上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日に予定どおりSP試聴会開催!
今回はebapon氏が比較的真面目にブログにレポート書いているので、詳しい内容はぼうさんのブログを見てもらえれば良かろう、といきなりはしょってしまおうかと思ったが、まーでも当日撮った写真だけでも上げておこうってことで。
PICT000165236598565.jpg  これはセッティング中。

PICT000245623658545.jpg  途中の珍客。ebapon娘喜ぶ!

PICT00046532654851.jpg  
これからかけるSP盤について説明されているK氏。当時の時代状況、エピソード等の蘊蓄が多彩で深い。まったく飽きさせず面白かったです。次に何がかかるのだろうか?と、ついつい期待して待っておりました。ちなみにほとんど動画で録っています。

PICT0003235654215365.jpg 
 K氏の説明の後、すかさずU氏がSP盤をかける、という二人の息のあった流れ。


それにしてもSP盤、こんなに音がいいとは思いませんでした。(ある意味半ばしてやったりの気分)
たった一個のスピーカーでこんなにも濃密な音を出てくるなんて、なんか自分たちの普段のオーディオは一体何をやっているのだろうと、なかばアホらしい気分にもなりました。
今まで漠然とCDは音が薄くて面白くない、もっと濃い音が出るアナログオーディオをやるんだと拘って、CD全盛の時代に通常のLP盤を集め始めて、LP盤でもオリジナル盤のほうが音が良いぞ、と今度はオリジナル盤集めに走り、オリジナル盤でも50年台中頃まではモノラル盤のほうが音が良いぞ、とオリジナルのモノラル盤も集めて(以前までのモノラル試聴会はここまでの水準での試聴会だった)と突き進んで来て、なんとなくモノラル盤があるのならば当時はほとんどがSP盤だったし、今までちゃんとまっとうに聴いてこなかったSP盤、通常のレコードで聴いても33回転のレコードより確実に45回転のレコードの方が音がいいのはわかっているので、45回転より更に速い回転78回転のSP盤だともっと音がいいのでは、と考えてのある意味オーディオの根元的な問いを求めての今回の本格的なSP試聴会をやろうとする動機でした。(今回はワタシが言い出しっぺ)
実際に今まで、(前にも書いたかも)東京の中古ジャズレコード屋(今は無き新宿「コレクターズ」)で獲物を必死に渉猟中に店主が入荷したレコードのチェックをかけていてBGM的に聴いていたら途中でぶっ飛ぶようなやたらと音が太くて実在感のあるパーカーのアルトがかかり「何だこりゃ?」と衝撃を受けて思わず振り返ってみたらそれがSP盤だったという鮮烈な記憶があり、その時の機材がサンスイの9500プリメインとLE8Tのシンプルなシステムでありこういう古いシンプルなシステムでもそういう音が出るっていうことに更に二重のショックを受けて、やれ銀線だ、やれ真空管OTLだとオーディオ的に当時半分天狗になっていた自分を打ちのめすのに充分な破壊力がありました。
で、いつかSP盤を正式にちゃんと聴きたい、できるならばちゃんと聴ける装置も揃えたいと漠然と考えておりました。(その時にSP用のカートリッジ持ってもないのにパーカーのSP盤買ってしまったし!)
そういう意味でも今回の企画は大変有意義であったと思います。それもひとえにU先生とK先生、および両先生を紹介してくださったhanamusiさんに感謝致します。この場を借りてお礼を申し上げます。
それ以外の参加された方、お手伝いされた方、お疲れ様でございました。またやりましょうね。
それと今回福岡から見えたMさんとKさん(お坊さん)のところにはそのうちぜひツアーを組みたいと思います。




ところで、またやりましょうねと言いつつ、次回のモノラル試聴会はどうするんでしょ?
モノラルという冠を取っ払っていよいよ御大G氏とタンノイ使いの水屋のK氏、K先生によるオートグラフを使ってのクラシック試聴会という噂があるけれども・・・ウーン。


PICT0005256456895.jpg
懇親会ですな。盛況です。これが目当てというヒトもいるくらいで・・・。

PICT0007654698555.jpg
最後まで残っていた人たちだけで記念撮影。支障があるのでサムネイルで表示。
ワタシは写っておりません。撮ってましたので・・。


Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/142-f3af73dd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。