FC2ブログ
2018.07.31 5月のワイン

毎月の”使徒”としてワインを飲んでいく、と宣言してしまった。
4月のワインはすでに記事にした。 四月があれば5月があるってことで今回は5月の紹介。


ってこれなんだけど、

IMG_0775_R_20180731191914fed.jpg

うーん、銘柄がよくわからない。
ミシェル・サラジンとも読めそうだけどフランス語の読みはよくわからん。
空き瓶が手元に無いし、フランス語がまるっきり読めないので。

そういえばこのワインの空き瓶は現在「寺」にあり、そこの主のPON師はそういえば何年か前にフランス語を勉強すると宣言していたので、あれから何年も経つことだし、きっと流ちょうなフランス語でこのワインの銘柄が読めるはず。
次回会ったときに聞いておこう。うん。


これを入手した理由はブルゴーニュのヴィエイユ・ヴィーニュつまり通称ⅤⅤであること。
ヴィエイユ・ヴィーニュがどういう意味というと葡萄の木が古木であるということ。
通常は35年以上の古木で実った葡萄をワインにしたものをブイブイ、すなわちヴィエイユ・ヴィーニュというみたい。

古木になるとどういうメリットがあるかというと、年数がたっているがゆえに根が地中深くまで達しているということ。
根が地中深くまで行くとその葡萄畑の土壌の性格、いわゆるテロワールがより発揮しやすいということがあると思う。
一方で若い木にある若々しさ瑞々しさとか勢いは乏しくなる。というか一本の木からなる葡萄の房の数が古木になると明らかに減ってくると思われる。ワイン用葡萄畑では30年くらいを目安に順番に新木に植え替えられるらしいし。

本来はもっと熟成して飲むべきなんだろうけれど、今回2014年もので安価なブルゴーニュのヴィエイユ・ヴィーニュのワインが例のワインの店の店頭に10本以上コロがっていたので入手してみた。
値段からすると地区を限定せずにブルゴーニュの古木の葡萄果汁を醸造したワインということか?
村限定とか畑限定というものでなかったのでブルコーニュ・ルージュの扱いで入手しやすい価格であった。

味はどうだったのか?
これ飲んだのは寺の私利私欲部屋で、娘夫婦に大画面の大音響で映画を観ることの面白さを経験させることで集まった飲み会だったのだけれど、この時に娘の「そ」は出産直前でワインは飲めなかった。飲めないならせめて香りだけでも、ってことで香りを嗅いだ「そ」曰く、
「イチゴの香りがする!」であった。

まあブルゴーニュのピノノワールの特徴ではある。
味は最初飲んだ一口と空気に触れた後で微妙に変化していっった。年数が2014年と新しい割に非常に深い味だったと思う。
このレベルならもう一度購入して何本かストックしてもも良さそうだけど、たぶん買わずに別の新しいチャレンジするんだろうなと思う。







これ確か2480円だったんだよねぇ。
味からすると相当にリーズナブルというかコスパは凄いと思う。
あっという間に前回の記事から3週間以上が経過!
時のたつのは早いものである。
4月に復活して以降ここまで音楽やオーディオのネタの記事が無いのに気が付いた。
決してレコードを入手していなかったわけではなく、確かに頻度が落ちたもののチャンスがあればそこそこ入手はしてはいる。
今でも定期的にヤフオク画面は覗いていて、偶に入札も入れてみるけれどどうも完敗することが多いように思う。
というか、最近レコードの相場が上がっているような気がするのは自分だけか?

まあそれでも何回かは入手できたものの紹介をする。

まずはコレ!
IMG_0924 (1)_R

そう、「ライチャス・ブラザース」ですな。
これ、なんで入手したかというと、実はワタシ、映画の「ゴースト」がけっこう好きでして、例の有名なテーマ曲(上の写真の「Unchained Melody」ですな)唄っているのが彼らということで以前より欲しかったもの。ベスト盤だけど一応米国盤だし。
最初は「ライチャス・ブラザース」って歌い方とか曲想はちょっとネビル・・ブラザースに似ていて、同じような黒人グループなのかとも思いましたが、その割には油気がないというかサラッとしているなーと思っていたら足の長い白人デュオでした。
たぶん黒人コーラスグループの影響受けてるのかな。

これと同じような50年代か60年代のアメリカン・ノスタルジーを感じる曲で「The End Of The World」という曲があるんだけど、これもいつかは入手したいんだけどスキーター・デイビスのオリジナル版は相当高価で手が出せない。でも確かジュリー・ロンドン盤は持っていたような。


次はコレ!
IMG_0923_R.jpg
そう、シルヴィ・バルタンの「アイドルを探せ」です。
これはLP盤のベスト盤はすでに持っているんだけど、なぜか音が相当に悪い。
45回転の8インチ盤なら少しは音がいいかも、との淡い希望で入手してみたらこっちのほうがさらに音が悪かった。残念!
まあこれはジャケを楽しむレコードでもありますが。

この時代のシルヴィ・バルタンってまさにアイドルという感じで、この路線をいろいろパクったのが日本の歌謡界のアイドル路線だったのかとこの当時の残っている映像見てよくわかった。
個人的なアイドル論では、日本のアイドル歌手の最初は「麻丘めぐみ」だと思う。
でもこのシルヴィ・バルタンの路線(ポップでコケティッシュ、健康的なエロス・・・・)を最終的に継承したのは多分「小泉今日子」のように思う。(あくまでも個人的な思い込みです。ハイ)

  ↓1965年のYouTubeの動画 必見です。
http://www.youtube.com/watch?v=IP2fTeOm788



IMG_0925_R.jpg

最後の写真なんだけど、先日ショックなことがありまして、ひさしぶりにEMTでなくトーレンスのプレーヤでレコード聴いてみたら、どうも変な聞こえ方に感じて、EMTに較べ左右の音の広がりが明らかに変であった。
原因は何だ?といろいろチェック用のレコード聴いてみたら途中で気が付いた。
そうチェック用のブルーベックのタイムアウトの例によってB面聴いたらジョー・モレロのドラムが右から聞こえるではないか!
これは結線がおかしいということで配線をチェックしてみたら、MCトランスのオルトNo.41の入力側のL,Rが逆に結線していた。
すぐに正常に戻し改めて聴いてみると、左右の音像がつながり迫力が出てきた。
正常になった、ということでとりあえず一安心!

それにしてもいつから結線が逆だったのか?
なぜ今まで気が付かなかったのか?

ああー駄耳だー。恥ずかしい。
こういうのってちょっと落ち込むよね。


終わり