上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ルサンチマン」という言葉がある。
意味としては単純に「怨念」「復讐心」「羨望」とも訳せられることが多いが、これだけだとちょっとわかりづらい。wikiで調べてみると「強者に対する、それをなしえない弱い者の、憤りや怨恨、憎悪、非難の感情をいう。この感情は自己欺瞞を含み、嫉妬や羨望から来る」とある。
どちらにしてもネガティブなイメージの言葉ではあるのは間違いない。
元々はキルケゴールの言葉らしいが、圧倒的にフリードリヒ・ニーチェで有名になった言葉である。

この「ルサンチマン」を良く表現するたとえ話としては、イソップ童話の「キツネとブドウ」の話が良く語られる。高いところにあったブドウの房をいくらジャンプしても取れなかったキツネが最後に「どうせあのブドウは酸っぱいに違いない!」と捨てぜりふを吐いて立ち去って行く話である。

この寓話の面白さは、いつも周囲を欺く狡猾なキツネが自分の希望が叶わなかったときに自分自身をも欺いて負け惜しみを言う「おかしさ」にあるのであろうと思う。

自分の思いや希望が叶わなかったときに、その満たされない心を埋めるために、その思いや希望の相手や目的を卑下したり矮小化したり落とし込んだりしてしまうことは、自分を守るための一種の「合理的行為」として心理学の上では認められているらしい。
それはそうだろう。万人がそれぞれの希望や期待に応えられる世界は絶対に無いし、一個の人間だけでも万の希望や願望があるだろうし、希望はすべてかなうことはありえない。
なんでもヒトは昔の嫌な記憶は忘れる、または逆にいい思い出に変えてしまうようにできてもいるらしい。
とうぜん思いや希望が遂げられなくても、時間が経てば嫌な思い出として忘れるか、逆に若かりしころの蹉跌として記憶に留めるか、ということなのであろう。

ここまで書いて思うことだが、こういう心理学的な装置の説明や分析には自分は正直興味はあまりない。そんなことはどうでもいい。
問題は本来の「ルサンチマン」である。
最近は漫才師や漫画の表題にも使われるポピュラーな言葉となってしまったが、自分の中ではどうもこの言葉の概念にある種の「ひっかかり」を感じて十数年経っている。
未だに自分の中で解決できないやっかいなテーマとなっている。

所謂、自分だけの「人生論」的な「問い」でも未だ解決できていないし、前述のニーチェの言わんとする「ルサンチマン」に関しても、まったくずっと考えていても解決できていないテーマとなっている。
もっと正直に言うと、この問題が解決できなくて考えることを途中で止めてしまったようなところもある。
もしくは考えることを止めようとした時に偶々考えていたテーマがこの「ルサンチマン」の問題だったような・・・。

それまではマルクスとかヴェーバーとか、割と人間の「外」の問題、「社会」の問題としての思考を追っていった(所謂、社会科学ということです。卒論のテーマがそっちだったし)のであるが、いわゆる「生の哲学」として、人間内部の思考の問題に関わる思考であったため、「ヒトゴト」みたいな客観化できずに、ストレートに自分の問題として、自分を実験材料にするように、自分を解体しながら自分を分析していくような、けっこう危ない作業を強いられながら、「思考」していたように思う。
まあよくよく考えると、「思索する」ということは、そういうある種の危険と隣り合せであるのは当然なのであろうが。

で、「ルサンチマン」について、何がわからないのか?

長くなったので次節で書きます。
                                                        (続く)
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/179-f0227ba1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。