上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
K市のKさんが大番頭さんところを訪問するということで、運転手をかって出て初めて大番頭さん宅を訪問する。
”大番頭さん”は町内会内ではいつもひとり酒は飲まずに最後はいつもみんな自宅まで送ってもらっている。
今風でいうハンドルキーパーみたいなことをやっていただいているが、その実、行政の中枢に関わる仕事をされており、ある意味町内会ではいちばん「エライ」ひとである。
ワタシが仕事上でお会いすることになれば、口をきくにも平身低頭で神経質に対応する必要があるレベルの方である。
こういう方がこちらの世界まで降りてきてもらって、ある意味「裏方的な仕事」も率先してしていただいているというのはホントに頭が下がる思いでございます。ハイ

で、いつも冷静沈着で几帳面、ある種のスマートさと冗談をよく理解する頭の柔らかさを持った大番頭さんのオーディオはどんなシステムでどんな音なのだろう、どんなソフトを聴かれているのだろう(これはこの場で一度回答していただきましたが、個性的でした!)ってことで、今回の訪問は心が躍りました。
ウワサによるとJBLの2インチドライバーを使っているらしい・・・・。ウーン、期待が高まります。
そんなこんなで、いきなり部屋に通されました。
事前に謙遜するように、事あるたびに決して広い部屋とは言えない、hanamusiさんからはワタシが行ったら吸音材になって普段の音と変わるだろと揶揄されたくらいですが、決してそんなに言うほど狭くはないと思いました。ただ大きなモノをたくさん置いているということと、その他の町内会の連中の部屋があまりにも恵まれた贅沢な広い空間を使っているってことで、フツウのオーディオマニアとしては充分な広さとは思いました。
が、機器を見ると、これらを生かすためには充分な広さが必要、という意味での「狭さ」は実感しました。
PICT0658oi001.jpg
JBL2441とウッドホーンとサンスイ箱のSPシステム。中央はチャンデバとツィーター用アンプのアキュ。

PICT02145kjhghgf003.jpg
低音はユニットは2231だっけ?マッキン7270で駆動、ドライバーはカンノの300Bで。

PICT0df54002.jpg
ツィーターは今のところ2405。アキュで駆動。このセット台はアルミくりぬきで重量感もあり見栄えもよく欲しいと思った。将来的に075あたりを繋げられるようダブルを選択。

PICT0rrd54002.jpg
今となってはなかなか手に入れることができないカンノの300Bパワーアンプ。型番なんだっけ?確かこれは音のいい初期モデルの方だったと思うけど・・。

PICT0nb5547003.jpg
マイクロの8000番。アームはシリーズⅤと309リミテッド。カートリッジはMCジュビリーとSPUリファレンスG(ゴールドから針交換したらリファになったそう。後悔しているとのこと) 

PICT005njhur04.jpg
フォノイコは目玉親父?でなくてSMEのSPA1HL  
PICT0542jhg005.jpg
プリはチェロのアンコール1MΩのゴールド仕様。CDはワディア。DAコンバータはエソテリック。


さすがに構成的に一部のスキもないシステム構成でございます。
で、出てくる「音」。
いやーどう聴いてもこれは典型的JBLサウンドです。一聴、あまりにもバランスがとれているのでフツウのネットワーク仕様の上手く鳴っている4343あたりの音を想像してしまいました。クオリティは違うもののウチのJBLの音にもなんか近くて親近感がありました。
よーく聴くと個々の音のクオリティが洗練されいて、ワタシの好きな低音も充分豊かに出ているし高音も全く耳障りなことが無くて、もうこの部屋としては最高のレベルの音ではないかと思いました。
もうこれ完成されてしまっている、ここまでいくと多分どんなジャンルのソフト、ジャズだろうがロックだろうがクラシックでもそこそこ上手く鳴るだろう、いったいどこに手を入れる余地がある?強いて言うと例の電源?というような音。
このレベルになるとシステムをいじる必要はほとんど無くて、ただソフトをどんどん集めるだけに集中できそうです。
これだけのシステムを組上げることができる大番頭さんには20畳位の大きな専用部屋で種々の制限を解除した、やりたいことをやりつくすオーディオを将来一度チャレンジしてもらいたい、と思いました。
いったいどんなレベルの音を作るのでしょう。

最後のほうでかけてくれた谷山浩子の「河のほとりに」は、なんか学生時代の深夜放送を思い出して、ある意味大番頭さんとは共通の世代なんだとも思いました。
今度また訪問させてください。
その時には懐かしいあの辺の時代のレコード持っていきますので。
 以上、終わり
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/164-124ff301
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。