上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.21 バーに行く
某月某日、職場で泊まりでの会議があり、懇親会の終了後に地元のバーに行く。
バーの名前は「ブルー○ンタ」。
3月にあったバーテンダー協会主催のチャリティパーティで事前に名刺をもらい、4月の職場歓迎会で一度訪問するも、酒癖の悪い飲んべえの先輩(まあ職場の先輩後輩の関係でよくありがちなパターン、酒の勢いで絡むは、説教するはという展開のやつ、まあ一番避けたい酒の飲み方でしょう。ウン)と同伴であったため、マスターともろくに話もできず、店の景色も目に入らないままというか、店のコンセプトもわからない消化不良の状態?だったのでちょっと気になっていた。
今回はうるさい先輩はいなくて、真面目で礼儀正しくかつおとなしい後輩(考えたら、うるさい先輩とおとなしい後輩とも同じ高校の先輩後輩なのである。)といっしょであったので安心して飲める。
田舎な土地(400mも歩けば田んぼばかりだよーん。)には似合わないようななかなかいいセンスの店である。

まず最初に定番の如く、ギネスを頂く。
この差し出されたギネスの泡の状態で店のこだわりがわかる。
ギネスは泡が命!みたいなこともあるので、グラス(当然、専用グラスである)を斜めにして壁面にあたるように液をゆっくり注ぎ、当初グラスの半分位を占めていた泡が徐々に上がっていきグラスのほぼ1割から2割弱を泡が占めて泡の下っかわにくらいに上って行っている状態が一番の飲み頃かと思う。
PICT0jhu254001.jpg

で、ギネスの場合、フツウのビールと違ってあまり冷えすぎるとあの独特の風味が消えてしまうので、ちょっと生ぬるいくらい、多分13度から15度前後くらいの温度(これスタウトね。ドラフトはもっと冷やさないと・・・)がちょうどいいように思う。
家で飲む場合は冷蔵庫から出して30分から1時間くらいかな、と。
(そういえば仲間内でコンサートかなんかでどこか行く時、自分がドライバーでpon氏や非双子氏を後ろに乗せたときはかならずシュポン!と瓶を開ける音がして、トクトクトクと注がれるあのギネスの温度はpon氏のことだから一番旨い具合に調整されているんだろう、とバクゼンと思う)

とにかく、この店では完璧な状態でギネスが飲めました。合格です。

雑談しながらギネスを空けて、次は何にしようか、と思案しつつ、ここは敢えてマスターに訊いてみる。
「次、モルト行こうと思うけど、何かいいのない?」
「どういうのがいいですか?」
「ちょっと珍しそうなの。ウーン、何か限定のやつとか、なかなか手に入らないやつとか・・・」
「珍しいやつですか。ここにあるイチローズモルトというのが最近よく注目されてますけど、どうですか?」
「ああ何か噂には聞いていたけど、これ美味しいの?」
「美味しいですけど、ワタシはあまり・・・。ウーン、白州の限定のやつはどうですか?」
「あ、それはもう飲んだ。○津の○ォーシーズンで飲んだけど、美味しかったよ。最近の日本のモルト、めっちゃレベル高いよねえ。」
「あーお客さん、○○さんのところも行かれてるんですね。」
と、ここで、ひとしきりなぜかよそのバーの話や山崎やニッカの最近の動向の話で盛り上がる。
「お客さん、そこまで飲まれているんだったら、珍しいものだと、うーん、と、えーもう無くなった蒸留所のものもありますけど・・」
「もしかしてアイラ?」
「あ、そうです」
「それ、もしかしてポートエレン?」
「そうです、ポートエレンです。よくわかりましたね!これご存じの方、あまりいないんですよ。この店始めて最初ですよ、お客さんのほうからポートエレンの名前を言われたのは・・・」
ということで出してくれた「ポートエレン」。
まあフツウのバーだと、「ポートエレン」を置いているか、置いていないかのレベル。ちょっと気の利いた店なら2,3種類のポートエレンを出してくればかなりレベルは高い、と言えると思う。




で、この店は何種類の「ポートエレン」出したのか?




なんか奥からどんどん出してくる!



えっ、こんなに・・・・。



なっ、



なんと7種類!




PIChgder12T0005.jpg
orz
参りました。



で、これが全てではないそうだ!あと倉庫を探したら、あと3種類はあるはず、とのこと。

ひゃー、レベル高い!
よくもこんな田舎な土地の店にこんなもの置いてあるなーと感心致しました。ホントに参りました。
なんでもマスター自身が「ポートエレン」が好きで、けっこうコレクトしてしまったらしい。
まだ若いマスターなのに、意気がある。

で、結局頂いたのは以下のもの。

PICT25kju0006.jpg
ダグラス レイン(ボトラーズ)のカスクで開封済みのもの。
(さすがに未開封のボトルは開ける勇気がなかった。まだ高いか安いかも不明なんだもん。ポートエレンの相場は確か今1本2マンから4マンくらいと思うのでちょっと恐いでしょ)
ひさしぶりの「ポートエレン」は香りよくかつガツンときて余韻は長く、まあ美味しくないはずはないですな。


相方は以下のもの。
PICT0rsa25007.jpg
初心者向け、といってもワタシは飲んだことがなかった。

PICT054kouyr009.jpg
天井は箱とグラスの羅列。

PICT05sdw008.jpg



そんなこんなで12時を回ったので会計。

1杯だけだったけど、高そうなモルト飲んだので、1マン以上かと覚悟したけど・・・

請求金額見て安心した。


「4800円です。」

「えっ」

二人で、である。こんなに安くていいのか!

(そうか、たぶんチャージとらないのか!)

いやー、いい店である。
また行こっと。

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/193-8bd659a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。