FC2ブログ
3月に次女「ぼ」の卒業式があった。

IMG_0663_R.jpg
今どきの大学卒業式は袴が主流らしい。

にしても次女の学生生活のリア充の度合いは半端ない。
高校時代はカヌーに明け暮れ、2年時にはIHにも出場できた。(ほぼ補欠だけれど)
高3の8月末まで勉強より部活優先だったくせに、9月に変わったとたん3年時にIHに出場できなかった悔しさをぶつけるように勉強に明け暮れ、うまく受験モードに切り替え、いつのまにかそこそこの大学の合格までこぎつけてしまった。
正直に言って、小学生の時とかのイメージでは次女よりも長女の「そ」のほうが想像力の豊かさというか”独特な頭の良さ””を感じさせた。
次女のイメージはくそ真面目さというか、間違ったことは嫌いという正義感の強さ、先生から言われたことは必ずやるというある種のバカ「正直」さであった。(そう意味では自分と真逆です!ハイ)
あと甘えん坊で中学までは友人と遊ぶよりも家族でいくドライブや買い物を優先していた。遊びにきた友人「いないと言って!」と居留守していたくらい。昔はよく次女と二人でラーメン屋に行ってたなと思う。
よって成績とかあまり期待していなかったし、このままそばにいて可愛く過ごしてもらいたいと思っていた。
しかし、中学2年くらいに学年の順位を聞いて予想外に上位(なんと学年270人いてヒト桁台)凄く驚いた記憶がある。
「なんなんだろう、こいつ?」と思った一番最初。
その後高校(ワタシの母校でもある)に入り、中学時代の「放送部」からなぜかハードでダーティな「カヌー部」に。(ダーティというのは、川に沈したら全身泥臭くなる。何度かその状態で帰ってきた。)
この時も「なんなんだろう、こいつ?」と思った。
高校入っていきなりのテストでまたまたヒト桁台の順位だったときはぶったまげてしまった。

大学に入って高校時代はカヌーだったんだから入るサークルも体育会系だろうと思っていたらなぜか「落語研究会」!
このときも「なんなんだろう、こいつ?」と思った。
高校時代までの印象だとくそ真面目過ぎて冗談が通じない、人前でしゃべるといつもモジモジというイメージだったので、こいつにお笑いは絶対に無理!と思っていた。
(その点、上娘の「そ」は最適だったはず。人前でも堂々としゃべるし、お笑いのカンは打てばすぐ鳴る反応の速さ!)

まあ、ある意味「努力と勤勉の人」なんだとは思う。
常に自分に足りないものを自覚し、足りないものを補完し自分を高めてくれるステージ、グループに率先して飛び込もうとするある種の勇敢さを持った人間なんだろうと思う。
言われるまでもなく、自分とはまったく真逆のタイプの人種です。(自分だと、努力が大嫌い、飽きっぽい、過去にしがみついて引きずる、自分の殻を破れない・・・等)

次女に引きずられていろんなところに行ったり(香川とか、嬉野とか他県に行くことが多くなった)また大学祭で今どきの学生生活を垣間見たり、いろいろ楽しませてもらったなあと思います。
前向きな気持ちにもさせてくれたと思います。

この場を借りて「ありがとう」と言っときます。

IMG_0658_R.jpg

IMG_0659_R.jpg

うーん、今どきの子はキレイな子が多いンデスネ。
そもそも定年まで残り数年という今の年齢で単身赴任するような転勤辞令が来るとは思っていなかった。
さすがに最初はちょっとショックだった。
最初は遠距離を通勤しようかとも考えたけれど、往復で約3時間かかりそうだし、24時間の内、3時間が通勤でクルマの中で過ごすことをよくよく考えてみると、1か月の内約60時間、1年だと約720時間はクルマの中ということ。
そう、1年で換算すると1か月間クルマの中の生活になってしまう。
さすがにこれはマズイだろうということで、調べてみると単身生活を選択すると住居は勤務先の借り上げだし単身赴任手当も支給される。10年前の単身生活も不便な部分もあったけれど、思い起こせば単身生活でないと得難い独特な自由さもあったではないか。

というようなことで単身赴任を選択。
まあ帰ろうと思えば帰れるし、ちょっと別荘を持った気分?で気楽に行こうではないか。


どうせ単身生活するなら、なにがしかテーマを決めてそのテーマに沿って集めたり体験したり学習(?)してもいいのではないか、と考えた。
思えば既存の趣味、レコード集めやオーディオ等はこの数年行き詰っている状況。
レコードコレクトはすでに所有しているレコードを2枚目、3枚目と予備用に買ってしまったり(ある意味末期症状)、専門分野ではない未踏の挑戦的な分野(下の記事の水原弘とかちあきなおみとか・・・)に手を出し始めている。
オーディオなんかこの5年まるで変化がないではないか。(でもないか?EMTの導入はあったような・・・)

どちらにしても集合住宅なので派手に音を出すのはマズい。
なら、何をやる?

ということで思い出したというか、現在進行形なんだけれど、現在読んでいるマンガの世界。

これです。

IMG_0740_R.jpg

そう、ワイン!

実はこの「神の雫」を読み始めたのは、去年あった「ワイン博」の反省から始まったもの。
約70種類以上のワインを飲みながら最後はなにがなんだかわからなくなってしまった。
せっかくボルドーの一級ワインである「オーブリオン」を飲みながらその真価をほとんど理解できなかった。
「神の雫」とともに同時進行でワイン漫画の「ソムリエール」も読破済み。ついでにこの後ちょっと古いけど「ソムリエ」や「瞬のワイン」も読み返そうと思っているところ。
何事もきっかけが大事。まあ取っ掛かりはマンガできっかけを掴み、よりディープに入っていこうと思うと「ワイン王国」のバックナンバーを漁るのもいいかもしれない。
考えたら10年前の単身時代にブログで1年に100本のワインを飲む!と宣言したこともあったと思う。(結果は約70本で終了)
今回は前回の反省を踏まえていいワイン(たぶん必然的にちょっと高価なワイン)しか飲まないようにいたします。

ちなみに上の写真に写っているワインはブルゴーニュの村名ワイン! 今度紹介いたします。


2018.04.05 復活します!
去年の8月以来記事を書いていない。
やはりいろいろ言ってもトム子を失ったことが一番大きかったように思います。
それでもさすがに半年も経つとさすがに立ち直らなければと(実際はすっかり忘れていたような・・・)とそろそろ再開しようか考えていたら予想外な事態が・・・。


IMG_6010.jpg
この写真は違うなぁ。

そうなんです。

転勤しちゃったんです。

で、今、単身赴任なんです。



ってことでせい正式に再開することを宣言(という言い方もおかしいけど・・)いたします。


ネット環境が変わったので写真を上げられるか実験している状態。
なんせ光が通っていない地域らしいし。うーん。





ともかくも再開!