2012.02.26 寺に行く
某日、上娘に言われてなんとなくドライブに行く。
今回の目的は「寺」。
前にも書いたけれど、上娘の「そ」は一時嵌っていた「廃墟」から最近は「寺」に興味が移ったようだ。
ただし、どちらかというと寺は寺でも「珍寺」の方ばかりで、まあ「珍寺」ならば、まあ夜になるとジャズが聞こえるという都市伝説になっている寺ならよーく知っているけれど(最近、更にパワースポット化して小学生やその父兄あたりが御利益を受けに、恐る恐る見学しに来るらしいけれど・・・)、珍寺ばかりを好奇心だけで参拝するのはバチが当たる、たまには由緒正しい歴史のある古刹あたりにも行ってみた方がイイのではということで今回のドライブになった次第。

今回訪問したお寺は重要文化財のある古刹である。
建立は8世紀前半位らしい。優に1300年以上前からあるお寺というこになる。

IMG_1250.jpg

ここのお寺の仁王像、阿形、吽形のそれぞれ後ろ、須弥壇の門になっている戸に赤い円形のものがあるのがちょっと面白いところ。

拡大すると、

IMG_1248.jpg

そう、菊の御紋。
要するに天皇家の紋章。
なんでも、謂われでは、鎌倉時代、元寇で日本が危機にに陥ったとき、全国の名だたる寺に幕府(もしかして天皇家?)が国家守護の祈願を要請したらしい。で、祈願の甲斐あって国土が守られたんだけれど、その時に褒美として天皇より菊の御紋を賜ったらしい。
仏教と神道の融合というか、普通、両者は相反するものだと思うんだけれど、この地はなぜか神仏融合された古刹が多い地域で有名でところ。
融合してしまう事情は歴史的な背景、当時の政治的な事情ではなんとなくわかるんだけれど、純粋な宗教の教義の立場では明らかに反するモノをどう辻褄を合わせたんだろうとずっと疑問に感じております。
もしかしたら日本人の深層では仏様も(もしかしたらイエス・キリストでさえも)八百万の神の一つとして考えているんじゃないかと薄々感じています。クリスマスの後、一週間後には初詣で神社参拝する国民性だもんね。
ここのお寺は元々は付近に何個もの寺坊があったしい。現在残っているのはなんとか残ったお堂一つのみということらしい。
7百年前に消失し、なんとか残った物を一カ所に残し、結果、この狭い堂に(大堂という名前ではあるけれど・・)如来様以下、日本最大の明王像等や四天王(残念ながら撮影禁止であった)を詰め込んだ状態で何百年か過ごしてきたってことで、明治以前の当時のお寺の扱いって、後に国宝になるようなお寺であってもけっこう酷い扱いだったのは間違いないみたい。この直ぐ近くにある有名な国宝のお寺は昔は近所の農家の物置みたいな扱いであったとも聞いたことがある。(あそこは今でも平気で建物内にに人を入れているけど、それは止めるべきと思う。悪意があれば壊されそうなんだもん)
そういえばここに来たのは小学校の社会見学以来だけれど、以前は、如来像以下すべてこの堂に安置されていたような気がいたします。
それにしても如来様や明王像の格調の高さ、出来の素晴らしさは、奈良の国宝の仏像群にもひけをとらない位のレベルだと今回大いに思いました。
こういう仏さんをみるとまた奈良や京都に仏像巡りをしたくなります。

IMG_1251.jpg


まあひっそりと朽ち果てる無常観というのが全体を支配している感じです。


平安時代の荘園が残った地であります。

IMG_1254.jpg
そういえば今年になってまだ一度もオーディオネタ書いてないような気がする。
こりゃいかん!ってことで、普段ならネタ不足に悩むところであるけれど、今回はちゃんと先日のジャズライブの翌日のオーディオネタがありますので安心。
残念ながらwooさんところスモーキンの音はライブの準備や後かたづけでまっとうには聴けなかったんだけど、(SMEのフォノイコをもっと聴いてみたかったです。)いつものように今回も「道場」に行きまして、その辺の話題をあげます。

まず、
道場の本講堂すぐ前の工作室?(多分、以前はアトリエかな?)においてあるシステム。

IMG_1272.jpg

JBLの4355。
店主に最初これを聴かして頂いたときはまだ球のアンプが暖まっておらず、ちょっと神経質な音だった思ったんだけど、徐々に暖まると”音が前に出る”JBLらしい音になっていった。
なんかビッグサイズのアメ車のような大らかな音でけっこう楽しめた。
誤解を受けないために説明するけど、JBLのモニターシリーズは決して”大らかな音”ではないと思うんだけれど、この場合、真空管アンプで駆動していたということと、若干ダブつきのWウーファーシステムの低音が結果として”大らか”に聴こえたと思われる。
4344ユーザーでありながら、なぜか今まであまり4350,4355とは縁が無く、聴く機会があってもあまり感動するような音で鳴っていたためしがなく、どちらかというと困ってしまう音が多かったように思うんだけれど、この時はちゃんとJBLらしさ、4344には無いスケールの大きさを感じました。
4344から同じJBLでステップアップしようと思ったら、最近の9800やエベレストはいじる楽しさが無くてちょっとリアリティを感じないけれど(それ以前にフトコロが持ちません!)、

4344の不満=1インチドライバーゆえ、JBLは2インチドライバーを使ってなんぼの悪魔の囁き・・・。
    ↓
いつかは2インチドライバーを使いたい。
    ↓
2インチドライバーには絶対にWウーファーが必要
    ↓
2インチドライバーとWウーファーのJBLの純正システムは4350または4355になる。

という構図の中では十分4345の選択もありなんだと痛感いたしました。
考えてみればというか、この数年ずーと意識していることであるんだけれど、今回同行した町内会メンバーってほぼ全員(オーディオマニアではない非双子さんは別にして)JBLの2インチドライバーのユーザーなんだよなあ。
ほぼみんな上記のような経過を辿って2インチドライバーのユーザーになっているんだよねえ。
聴くソフトがジャズがメインの大音量派の自分としては、やはり「いつかはワタシも・・・」という思いはことのほか強く、この数年オーディオが停滞している理由は間違いなくそこにあることはよーくわかっているんだけど、アルテックとの共存、経済的理由等の難問もあるので長期留保中というのが実際のところ。
そういえば、このあいだ4344で久しぶりに聴いたんだけれど、良くも悪くもウチの4344のシステムは完成していると強く痛感した。
ある意味完成されてしまっているがゆえに、毛色や目先を少し変えるためにウーファーユニットやミッドを変えているというのが冷静に判断したこの数年の自分のシステムの状態なんだと思う。
4343や4344というスピーカーはいつか書いたけれど、本質的に”明日の”スピーカーだと思っている。
すなわち、今はダメでも、どこか変えて、努力すれば”明日には”今日よりもいい音で鳴ってくれるという・・・。
ところが、どうも最近(というか、この10年だなあ)4344に”明日”を感じなくなってきてるような気がする。

ここでこの気持ちにはフタをしときます。

その後オーディオ道場で、

IMG_1275.jpg
コンラッド・ジョンソンや

IMG_1276.jpg
オラクルのデルフィや

IMG_1279.jpg
スチューダーの226やEMTの981、

IMG_1280.jpg
275のシャシーを使ったトランジスタアンプのマッキンのMC250や

IMG_1285.jpg
ピアレスのヴィンテージラジオや

IMG_1286.jpg
RCAのホーン?

IMG_1287.jpg
ちゃんとラジオコーポレーション オブ アメリカのRCAの銘記あり。

けっこう面白かったのは、
IMG_1283.jpg
この小さなユニットに楽器用のテラピン油等で作った特殊なコーティングを施して、

IMG_1282.jpg
こういう店主の片山さんお手製のホーンでの音を聴かしていただいたんだけれど、なんか昔の懐かしいラジオのようなノスタルジックな音がしてなかなか良かったです。
なんでも1万円以下でできるらしいとのことで、50年代以前の古い音源をまったりとコーヒー啜りながら読書するような時や寝る前とか、大げさなシステムではちょっとと言うような時に非常によさげでした。

外には

IMG_1290.jpg
”森のオーディオシステム”も作成していました。



長くなったのでココでやめます。
2月14日はバレンタインデーということであるけれど、今更なんで、せいぜいチョコレートをを食べられる日くらいのイメージしかない。
で、最近は職場でも義理チョコをくれることもなく、もらうとしたら家族のみ。
まあホンネとして、もらったらホワイトデーとやらに「お返し」をせにゃならないので、コスト的なことを考えるともらわない方が圧倒的に良いということになるんだけれど。

そんな能書きはどうでも良くて、今回の話題ってのがコレ。



IMG_1297.jpg


これが今年もらったチョコなんだけれど、大好きなラミーチョコと下娘「ぼ」手作りのブラウニーチョコ。

そこまではいいんだけれど、・・・

問題は黄色い箱の中身である。




ちなみにコレ、ウチの連れ合いからもらったんだけれど・・・、



うーん、この中身が問題。



なんでも、これは見た瞬間、お父さんに買わないと!と 強制観念で買った らしいんだけれど・・・。


うーん・・・。









これは、







IMG_1298.jpg


ゴリラだよなあ。


なんで買ってきたんだろう?
wooさんちに行く。
今回の目的はプライベートライブ。

まず、

IMG_1258.jpg

ビールを頂く。
これは長野の地ビールなんだけど、シャンパンような上品な泡と軽やかだけど独特の深みもあるテイストでホップの香りも良く非常に美味しかったです。

IMG_1261.jpg

超豪華な料理!
写真には写っていないけど、ローストビーフや牛のワイン煮込み、チーズフォンデュ等もあり、一品一品が凝っていて、準備は相当に大変だったのではと思いますが、どれも大変美味しかったです。この料理が翌日にはほとんど残っていなかったもんね。

メインのライブは、

IMG_1267.jpg

いつもの中田さん、小車さん、セツエリコちゃんに今回はピアノは園田さん。もうひとりヴォーカルでマツモトリエさん。

まあwooさんのお眼鏡にかなうくらいだからいづれも実力者ばかり。

早稲田出身の園田さんのピアノ、この人女性には珍しくどちらかというとパウエル系の右手重視のスタイルなんだけど、目を瞑って聴いてたら男のような強いタッチなのね。
ちょっと田村翼さんを思い出しました。翼さんほど黒くはないけど。
セッチャンは前回に増して円熟味が増して、歌詞よーく理解して唄うので女性らしい情感がよく出てました。
ちょっと聴かないあいだに凄く上手くなったなあと思いました。
”笑い”をとるMCもあいかわらず素晴らしいデス。
今回初めてのマツモトリエさんはセッチャンとは全然違ったタイプで、声のポテンシャルが非常に高く、これからが楽しみな感じ。彼女のタイプは年月重ねた方が深みが出そう。オーソドックスな唄の上手さがあるのでこれからまだまだ伸びると思う。
中田さん、小車さんはいつものペース。中田さんは去年聴いた時は60年代ロリンズ的スタイルで、それ以前のフランス的というかヨーロッパ的な洗練したスタイルとは変えていたんだけど、今回はまた少し元に戻したような感じ。それにしても「歌伴」も相当に上手いんだ、と感心いたしました。

もうひとつ個人的な感想を言うと、ライブがとてもまったりとしたこのムードだったので、この乗りで「LOVE LETTER」あたりを誰か唄ってくれないかなあとちょうど思っていたとき、希望通りにマツモトリエさんがを唄ってくれたときは、非常に嬉しかったです。
ただこの曲のイメージはジュリー・ロンドンの唄っていたジャグワーのCMのイメージが強いせいか、この時ばかりは「ドラムが欲しい!」とは思ったけれど、例の口を開けた彼がいれば、まあそりゃ贅沢です。ハイ

wooさん、及び奥様、とても楽しくリッチな時間を提供していただいて有り難う御座いました。
とても楽しかったです。


<終わり>
DSC_0108.jpg



別に意味はないです。
酒と食い物に異常に執着のある「町内会」においては、毎年企画の壇上に上がるグルメツアーがありまして、
去年はその中のひとつである「広島お好み焼きツアー」は無事実現の運びとなりました。
(この辺の経過は過去ネタ参照のこと)

もうひとつ、かねてより叫ばれているツアーがありまして、これはすなわち「ふぐツアー」であります。

まあ「フグ」となると、その膨らんだ腹の形状のせいなのか、毒を含んでいる危なかっしい口癖のせいなのか、ワタシがツアーの幹事になることはなんとなく暗黙の了解になっているように思う。
( ホントは半径500m以内にフグ料理専門店が10件はあるという希有な場所に今の勤務先があるというのが一番の理由だろうとは思うけれど・・・)

今年こそは実現するぞ!と忘年会時にみんなで意志統一し、具体的な日取りや交通手段まで決めて、いつもよりはかなりリアルに予約寸前にまでいったけれど、今回も突然流れてしまった。
流れた理由で一番大きかったのはワタシのこの一言だったような。
すなわち「フグが一番美味しいのは大寒の時期、すなわち1月20日過ぎから節分くらいまでの時期らしい」
(要するに、一番美味しい時期をはずしたくない町内会メンバーの執念、というか、単にこの時期に各人のスケジュールが合わなかったってことなんだけど・・・。)

で、変わりに行ってきました。
どの店にするかで町内会で議論がありましたが、今回は某8Z9氏一押しの某店へ。


IMG_1228.jpg

例によってヒレ酒なんだけれど、別の某店ではフグ丸ごと一匹一升酒のヒレ酒を何回か経験しているのでインパクトはあまり無い。
ただし、使われている酒は尖った味がしなくてなかなか良かった。

メインのフグ刺しなんだれど、



IMG_1224.jpg


これ4人分なんだけれど、ちょっと少なくね?
スプーンに乗っているのが例のものなんだけれど、こんな盛り方するの初めて。
これ「禿げ」じゃねえ?と勘ぐってしまった。

唐揚げは身も多くて美味しかったし、

IMG_1229.jpg


この「しらこざけ」もまあまあ良かった。(下の方に沈殿してる。)


この店の売りである、

IMG_1230.jpg


これも(ちなみに我が県独自のもののネタである。)そんなメチャ美味しいという代物ではないが珍しいのでそこそこ。
その分フグちりの雑炊が半分に省略されたのは残念。
結論的には、ごはんネタは二つはムリということか。

この店、じつは2回目で、以前来たのはもう十数年前なんだけれど、昔はもっと美味しかったような。
一品一品はけっして不味くはないと思うけど、全体的に少し繊細さというか上品さに欠ける気がする。
まあ値段も比較的安いほうなので、気軽にフグを味わえる店ではあるのは間違いないんだけど、舌の肥えた連中の集まりである「町内会」を満足させるにはちょっと役不足と思われる。
というか、ビールがアサヒという時点で例え鷹来屋を置いていてもダメ出しされるのは間違いない。

ここは候補からはずします。ハイ


終わり