上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の嗜好として美しいモノ、季節感のあるモノ、美味しいモノ、珍しいモノが好きなもんで、11月のこの時期はどうしても紅葉を見に行かないと気が済まない。
ただこの時期(3連休)は九州といえども、山間部の紅葉はさすがに終わっており、もうすこし低地の紅葉をめざすことになる。で、紅葉(もみじ)はあきらめて銀杏あたりで一面黄色の世界を、人里離れた古刹あたりで、ということになると地元ではどうしても○東半島になる。考えたら去年も親子孫の三代で紅葉写真を取りに行ったような・・・。今回は若干コースを変えてということで。

意外と紅葉もキレイでした。
DSC_220083_1.jpg

通りがかりでたまたま寄ったのがココ。川中不動さん。
DSC_220095_1.jpg

狙ったのはこういう景色なんだけど、午後の日差しだとインパクトに欠ける。やはり早朝でないとムリみたい。なんか濁った色調。
DSC22_0094_1.jpg

仕方ないのでアップでとも思ったが、きれいなボケは出ない。レンズの性能悪いし。
DSC_220114.jpg
 
ここは修行場らしくて、こんな断崖絶壁に橋がある。いつかテレビで見た記憶があるけどあれはここだったのね。
DSC_220110.jpg

帰りに道の駅に寄って「蛸めし定食」を食べる。(写真は取り損ねた。残念!)

道の駅でおみやげになぜか瓢箪を買う。
上の娘の「そ」娘と一致したのが、瓢箪を手にとって眺めていたら、なんとなくものすごく瓢箪を磨いてみたい衝動に駆られたためである。安かったし。

理由を考えたら、例の「清兵衛と瓢箪」である。志賀直哉だったか、の小説。
簡単に説明すると、形が気に入って確か10銭くらいで買った瓢箪を清兵衛が来る日も来る日も授業時間中も隠れて磨き、結果、先生に見つかり取り上げられ父親にもこっぴどく怒られるのであるが、学校の小使いが偶々手に入れて骨董屋売った時にはwikiによると小使いの給料の4ヶ月分、骨董屋はさらに転売してその10倍以上の値で売って儲けた、というような話。
まあテーマは青春期の父親との葛藤みたいな話しであるが、今の鑑定団じゃないけど、瓢箪って果たして磨いてそんなに価値のでるものなのか?フツウはニス塗って終わりみたいな感じだけど、磨いたらはたしてキレイになるのか?

大きいのはワタシの、小さいのは娘二人のモノ。
CIMG11146.jpg
その日、夜12時まで「そ」娘は瓢箪と磨いていた。変人だ。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/146-94e87c44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。