FC2ブログ
2018.12.30 ワイン博 ②
続き

こんどは入り口の方の「泡」コーナーに行く。

最初に飲んだのがコレ
IMG_1446_R.jpg

ブラン・ド・ブラン!つまりシャルドネ100%のシャンパーニュ!
なんといってもあの「サロン」の”妹分”ということでマズイ訳がなく、高価なドンペリとかに手を出さなくてもっと安くて美味しいシャンパンはいっぱいあるってこと。周囲のオバサン連中(ブルゴーニュのコーナーでちょっと仲良くなった。生のシャインマスカットをくれた・・・)にも非常に評価が高かった。

IMG_1447_R.jpg
これも美味しかった。

以下日本のワイン。
IMG_1449_R.jpg
いやー日本のワインもレベルが高くなったわ。

IMG_1450_R.jpg
地元ワインなんだけど、テンプラニーニョってスペインのブドウ品種だったはずで地元で栽培しているんだろうか?
個性のあるワインだった。偶に飲むといいかも。限定で地元でも入手困難だけど。

IMG_1452_R.jpg
これ飲んで、「日本のワインレベル高えー!」と思っていたら、

IMG_1453_R.jpg
そう、これこそが今日一!でした。
これマスカットベリーA使っているんだけど、「なんだコレ?なんでこんなのができるの!?旨いよー!」とオバサン連中に思わず声かけた次第。後でワイン博の主催者(いつか紹介した単身赴任地の酒屋の女主人さん)に聞いたら、さすがにこのワインの問い合わせは多かったらしい。でも当然入手困難らしい。

この後南フランスのロワール系や第三世界、白ワイン、全体で100種のウチ70種くらいは飲んだような。

IMG_1454_R.jpg

IMG_1467_R.jpg

IMG_1456_R.jpg

ボルドーもたくさんあったみたいだけど、もう空になったボトルもあった。この辺も残り少なかった。まあ今年はあくまでもブルゴーニュなんで・・・。
IMG_1458_R.jpg

IMG_1460_R.jpg

マルサネ・ロゼって、そんなん出してたのね。
IMG_1462_R.jpg

白ワインの数々・・・
IMG_1463_R.jpg

バカ舌なんでこの時点で高値(グラン・クリュ)のシャブリとモンラッシュの違いがよくわからん。
IMG_1464_R.jpg

もう70種類前後のワインをたった2時間足らずで飲んだら訳が分からなくなる。だいぶ酔った。

この後、有料ワインコーナーに行ったら以下のもの。
IMG_1470_R.jpg
ボルドーの一級のかの「ムートン」!

IMG_1471_R.jpg
ボルドーの一級に比肩するほどのカリフォルニアの雄「オーパス・ワン」
(ナパバレー産だと例の山火事で今後希少価値で値が上がるのでは・・・)


IMG_1469_R.jpg
日本のワインで感動した「鳥居平」の41年熟成!

この中で何を飲もうか?と思案していたら、どこかでお会いしたことのあるようなちょっと知的な夫婦に声かけられて、「ムートン」と「オーパス・ワン」はあまりにも開けるのが早すぎて本領発揮にはほど遠いちょっとかわいそう、オーパス・ワンは特にセラーにも行って飲んだことあるけど評価は過大評価になっている、みたいなことを言われて、確かに去年の「オーブリオン」も今ひとつだったなあということで、ある意味ボルドーやオーパス・ワンよりも希少な「鳥居平」を選択。
年代を感じる重厚な味わいで個性的で十分美味しい。30年経ったボルドーの高級ワインみたいな格がある。日本にもこんなのあるんだ。
日本人ってウイスキーもそうだけど、外国から入ったものをオリジナルより高いステージに上ゲていくこの習性ってなんなんだろうと思いました。
けれども個人的には2004年の方が勢いというか、インパクトがあって美味しいと思いました。
ちょっとシェアしながら非双子さん含めて夫婦とお話をいたしましたが、お会いしたことがあるというのが何度かSP盤試聴会に聴きにこられていたといことで面識があったみたい。大学の先生のような知的な雰囲気の理由が某大手新聞社の記者さんだということで了解。ワインと同様に音楽やオーディオにも興味があるとのことで、坊さんの私利私欲部屋にいつかご夫婦案内して旨い酒飲んでもいいのかなあと思いました。

長くなったので終わり。



今年はこれで打ち止めです。よいお年を!





31日に書いていたんだけど、上げるの失念していました。あしからず。
2018.12.30 ワイン博 ①
今更の記事になるけれど、今年のテーマでもあるので残しておきます。
12月の某日にワイン博が開催されました。
まあ今年は4月以降ワインを呑んでいくと宣言してしまった手前、触れないわけにはいかないだろうってことで。

今年の町内会からの参加はワタシを含めれ3人。ちょっと寂しい(若い女性がいない!)状態だったけれど博そのものは毎年参加者が増えていっているようなことになっています。

今回も2部からの参加でしたが、大多数は順番に並んで「泡」方面から順に試飲を始めるのだけれど、ワタシが最初に向かったのは
まずはココ。
IMG_1426_R.jpg

IMG_1427_R.jpg

10月の長期のイタリア旅行じゃなくてイタリア展で飲んだ復習で、バローロとバルバレスコ。

IMG_1428_R.jpg
イタリア展で飲めなかったいわゆるスーパートスカーナのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ!
このブルネッロは親しみやすくて飲んでフツウに美味しいので、個人的に大好き。世界のいろんな地域のいろんなワインがある中で、これから死ぬまで一地方だけに限定して飲め!と言われたら間違いなく選択する地域のワインと思う。高いけど・・・。


好きなイタリアワインの後は今年のテーマであるブルゴーニュですな。
以下、これでもかというくらいに写真をあげる。
IMG_1431_R.jpg


IMG_1430_R.jpg

IMG_1429_R.jpg
まあこの辺はさすがに旨いわなあ。

IMG_1432_R.jpg
あれっこれだけ味が違う!って思ったら半分ガメイだもんなー。

IMG_1433_R.jpg

IMG_1434_R.jpg
V.Vつまりヴィエイユ ヴィーニュ 50年以上の古木ですな。テロワールを感じるっていうやつ。

IMG_1437_R.jpg

IMG_1438_R.jpg
いわゆるプレミア・クリュ(1級)ワインですな。
今回はブルゴーニュのワインでグラン・クリュは無かったです。まあチケット代はたったの2500円だし・・・。

IMG_1441_R.jpg

IMG_1442_R.jpg

IMG_1443_R.jpg

これがすべてではなくてブルゴーニュのピノの赤は20種類以上あった。全部飲んだけど・・・
写真撮り損ねたのかどうかわからないけれど、一連のブルゴーニュワインの中に、ほとんどが2013年から2015年が多かった中で唯一1994年の村名ワインがあった。それがとても深い味わいがあって旨かった。それから察すると村名ワインでも長期熟成すると十分美味しくなるということ。
またこの中に唯一2009年ヴィンテージのワインがあった。2009年というとブルゴーニュの大ヴィンテージイヤーということで、これも非常に美味しかった。個人的に2009年は一本入手した。
ブルゴーニュのワインは割合高価なのでヴィンテージイヤーのワインを若くて安い時に大量に入手しておくと後に”しあわせな時間”が過ごせそう。


うーん、長くなったので次のワイン博②へ


すっかり寒くなりました。
今回は珍しくもオーディオネタでございます。


久しぶりの視聴会をPON寺で行った。
今回の獲物はコレ!
  
そう、DS-AUDIOの光カートリッジ
IMG_1411_R.jpg
 思わずつぶやく、「高!」

ああ、これもだ。

IMG_1404_R.jpg
 
エビスの瓶じゃなくて、手前のSOULNOTEのプリね。
(最近、町内会の会合はエビスの瓶ばかりだ。)

現物はコレ

IMG_1405_R.jpg

IMG_1419_R.jpg

右がW2で左が002かな。カンチレバーとシェルの材質が違うらしい。

 SOULNOTEはコレね!

IMG_1413_R.jpg
 

一番値段の高い光カートの「DS-MASTER1」は5月の四国勢襲来時に一度聴いているので、今回はより廉価版の「DS W2」と「DS 002」の比較試聴ってことなのだけど、どちらにしてもSOULNOTEのプリがないと光カート対応ができないということで光カートの値段プラス55万円ということになるのかな。うーん。

5月に聴いた最上級モデルは確かに素晴らしかった。
通常のカートだとよほど調整しないと出ないような中低音がいきなり出てくるし、音楽の骨格となる中低音がキレイに分解して軽ーく出てくるので今まで聴こえなかった音が聴こえるような不思議な感覚というか、あの時もPON寺のALTEC A4システムだったけど、ここのALTECに相性がとてもいいというイメージ。
まあ値段が値段なのでそのくらい鳴ってもらわないと困るのは間違いないが、こういう新しいアプローチも場合、新技術に酔って肝心な音楽が鳴らない場合が多いようなんだけど、実際にはこの時は予想以上によく鳴ったという感じ。

今回はどうなのか。

お寺の所有レコードはJAZZ中心なので、5月に聴いたイメージで敢えて試聴用レコードに50年代、60年代、70年代、80年代のロックやヴォーカル中心に持ち込む。
試聴曲は50年代はボビー・トゥループは例の「シカゴ・シカゴ」、60年代はボブ・ディランは「風に吹かれて」、70年代は10CCの「アイム・ノット・イン・ラブ」とソニ・クリの「エンジェル・アイズ」、80年代はTFTの「ルール・ザ・ワールド」等。

結論的に言うと、40マンの「DS W2」はかなり良い!
廉価版の002はW2を聴いてしまったらちょっと残念な感じ。
W2は最上級モデルに比べても十分高性能だしコスパが高いと思う。
あいかわらずちょっと軽い低音になるけれど、中低音の分解能に優れており低音のいろんな音色が楽しめる。
普通のカートリッジが低音のラチチュードが狭いがゆえに端のほうが減衰していきピークは山になって出てくるところをDS-audioは割とフラットに広く出てくる感じ。
多分これ、おいしい中低音が出てこなくて困っているひとにとってはかなりいいブツになりそう。

残念なこともあった。80年代の最新録音(アナログとしては最新ということ、誤解なきよう)のレコードはなぜか音が汚く聴こえた。
というか、シンセ等で作りこんだ音はアコースティック系の本物の楽器の音と明らかな違いを感じた。
これが光カートの高性能ゆえなのか、または寺のALTECシステムのゆえなのか、判別できなかった。
できればこのDS-oudioのカートリッジは寺のALTECではなく通常のこじんまりしたオーディオシステムで聴き直してみたいと思いました。そうしないと正常な評価ができないような。
まーこのお寺のシステムには合っているのでいづれここで常時聴けるのではないかと思っております。


そんなにイイのであればお前は欲しくないのか?と問われれば、この光カートの音を通常カートで出すのがオーディオノート腕の見せ所!と答えておきます。(ムリだけど・・・)


こここで終わり。


IMG_1414_R.jpg

IMG_1415_R.jpg
メインの宴会は続く・・・。
えー、イタリア旅行が長くて・・・・先ほど帰ってきました。・・・・・・・・・なんちゃって。



まあ、ともかくネタを上げておこう。
今年の紅葉である。
なにせ単身赴任地が県内有数の紅葉の名所を有するということで期待度は大きかったんだけれど、うーん。

まずこれは

IMG_1282_R.jpg

11月中旬1に行った「くじう」周辺。
この日に九酔渓等、県内の有名紅葉地に行ったんだけれど、もうすでに終わっていた。
紅葉の写真もあったんだけどデジイチで撮ったので手元に無い。このススキは見事だったけれど、紅葉は今イチであった。

IMG_5972_R.jpg

この写真がどこなのかよくわからん。
たぶんチンテクラ?

11月の最終週のフタゴ寺周辺がコレ

IMG_1399_R.jpg

IMG_1381 (2)_R

IMG_1397 (2)_R

なんだかなぁー、微妙!

こんなものもあった。

IMG_1293_R.jpg

IMG_1296_R.jpg

IMG_1297_R.jpg

すべて案山子です。


うーん、これで終わると手抜きがバレバレ・・・。




ついでに食ったものも上げておく。

IMG_1379_R.jpg

例のラーメンね!   醤油味で500円、めしとからあげとサラダ、漬物のセットが250円、しめて750円のラーメンセット。
食べきらないくらい量が多かった。


IMG_1320_R.jpg

タコカレー!

IMG_1378_R.jpg

トマトカレー!


IMG_1356_R.jpg

トンテキ!


食い物上げると際限がない。

ここでやめときます。