上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.22 芸術の秋!
”芸術の秋”である。
さすがに芸術作品を創造するようなヒマもカネもないけれど、ヒマ作って美術館でも行こうかと漠然と考える。
そういや地元の美術館にゴヤとかのヨーロッパ近世絵画展やってたような。
まあ現実的にはブツヨクに走る自分としては、ヤフオクのアンティークカテゴリーあたりを覗くのが精一杯だろう。
で、某日、その美術品カテゴリーを覗いていたら、ちょっと面白そうな出品が・・・。
なんか不当に安い値段だったので、ダメモトで適当な数字入れておいたらなんとそのまま落札してしまった。

ホンモノなんだろうか?と訝しい気持ちが一杯だったけれど、とりあえず代金を振込む。
振込先は一応ちゃんとした画商っぽいところ。

そんなこんなで某日荷物が届いてきた。


IMG_1096.jpg

思っていた以上にそれなりにデカイ。
こういうのが来ると家族からの冷たい視線を受けるんだけれど、今回も例外に漏れず。

予想を遙かに超えた去年の「マルタ・ワイリー」よりはマシだけれど。


で、これの中身なんだけれど・・・。


     ・

     ・

     ・

一体、誰の作品でしょう?


     ・

     ・
 
     ・
 
誰の作品?

     ・

     ・
 
     ・

誰?

     ・

     ・

     ・



DALE?

     ・

     ・

     ・

って、ヒントは、彼は確かスペイン人だったよなー。
(そういや最近スペインに行って来た御仁が・・・)

     ・

     ・



うーん、ここまででもうすでに相当にヒントが・・・。

     ・

     ・


うーん、わかるヒトにはわかる?

     ・

     ・


さすがにゴヤは無い。最低でもウン十億だろうし。

     ・

     ・


じゃ、誰?

     ・


     ・


じゃ、DALE?


     ・


     ・



って、ヒント言ってるジャン。

     ・

     ・


そう、そうなんです!

     ・

     ・


この絵(まあ厳密に言うと絵じゃなくて銅版画だけれど・・・)の作者は、

     ・

     ・
 
     ・

(さすがにここまで引っ張りすぎると顰蹙買いそうな。紙面の無駄だし・・・)

     ・

     ・


DALEじゃなくDALI







DALI なんです。




DALIというと、

サルバドール・ダリ
(Salvador Dalí、1904年5月11日 - 1989年1月23日)
スペインの画家。
シュルレアリスムの代表的な作家。
フルネームはカタルーニャ語でサルバドー・ドメネク・ファリプ・ジャシン・ダリ・イ・ドメネク、マルキス・ド・プボル(Salvador Domènec Felip Jacint Dalí i Domènech, Marquis de Púbol)。

ということなんだけれど、


images222.jpg

この絵が一番有名かな。


images5.jpg


ユニークな外見も有名である。




こんなビッグネームの絵が自分のようなビンボー人の手に入るはずがない!

これはニセモノだ!
と自分自身が半信半疑なんだけれども・・。


開けてみたら、

IMG_1107.jpg

裏にはこういう銘記が。


実際の絵はこんな感じ。


IMG_1106.jpg


まあ、話のネタにはなるか!






スポンサーサイト
一週間で3回も記事を書くなんて何があったんだ?と言われそうだけど、書くときは”勢い”で書いていきます。
事前にいっておきますが、このネタはとても長いので注意。

前回の流れで要するに酒の「鍋島」を佐賀まで買いに行こうという話なんだけど、その前に「鍋島」という言葉について。
フツウのヒトは「鍋島」というと、かの怪猫伝説を思い起こしたりして、どちらかというとちょっと恐いイメージをお持ちかと思いますが、ワタシの場合には、実は骨董趣味が若干ありまして、骨董趣味の半分くらいは焼き物好きってこともあり、その影響のためか「鍋島」という言葉は、自分の中で”いつかは手に入れたい憧れの焼き物”というのが一番に来る。
ちなみに”いつかは手に入れたい憧れの焼き物”というものとして、他には
1,初期伊万里
2,古久谷
3,古信楽または古常滑の大壺
というのがある。
この辺の話はいつかはネタで書くつもり。
それにしてもだれか上の焼き物を格安で分けてくれないかなあ。
焼物の「鍋島」に関しては破片でもいいんだけど・・・。

おっと横道に逸れました。
そもそも佐賀に行こうとする理由は酒だけが目的ではない。
そもそもは下娘の部活の応援が目的。
中学時代は文化系の放送部だったくせに、なぜか高校の部活は体育会系でデビューした下娘。
それも選んだのが筋肉モリモリイメージのカヌー!
まあ隙間スポーツゆえ入ったと同時にインターハイにいけるという恩典はあるものの、最初の頃はチン(要するに船から沈没、川に落ちてずぶ濡れの状態)して川に投げ出されいつも泥臭く(川のアノ臭い)なって帰ってきてました。
先日は県大会があり一応決勝レースにも出ることが出来たものの、まだまだの感は強い。
今回は九州大会ってことなんだけど、こんな様子でございます。

IMG_1003.jpg

生憎この日の天候は雨だったので、水質は濁った茶色でございました。
こんなところでチンした日にはシャワー設備も無いとこなんで悲惨なことになりそう。

IMG_1007.jpg
船を運ぶ下娘の「ぼ」。
マッチ棒みたいな体型がいつのまにか筋肉少女に変身してしまった。
ちなみにカヤックシングルは予選敗退したもののほぼ自己ベスト。
カヤックペアはB決勝まで進めたので1年生としては上出来。

この日は結局近くの嬉野温泉で一泊。写真省略。

翌日はさらに激しい雨。
カヌー競技場は直ぐ横が有明海ってことで、そこからクルマで10分も走れば、鹿島市内。
鹿島というと、

IMG_1061.jpg

近くににはこういうところがある。
この門前店の雰囲気はどこか「千と千尋の神隠し」の露天に似ていると思うんだけど。
この先には、

IMG_1068.jpg
お稲荷様があります。

上娘の「そ」はなんか”得体の知れないこういう変ところ”に一人で行ってしまった。
IMG_1046.jpg

肝心要の「鍋島」であるが・・・。
ちなみに「鍋島」の醸造所は鹿島市内にある。

探す途中、古い町並みの中に醸造所が何カ所かあり、せっかくだから寄ろうかとも思ったが、あくまでも目的は「鍋島」なので自重。でもこの周辺が佐賀でも有数の酒処だということはよくわかった。

肝心の「鍋島」
醸造所の名前は富久千代酒造。

ところが、
んん、ところがである。

なんと、

  ・
  ・
  ・
うーん。


IMG_1086.jpg

「休み」でした。
ショック!
せっかくここまで来たのに。

こりゃ酒屋で探すしかない、と思い数カ所の酒屋を回りましたが、在庫無し。
なんでももともと置いている酒屋も少ない上、賞をとったものだから入手困難になっているらしい。
仕方ないので、県都である佐賀市内でSAGAす。(”しぶしびしぶしにいく”を思い出した。)
と、その前に腹ごしらえ。
佐賀市内といえば、20年以上前に食べて感激したカレーをまた食べたい、ってことで、ここ。

IMG_1095.jpg
レストラン BUNGA

ここ、ホントはフランス料理屋なんだけど、カレーを作ったら評判になり、いまや看板メニューとなったちょっと異色の店。フランス料理的手法のカレーというのが売り。

これです!

IMG_1088.jpg

ビーフカレー。
ライス(といっても正統的なバターライス。レーズン入り!)が少なめに見えるけれど、別に銀の入れ物でお代わりは自由になっている。

連れ合いのが、
IMG_1089.jpg
きのこカレー。
味はどうだったか?いやー懐かしい味でした。
ココのカレーは今まで食べたカレーの中では個人的には確実に五指に入りますので満足しないはずがありません。ハイ

で、結局、今回の佐賀の旅で「鍋島」を手に入れることが出来ませんでした。残念。

すごく落ち込んで、結局わたしの買い物はこれだけ。

IMG_1097.jpg
「鍋島」の酒粕と

IMG_1098.jpg

ちょっとエロいライター。
ちなみにワタシは煙草は吸わないんだけど、お稲荷さんの門前の売店で見つけて思わず買ってしまった。
これ、火をつけると、

IMG_1102.jpg

IMG_1103.jpg

光るんだよねえ。

おっと、最終的なオチですけれど、佐賀でSAGAしても無かった「鍋島」だったけれど、もしやと思い地元の某酒店に行ったら、

じゃーん

IMG_1114.jpg

ありましたわ!
特別純米の一升瓶と純米吟醸の4合瓶。エヘッ。
ちなみについこないだまで賞を獲った大吟醸の在庫もあったらしい。また今月末に特別仕様の純米吟醸が入荷するそうです。
町内会の忘年会用に買いますか?
                                         (終わり)
ある日元職場の同僚から電話があった。
ちょっと最近の近況など話した後に、「変わった焼酎があるから、持っていくわ!」の一言。
彼はじつは今の勤務地は佐賀なのである。
「いやー、焼酎よりできるなら日本酒の方が良いんだけど。そういえば佐賀といえばこないだ日本一になったとかいう『鍋島』は手に入らんのかい?」
「『鍋島』?あー、あるある。へー日本一なのか。まあ、あれは飲み屋でちょっと呑んだけど確かに旨い!じゃ酒屋に聞いてみるわ!」
ということで、翌日また電話があり、
「『鍋島』だけど、さすがに賞を獲った『大吟醸』は何処に行っても手に入らん。醸造元に連絡しても、もう在庫はない、ってことらしいぞ。他のならまだ手に入るけど・・」
私「まー大吟醸は高いだろうし、日本一になった酒を放っておくはずないから入手困難は仕方ないだろう。むしろその醸造所の素性みるなら純米のほうがわかりやすいだろうから、純米があるなら純米の方で頼むわ!」
「んー、純米といっても何種類かあるんだけど。キモトとか辛口とか。あーちなみに4合瓶だからそんなに高くないぞ」
「へー生酛があるのか。んじゃもうそれら全部まとめて!」
ってことで手に入った以下の3本。


IMG_0981.jpg

さっそく「この3本の試飲会をやろう!」と町内会に振ったら瞬く間にセッテイングが成立。
こういう時の町内会の動きは頗る速い。
場所はいつものpon寺で、非双子さんの焼き銀杏をツマミに頂きました。


最初に呑んだのは写真左の生酛純米の60%神力(米の品種ね)の純米鍋島。
呑んだ第一印象は、旨み成分がもの凄く濃厚、という感じ。
甘口だ、辛口というより酒の旨みが先に立って、これはもしかしたら冷酒よりもぬる燗くらいで地鶏の炭火焼きあたりを肴に呑んだら最高なのでは、と思いました。

次ぎに呑んだのが写真でいうと右側の特別純米の鍋島。
酒造コンクールで7年連続金賞という酒。
これは呑んだ瞬間にこの酒のレベルの高さがわかりました。香りといい、味といい、甘からず辛からず、旨み多いこのバランス感は呑んだ瞬間「こりゃ、すげえ!」といってしまいましたもん。ある意味町内会のスタンダード酒である地元の鷹来屋の特別純米に佇まいが似ているんだけど、完成度、品位の高さはこっちのほうが上だろうと思いました。逆に鷹来屋と較べて呑んでみたいとも思いました。

最後が真ん中の辛口純米のハーベストムーン。
これは味わいを辛口に振ってあるせいか、特別純米に較べるとある種の旨み成分が欠落したようなところがあるんだけど、これはこれで単独で呑む分には相当にレベルが高いというか、前に呑んだのがスタンダードでオールマイティな特別純米であるがゆえ逆に偏りが目立ってしまったと言う感じ。

どちらにしてもこの3本は噂に違わず相当にレベルが高いということがわかりました。
実はこの翌日に佐賀に行くことになっていたので、呑んで旨ければ今度は一升瓶で買ってこようという主旨の飲み会でもありましたが、この3本のうち一体どれを選べばいいのか。
まあ辛口のハーベストムーンはハズしてもいいような、じゃ生酛純米と特別純米のどっちいいのか。うーん悩ましい。

そのSAGA編は次回に書きます。
その2までだいぶ経ってしまいました。
確か、
  肝心な2235を2231に換えた結果はどうであったのか?
で止まっていたので、ここから先を書かなくてはならないんだけど、結論から先に書きます。
あくまでも個人的な判断の結果ですが、

4344に2231ウーファーは合わない!

と敢えて”断言”しておきます。
もちろん同一メーカーの同一系統、JBLプロ用モニターシリーズの同時期のユニットゆえ、換えても違和感なく聴けるのは間違いない。というか、むしろ小音量で音楽聴くようなヒトであればこっちの方が好ましいと感じるかも知れない。
パッと聴きのそこそこの音量なら、2231ウーファーでもこれはこれでバランス良く聴こえると思う。
だけれど、自分の感触としては、なんかスケール感に欠けるというか、何かが足りない感覚。
ガツンとくるものが少し希薄になる感じ。
2235ウーファーの時は床を這う低音を腹で受け止めていた(ココ笑うとこじゃないから・・・)ように思うけれど、2231だと顔で受けている(ココも笑うとこじゃないから)感じ。
なんとも言いようのない微妙なもの足りなさというか腰高感がだんだんと気になってくる。
決してまったく低音が出ないわけじゃなく、2235よりは少し弾む感じはあるから、ある意味タチが悪いというか、この1年以上はこの原因は何なのかを漠然と考えていたような。
考えてみれば、JBLの43シリーズのラインナップにおいて、4343はまだブックシェルフ型という位置づけであり、4344の前に出た4345よりフロア型となり、4344のコンセプトとしては4343の後継というより4345のダウンサイジングの意味合いが大きいらしいということで、4343と4344は大きさやユニット構成はそっくりだけどコンセプトは微妙に違うようである。
2235ウーファーはある意味フロア型スピーカーとしてのより低い帯域を出すためのユニットであり、2231はもっと汎用的な使い方、スタジオで吊り下げたりのモニターシステムのためのウーファーユニットのような気が致します。
よく見ればボックスのウーファー取り付け位置も4343と4344ではだいぶ違うようで、4343のウーファー近くのバスレフもちゃんと意味があるようであります。
交換して比較してやっと解った2235の重低音の深さ、いなくなって解るその存在の大きさみたいな感じ。
4344は2235でないと4344に成らないという事実。
結果として言うと、4344に弾むような低音を求めてはいけない、弾まないけれど下まで良く伸びた低音でのスケール感をあくまでも楽しむべきということになるのかと。
異論もあるかと思いますが、コレが自分なりに出した結論でございます。
アルニコだ、フェライトだの議論は最終的にはほとんど意味もなく、システムとしてのトータルの性能が全てであり、それからするとメーカーが最初に設計したオリジナルのユニットが一番落ち着くということになるのではないのか、という結論になります。


CIMG0773.jpg

んじゃ、おまえの4344のミッドは何だ?という話は今回は無しです。ハイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。