年始めてことで、今年はいったい何をしようか?何ができる?オマエはいったい何をしたいのだ?と自問自答しながら、漠然と考えていたら、いつのまにか結局もう一月も終わりそうな時期になってしまった。
たぶんこんな風に、何をしようかと考えてたらいつのまにか時間が過ぎて、何もしないまま、人生が終わって死んでしまうのだろうな、とふと考える。
まーそんなときにはむづかしいことは考えずに本能に従い、食って飲んで寝ればいい、ってことで、以下の料理。
CIMG1785.jpg
チーズフォンデュ。
こういうチーズ系の食べ物ってのは当然ワインが無性に飲みたくなるものであるが、この日は単身帰還ドライブが待っていたので、仕方なく飲んだのが以下のもの。
CIMG1787.jpg
右からスワンのミニコーラになんとかスカッシュ(正確な名は忘れた)にサイダーにミニメロンにミニオレンジという佐賀県ご当地ローカル系の飲み物。近くのイ○ンで佐賀県フェアで売っておりました。というか注目もされずほとんど売れ残っていました。
一言で言って、この瓶のデザインに惹かれて買いました。この辺の感覚は上の「そ」娘もほぼおんなじ感性なもんで、「そ」に知らせたら一本だけのつもりが下の「ぼー」娘も便乗していつのまにか5本も買う羽目になってしまった。
この瓶、よく見ると微妙に気泡があり、たぶん中国製なんだろうなとは思ったが、なんか大正時代の瓶みたいでなかなかイイ感じでございました。たぶんこの瓶は「そ」娘の部屋に飾られるのだろうな、と予想。(現にあいつの部屋にはコーラの瓶が飾ってある。)と考えていたらヒトのことは笑えない。自分の部屋には35年前のファンタオレンジ未開封の瓶があったのを思い出した。ハア。

ってことでワインが飲めなかった恨みで単身先に戻るときにワインを2本買い込み早速飲んでいる。
以下のもの。
CIMG1791.jpg
マルキ・ド・」ボーランのシラー。南フランス産。(マルキ・ドというとサドを思いつく貴男は変態?)
シラー種のワインは久しぶりなんでじっくり味わいながら飲んでいる。果実臭と後味のスパイシーな味わい、独特な酸味でなかなか旨い。同じメーカーのカベルネソービニョン版も先週飲んだけど、こちらも割と旨かった。値段の割に。
値段の割には旨い!
値段の割!
値段!んー、
値段はなんと600円でした。
コストパフォーマンス最高!ってことですな。また買おっと。
このワインは結局二日で飲み干し、仕方なく28日の10時現在の今は以下のものを飲んでいる。
CIMG1794.jpg
ボテガ・ボルサオS.A ボルサオ クラシコ ティント  名前、長杉!
これ、かのロバート・パーカー推奨ワインであり、かつ雑誌でソムリエによるブラインド試飲で2000円以下のワインではダントツ一押しのワインってことでずっと探していたもの。
味の感想は、ひたすら優しい味、好バランスってのが第一印象。
安ワインにあるようなピーキーな暴れってのは全くない。これ充分美味しいってのは認めるけど、しかし、ウーン、個性ってのも希薄な気が致します。こりゃいろんな品種混ぜてるな、ブレンドで「一味」を「七味」にしてまろやかにしたような味っていうか、ウーン。ワインは難しい。当面は単一品種で攻めるべきと思いました。
どっちか選べって言われたら個性的な前者を買いそう、安いし。ただしヒトが来たときに出すのは後者になるかとも思う。
あ、言い忘れたいた後者の値段は1000円でございます。ハイ

ってことで、今年のテーマはとりあえず安ワインばかり100本を目指して飲んでいきます。随時報告しますんで。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/159-71079cb6