ピアノの森!

DSC_0051_4.jpg
森の中になぜか古びたピアノがあり、なぜかそのピアノを弾けるのはその森で育った少年だけ、それはなぜなのか、その少年の未来は・・・

音楽系のマンガといえば最近でドラマにもなった「のだめカンタービレ」が有名ではあるが、こちらもなかなかどうして、読み手をどんどん引き込む魅力がある。
「のだめ」がどちらかというとクラシック音楽が舞台のコメディータッチのラブロマンス?という設定に対し、「ピアノの森」は音楽の演奏表現をシリアスに追っている感じ?
少年か女の子?かと違いがあるにしても、考えたらどちらも主人公はクラシックピアニストを目指す若き学生、従来のスタイルに囚われないある意味破天荒、ある意味天才的な演奏をするという設定では共通する。
ただ、最新刊を読むと「のだめ」の方はどうも終わりに近づいているような気がするのはワタシだけ?
「ピアノの森」のほうはあの「ベルセルク」並に遅筆のようでなかなか新刊が出ない。
待ってるんですけど!

そういえば音楽がテーマのマンガはなぜかクラシック音楽の世界が多いのはなぜなんだろう。
ジャズが舞台のマンガはないのか?

そういえば一度だけジャズピアニストが主人公のマンガを読んだことがあるのであるが、名前は忘れた。誰か知っていたら教えて欲しい。いづれ手に入れるつもり。
確か主人公はジャズピアニストでありながらプロのスナイパーかなにかで最後は演奏中に命を狙われるという設定だったような・・。
で、主人公はセロニアス・モンクをリスペクトしており、頻繁にモンクのレコード演奏の場面が出てくるのであるが(CDじゃないよ)、なぜか60年代あたりの、後期の陳腐化して割とつまらない時期のモンクのレコードも出てきたりして、モンクがおいしいのは50年台前半だろ!と疑問を感じたのは覚えている。
たぶんモンクのベストの時期は40年代なのだろうとは予想するが、例のなんとかカードを取り上げられて演奏があまり残っていなかったような・・・。この辺はモンクのリバーサイドコンプリートを所有している坊さんはどういう見解なんだろう。
それにしてもなぜモンクなんだろうか?
同じ天才でもパウエルじゃだめなん?パウエルなら後期のズタボロの演奏も聴けるし!

とにかく音楽マンガで他におもしろそうなのがあったら教えて下さいな!


Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/158-e1b60d67