前回「とうとうワタシも・・・」のネタ書いたら、一部に大きな反響があった。
さっそくその日の内にかの病気の大先輩であるo塚大尉を講師としての呑み会、否、講演会なるものが企画された。
(題して、「正しい座薬の入れ方」!)
プリン体だらけのマグロの大トロや、エビチリ、揚げ物なんぞを酒の肴にしてこの病気に一番悪いというアルコールがメインの酒宴が催された。(なんだかんだ一升瓶2本分くらい空けたような・・・)

そのときによくよく見たら診断リストの名前が違っている(名前は同じだけれど姓が違っていた)ということで、もしかしたら全くの別人の診断リストの可能性があることを説明したものの、

「もうすでに足の関節痛いんでしょ?」
「指先にピリっときているんだから絶対間違いない!」
ニヤニヤ笑いながら「一度罹ってしまったらこの病気はもう二度と元の体に戻らないんだから諦めなさい!」
と、その病気の先輩方に言われた。
まあ彼らの結論として、その体型と酒の呑み方で病気にならない方がオカシイということらしく、ワタシがこの病気、(要するにペインウインドです!)に罹っているのは確定!という流れでありました。
帰り際に、「今日のこの宴会の酒量と(プリン体の多い)肴からすると、明日の朝あたり激痛が来るんじゃない?」と脅すように言われた。

その次の日、なんとか期待?されたような激痛はなかったものの、ああ今後はビールを控えないといけないのかとか、病院に行く前に食べた朝飯がイワシの一夜干しと明太子でプリン体の特に多い食べ物の代表だったっってことでその辺が原因なんじゃないのか?よってこれは一過性のモノじゃないのか、もう自分は完全に痛風患者であるという思い込みでダークな1日を過ごしました。
まあ今後の生活パターンは少しは変えて行かねばならないのは間違いないだろう、とそれなりの覚悟をしたところでした。

で翌日の本日、病院に行き、診断リストの氏名が相違している件について申し立てたところ、今度は間違いなく自分の名前の診断リストを新たに頂きました。

それがこれです。

IMG_1831.jpg

ん?ちょっとわかりづらい。
もっと大きくすると、

IMG_1832.jpg

前回、UAの項目が血液の尿酸値でこれが7.0を超えると高尿酸血症と呼ばれ、ある種のきっかけで激痛である痛風を発症するということらしいのだけど・・・・、

4.9?そう、ワタシの数値は4.9!

上限値の7.0までに相当に余裕のある4.9!

ああ胸をなで下ろしました。

これらのことから、結論的には、

ワタシは痛風にはかかっていません!

oriちゃん 残念!



追記

上記の写真で唯一「血糖値」が基準を超過していますけれど、これは朝食後2時間以内の数値なので140以下であれば基準内となりますので、まったく問題ありません。念のため。
血液検査だけでいうと、
ワタシはまったくの健康体のようです。ハハハ
どうも最近調子が悪い。
どこが調子悪いかって?
仕事?
あ、それ最初からデス。
悪いのは最近の体調。
まあ、要するにカラダです!
まあこういう体型なんでそのうち、いつかは的な予感はあったんだけど。

具体的には去年の夏過ぎたあたりから少しずつ異変を感じ、というか夏の健康診断ではなんとかセーフだったんだけど・・・。
やっぱり、その後の仕事のストレスと長期制約(一時は6時20分のバスに乗り、9時半に家に着くような毎日だった。)による運動不足が原因のようだ。

どういう風に調子が悪いかというと、

うーん


まず最初に


足の親指の付け根のあたりに捻挫をしたような痛みがあり・・・


そうです。足に付け根!  そう、思い当たるでしょ。


たまに手足の指先あたりにピリっとした痛みが走るという・・・・



そうです。この痛みはもしや・・・

   ・
   ・
   ・



あの噂の・・・・あの・・・

   ・

座薬の・・・

   ・
   ・

あー、恐い!


町内会の一部のメンバーを蝕む”あの”病気。


このままだと悪化するのでは・・・ってことで、

今週やっと決心して病院に行きました。

当然、血液検査してもらいました。


結論的に言うと、


IMG_1827.jpg

UAのところ。

これが7.0mg/dlを超過すると決定的。


・・・あっ、7.3mg/dlだ!

ショック!

ついでにコレステロール値も高い!

こりゃ、どこかの坊さんみたいに食と体を動かすことに関して節制が必要になりました。



薬の服用は避けたいし、まだ正常になる可能性は残しているってことで、今後は生活パターンを変えて、当面はアルコールは控えて(止めません!)食事をちょっと制限気味にして、今現在週に一度のジム通いを週に2回以上行く必要(できれば3回)があるみたい。

IMG_1725.jpg

もうこんな生活は控える必要があるんだなあ。うーん。

医者によると、酒は全般的に駄目だけど、赤ワイン一杯だけは数値を下げる作用があるということで、今後は酒のメインを徐々に赤ワインにシフトしていきます。(赤ワイン1杯は下げる作用ってことは、2杯呑んだらトントンってことで、2杯まで呑める計算なんだけど、この計算、変かなあ)