ちょっと間があいちゃったけど、うどん県ツアーのその2です。(正直言ってツアーとは言えないけど)
まあ、あんまり面白くないと思うので「こりゃもういいや!」と思ったらすっ飛ばしてください。

前回、団子で終わったんだけど、どっから始めればいいのか。

栗林公園の後、ホテルにチェックインして、夕飯を食べるために高松駅周辺を散策したのであった。
というか、高いビルに惹かれてそのまま向かって行ったという方が正しいような。

IMG_1909.jpg

なかなか都会的な風景。

IMG_1912.jpg

駅の側に行くと高いビルの横になんかなんか電波望遠鏡のようなちょっと派手な建物があって、珍建造物には興味がある自分としては一応行ってみたけれど、ファッション関係?、特産土産売り場とレストラン街になっていた。外見が派手な割りに閉店(この場合、この場所からの撤退)間近い店もありで、今ひとつ活気がなかった。
せっかくなんでここで食べようかとも思ったけれど、中華やイタ飯屋ばかり?で、そういや今日の昼もラーメンだったし、ということで却下。はまあこういうちょっとモダンな建物の店ってのは高いばかりであまり味も期待できないだろうていう、直感が働いたしだい。
この後も周辺の夕飯食べる店を探したけど、駅周辺はヤキトリ屋かラーメン屋ばかりで今ひとつ。とりあえず”ご飯を食べたい”状態だったので、結局入ったのは地元のメシ屋みたいなお店。(写真無し)
ここで地元の刺身、筑前煮、ポテトサラダ、オムライス、ギョーザ、最後にチャーハン等、けっこう食べたにもかかわらず二人で4千円って、ビール3杯も含んでこの値段は安すぎ!家族的経営でフレンドリーでまあ満足いたしました。

で、翌日。
本来の目的であるカヌーの応援。

IMG_1925.jpg

レースの結果は残園ながら、シングル、ペアとも予選落ち。

IMG_1927.jpg

それにしても毎度思うことだけど、カヌーの選手発着場からスタート地点まで優に7、800m位あり、レース自体で500mで、こういう全国レベルの大会だと決勝まで行けばシングルでも最低2レース、決勝までいけば5レース、ペアと同時エントリーだと同様に4,5レース、男子だと1000mになり距離が2倍とか、レースの合間に当然練習するとか、これらを一日か二日かけてこなしていくというカヌーという競技、モロにスタミナ、持久力が勝負の世界のように思います。
一方でスタートダッシュではここぞという瞬発力も求められるし、漕ぐときのバランスや連続的なピッチも求められる。
レースでトップになる子が必ずしも漕ぐピッチが速いのではなくて、むしろゆっくりと同じタイミングでスムーズに漕いでいるというようなことを見るとこの競技は素人目にもなかなか奥が深いようです。
ゴール到着後の選手はみんなヘトヘトの状態になり、陸上ならばそのままゴロンと地面に横になれるけど、水の上ではそれもできないし、ゴール直前でバランスを失いよくチンする(要するに沈没)パターンも多いみたいだし、チンしてもキレイな水ならいいけれど、流れがあるとレースに悪影響があるということでほとんどの競技場は濁った汚水みたいなところばかり。(そういえば佐賀のときは未舗装道路の雨上がりの水たまりの色、要するに濃いコーヒー牛乳色でした。)
結構過酷な競技のようです。

まあ親のほうは応援するだけなので、昼飯はしっかり地元の名物を食べに行きました。
IMG_1921.jpg
残念ながらうどんの写真は無し。それにしても今回のツアー食べ物の写真撮ってない気がする。やはり原因は咳にあるような。

強いて探してみたら

IMG_1928.jpg

こんなモノしかなかった。(SAで食べた「とよはまチキン」ね。)

結局、下娘と同じ高校の同級生の子(下娘をカヌー部に引き込んだ子です。)が海外派遣選手に選ばれるという快挙があったものの、海外派遣(カナダ)はちょうどインターハイと同時期であり、当然ペアが組めないため、地元開催のインターハイに参加できるかどうか非常に微妙になっちゃったというのが今回の結果でありました。

まあインターハイに参加できないと下娘は非常にショックでありましょうが、なんだかんだで去年の石川大会に一度は参加しているし、国体まで引きずるようだと10月までになり今年は受験生なんでかなり影響受けそう。親としては酷だけど早めにモノゴトが確定したほうがいいように思います。
今までは素晴らしい先輩たちにおんぶにダッコという状態で大舞台に参加できたのであり、今後の結果は下娘の奮起しだいで決まるという、結局、ある意味一番基本的なことに立ち返ったように思います。

次の県大会がある6月ですべて決まりそうです。


以上です。
なんか最近病気ネタが多いように思う。
まあ実際に今ひとつの体調だから仕方ないんだけど、もうそろそろ本来のオーディオや音楽のネタに戻したいところ。
とは言ってもそっちではあまり変化が無くて思いつくことないのでとりあえず日記ネタを上げる。
3月の終わりのネタです。

いつか書いたけど、高校生の下の娘は部活でカヌーやっているんだけど、3月に四国で大会がありまして応援に行ってきましたのでそのネタです。
まあ紀行モノになるので興味の無い方は軽く流してくださいな。


IMG_1901.jpg

この時すでに咳が酷かったんだけど、咳をしながら関の港を出る。

向かった先はそうです「うどん県」です。

朝7時に家を出て、フェリーに乗り高速に乗りで途中事故による渋滞に巻き込まれたものの12時にはうどん県は坂出の府中湖に到着。(ここの湖は当然ダム湖で、高速が通っている。)

レースは翌日だったのこの日の用事は場所の確認と防寒着を届けるだけ。
そういえば余ったデジカメはないかとの下娘からのリクエストもあったので探すために付近をウロウロしていたら湖から10分もしないところに大型のショッピングモールがあり(イオンです)ここ回りは家屋もまばらな完全に郊外の田舎なとこなんだけどとりあえずヤマダ電気も併設しているし、カルディコーヒーもあるしシネコンもあるしで規模的にはほぼ地元のパープレと同じくらいかな。
めんどうなので結局ここで昼飯もとる。
食べたのは初めて挑戦する「徳島ラーメン」。(残念ながら写真は無しです)
連れ合いからは「せっかくここまで来て、うどんじゃなくていいの?」と聞かれたけれど、うどん県でうどん食うならできるなら専門のセルフ店に行くべきだろうってことで、ここはダメモトのチャレンジで敢えてラーメン。
出てきたのは濁った茶色の濃いスープのラーメン。
区分としてはたぶん「しょうゆトンコツ」になるんだけど、トンコツよりも醤油部分が強くて(味噌や魚介系もちょっと含んででいるような)スープに特色がある感じ。
でもこれは結構いけました。とても旨かったです。スープ完食したもんね。
それにしてこのモールにもうひとつ入っているラーメン屋があの「くーた」だったのには驚きました。地元の工場製のラーメンがこんなとこまで進出しているんだ。
この後ヤマダで6千円のデジカメを購入して、いざカヌー場へ。

県外ナンバーだらけ(この場合、うどん県以外ってこと。ほぼ全国のナンバーがあったような。)の駐車場にクルマを置く。
IMG_1906.jpg
残念ながらこの日は練習だけみたい。

練習見たって仕方ないので早めに宿泊先へと思ったけれど、まだ2時でチェックインにはあまりにも早すぎる。
どうやって時間潰そうかと思いつつ、そういえばここは町内会で去年来たhideさんちが近いじゃないか、いっそあの時食べずに後悔している例の肉屋のばあちゃんの作る分厚いお好み焼きを町内会メンバーを出し抜いて食べに行こうかとも思ったけれど、なんせ咳がひどいのでちょっと迷惑だろうってことで却下。
いっそ去年読んだ「海辺のカフカ」のモデルになった私立図書館でも捜そうか、とも考えたけれど、ちょっとこれは連れ合いには説明しづらいだろう。
で、仕方なく高松での有名観光地である「栗林公園」に行くことにする。

栗林公園。
ここは景勝地。ゆえに写真撮影には向いたところでした。こんなんだったら三脚持ってきてもっと重装備で来るべきだったとちょっと後悔。まあ咳がひどかったからどっちみちムリだんたんだけど。
以下、撮った写真上げときます。

DSC_0263.jpg
 なかなか良さげでしょ。

DSC_0219.jpg

DSC_0228.jpg

DSC_0227.jpg

DSC_0238.jpg


DSC_0205.jpg

お嫁さんもいました。

DSC_0246.jpg

DSC_0224.jpg

DSC_0251.jpg

DSC_0255.jpg
これコントラスト強すぎ、道が白く飛んでいるもん。

かなり歩いた(咳をしながら)ので、腹が減る。

そしたらちょうどいいとこに御茶屋があり、こんなもの売っていたらまあワタシじゃなくても買いますわなあ。

DSC_0247.jpg

ワタシの買ったのはコレ。

DSC_0249.jpg

さくら餅、餡のせ!


長くなったのでここで”その1”は終わります。

2013.04.07 ゴホッ!
ゴホッ。




ゴホッ。






ゴホッ、ゴホッ。




咳が止まりません。


先月のインフルエンザ以降、ずーと咳が止まりません!

さすがに周りで「ちょっと、おかしくね?」

「病院、呼吸器系の専門医にみてもらったほうがいいんじゃね?」

との声が増えたので、先日意を決して勤務先に半休を頂き、呼吸器の病院に行ってきました。

そこでは、簡単な問診、診察の後、最初に肺活量を測り、その後息を吸った後に瞬間的に息を出し切る検査をなんと3回も計測。
なんせ、咳が苦しいがゆえに病院に行っているというのに、途中で息が漏れただの、途中で咳をしたから数値がおかしいだのでなんと計測を3回もやらされた次第。、いやー苦しかったです。
で、その結果は、


   ・

   ・

   ・

なんと、

   ・  
  
   ・
   

   ・

わたしは、


「喘息」(ぜんそく)


なんだそうです!

アリャリャ・・・・



で、今、こういう吸入機で朝夕に薬を吸入しています。


IMG_1933.jpg

まあ、原因についてはインフル後に気管支炎を併発して、気管が腫れて気道が狭くなっているのが直接的な原因と思われ。
そういえば2月の終わり位からかの国からPM2.5が飛び始めたってことも少しあるかもしれない。(最近、回りに咳が長く続くヒト多い気がしない?)
また、成人の喘息の原因はアレルギーまたはストレスから発症するということもあるらしいんだけど、15年以上の花粉症持ちでもあるし、ここ数年はやたらストレスの多い職場に居るってことで自分の場合この両方の条件にモロに該当してしまう。
一方で笑われるような話になるけど最近の運動不足でいよいよ気管にも贅肉がついて気道が狭くなった可能性もあるような。
それというのもジムに行く回数のガクっと減った去年の秋くらいからなぜか寝始める時の呼吸がピーピー笛吹いているみたいな状態(鼻をつまんでもピーピー言うんだよねえ)なりだしたってのもある。


どちらにしても、「喘息」を引き起こしやすい体質(要するに気道が狭い状態)になったのは間違いないので、体調が戻り次第ジムに行く回数を増やしてなるべく「喘息」を引き起こさないような体調にしないといけないようです。


追記

喘息と言われて薬を処方されたときに最初に聞いたのが「アルコールは飲んでもいいんですよね?」でありました。

答えは
「絶対に控えるべきです!」

残念!

こりゃ早く治さねば!