあえずDENNONの103を装着。
残念なことに212アームとは重量バランスが取れず、ここでまた思案。
思い立って、SPUAシェル用のアダプターをかましてみる。
おお!針圧が2.5gピッタシで取れた。
まあ少しオーバーハングは長くなるけど、音は出るだろ。
あと適当にそこらに転がっていたトランス(後で見たらオルトの384だった。)をかます。
(こうしてみると、ワタシは実にいいかげんにオーディオをやっている!)

DSC_0172_3.jpg
針を落とす。

最初に聴いたのは、コレ。

DSC_0173_3.jpg

「南沙織」ね。
(ちなみに、このレコードのウリは、南沙織の下手な英語とB面の「夢みるシャンソン人形」ね。例のフレンチ・ギャルのあの名曲。)

おお!いきなり鮮烈な音。
まっとうにアースの処理、124、アームのフォノケーブル、フォノイコのマランツはアース線でまったく繋いでいない状態にもかかわらずハムはほとんど気にならない。
この後、バリー・ハリス、シャーデー、ユーミンのノーサイド等を適当に聴く。
まあよくよく聴くと、トランスのせいか、若干ハイ上がりで低音不足ではあるけれども、ギリギリ許容範囲内である。

DSC_0175_3.jpg

今度いづれSP盤を聴きます。

長くなったので、ここで終わりです。ハイ