上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮り溜めた写真の整理と今後の反省のためこのネタを残しておく。

4月某日、「もうそろそろモノラル試聴会の季節じゃね?」的な話題はこの時にしたような気がする。
それは確か8z9邸だった。

IMG_0312.jpg
CMで有名になったゴン太がで迎え、

IMG_0308.jpg
今年初めての「おりがらみ」を呑み、

IMG_0305.jpg
非双子さんとビートルズについての見解で議論したような・・。
うーん、酔っぱらっていたのであまり思い出せない。
寝入ったhanamusi氏と非双子さんの横で、8z9と中学の同級生ネタ(彼とワタシは同級生)で盛り上がった気がする。詳細は思い出せない。

確かこの時に、こういう盤があったんだけど、

IMG_0309.jpg

まさかこの数日後に田中好子が亡くなるとは思いもしなかった。合掌

IMG_0307.jpg
8Z9のメインシステムね。


結局、この翌日、ワタシのいない町内会の会合(と言う名の飲み会)でモノラル試聴会が決まったらしい?(わたしゃ聞いてないもん)んだけど、この後、今度のGWは何して遊ぶ?的な話題はあったもののまったく無責任に予定日だけ一人歩きし、今回も講師をお願いするU&k先生に連絡していない不手際があり、一度ちゃんとお願いせねばということで、急遽U先生のいらっしゃるUSAを訪問致しました。

USAに行くにはそれなりに腹ごしらえを!ということで、寄りましたのが、非双子さん一押しの
IMG_0389.jpg
ラーメン屋でございました。
連休中でありながら店の前に行列ができてまして約15分ほど待ちましたが、待った甲斐があって、
IMG_0391.jpg
えーとこれはネギラーメン大盛りにおにぎりですなあ。もちろんワタシの頼んだもの。

IMG_0430.jpg
これはいっしょに行った大番頭さんの普通盛りのラーメンでございます。

食べたとたん「こりゃ旨え!」と思いました。
まあカウンター席だったので注文から作る過程がすべて見えてましたので、主人の独特の真剣さ丁寧さ、職人的な手際の良さから並の店ではないと直感いたしましたが、期待以上の美味しさでした。
この数ヶ月、新しいラーメン屋ではなかなか当たりの店は無かったんあだけど、ひさびさのヒットでございました。
さすが非双子さんお薦めの店。”さすらいの麺喰らい人”の面目躍如というところです。

この後U先生のところを訪問致しました。
U先生のところではこの間の連絡の拙さを詫び、今度の試聴会をどうするかを話し合いました。
途中にK先生も合流し、SP盤試聴会の話のみならず、過去のオーディオ遍歴、音楽観、オーディオ観について非常に濃い話をしていただきました。
その時印象に残ったのは、U先生はEMTの9271台と930を2台所有されているだけど、K先生も927を所有で、お二人の盟友のM先生も最近927を手に入れられたらしい(M先生の話は過去のデッカ・デコラのところにも記述あり)。
実はこの近辺にはもうひとりスーパーマニアがいらっしゃって、その方は927を2台所有されているらしい。
ってことはこの近辺にはEMT927が最低でも5台はあるってことで、EMT927が日本に何台あるかは知らないけれど(なんでも河村電器の正規品は30数台で並行モノは200前後?らしいけど)両先生のお住まいの街の人口は3市を合わせてもせいぜい20万人くらいと思うけれど、人口に比してEMT927の密度が異常に高い気がいたします。
これとおなじようなものでパラゴン人口ってのもあったけど、人口比で我が県は基本的にすべて100分の1で計算できるらしいんだけど、総販売数200数十台のパラゴンも軽く15台以上はあったし(ちなみにU先生はまだ所有されている)ワタシの所有するカウンターポイントは国内に200セット販売されたらしいけど、多分県内には4セット以上はあるみたいだし・・。
こうしてみると、なにげに我が県は地味な割にはオーディオ文化が残っている県なのね。
おっと横道に逸れてしまった。
この時にU先生のメインシステムであるヴァイタボックスを聴かして頂き、途中から小型のフルレンジシステムを聴かしていただきました。
IMG_0431.jpg
これサンスイの格子箱にアルテックのパンケーキ入れてあるんだけど、これってめっちゃくちゃイイ音するんだと驚きました。
ウチにはダイアトーンのP610のフルレンジがあるけれど、スケール感や抜けの良さがまったく違うので驚きました。
オーディオキャリアの最初の頃にこういうユニットと出会っていたら、今とは違うオーディオ遍歴を辿っただろうなあと漠然と考えました。

長くなったのでここで一旦終わり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。