何事も心に迷いが生じたときは「道場」で厳しい鍛錬を積んで性根を鍛え直してもらう、ってのもたまには必要なことだろう。ここまできたら乗りかかったオーディオ道(道ですよ。道!)を究めるぞ、とバカなこと考えながらクルマを走らせる。
見晴らしのいい高原地帯から突然に違和感のある鳥居をくぐり、迷いそうなほどくねくね曲がった道をやっと抜けて、(看板だけが頼り)不安になるようなセメント舗装の急坂な脇道(なんとギアをわざわざローに入れ替えないと登れない程の急な坂である!)を登り切ってやっと「オーディオ道場」に到着する。
ここに来たのは2回目、いや3回目。相変わらず回りは草がボウボウで、朽ち果てたベンツなんかも置いてあるせいか、廃屋に来たのではと一瞬錯覚するようなところである。
(この辺のところは去年のレポートを参照してください)
入っていきなり元剣道場の広大なスペース一杯に置かれたオーディオ機器の山々が来訪者を圧倒する。
前回より若干整理されたような、狭くなったような・・・何でだろう?
着いたときに鳴らしていたのはオリンパスもどき(ホントに”もどき”としか言いようがない)であったが、CD持ちこみで鳴らしてくれたのは以下の大げさなシステム。
CIMG2704.jpg
なんじゃこれ?
最初何が鳴っているのかわからない程の幾多のスピーカーの塊で、どうも売女ボックスのバス便?じゃなかったヴァイタボックスはバスビンをメインにアルテックのダブルウーファー、JBLの4355を同時に鳴らしているような・・・。
アンプはシンプルな球のアンプだけど、意外にまっとうな音なんですな、これが。
ただし一時間前にwooさんところの音聴いているんで、「ねむい」というか「甘い」というかユルく感じる。
それにしてもどのユニットが鳴っているのか?そばで聴いてもわからない。なんでだ!
うーん、この仕掛けを考えるのも修練、理屈抜きに音楽を楽しむのも修練である。
修練。便利のいい言葉。
ちなみにバスビンのホーンの後ろにはどこから持ってきたのか、解体した神社の梁と柱が置かれて工事中であった。どうもこの空間には二階スペースができるようだ。で、これが前回来た時より狭さを感じた理由のようだ。
しずしずと道場主の娘さんらしき人がコーヒーを持ってきてくれた。
彼女は芸術家らしく、そこかしこに彼女のシャガールみたいな幻想的な絵が飾ってある。

ひとわたり積み上げられたブツを見て回った後、ちょっと昔のジャズ喫茶のようなヴィンテージの間に入る。
CIMG2712.jpg
トーレンスのリファにマイクロ、テクニクスSP10、EMT927等々
SPはハーツフィールドにマッキンXRTなんだっけ?オールドタンノイに・・・・きりがない。
CIMG2710.jpg
ここでハーツフィールドを鳴らしてもらう。
ソフトはパウエルの「クレオパトラ・・・」。
これは音質云々じゃなくて、まあ、このスピーカには合うわな。時代も合っているし。

なんか「迷い」吹っ切ってもらおうとこの道場に来たのに、言いようもなく「溜息」が出て、逆に迷いというか雑念は倍増したような気がするのは自分だけか。
ある意味、憧れで高値の花だったオーディオ機器の意外と寂しい末路を見るようで、オーディオ道場というより、オーディオ無縁仏の寺に来たような気がいたします。
障気を払うべく、どっかの坊さんにお経をあげてもらったほうがいいかも、いや、あの坊さんはオーディオ煩悩の塊であった!
なんて、またまたバカなこと考えていたら、wooさんが
「この部屋は何畳くらいかな?」
と聞いてくる。
横にいたO塚さんや非双子さんが「多分、30畳くらいじゃない?」
なんて答えると、「そーか、30畳か。ウーン」と思案顔。
一体どうしたんだろう?
どうしたんですか?と聞くと、「いやー、この雰囲気、この空間、好きなんだわ」と言う。
いくら「好き」にしても、わざわざ具体的な広さを聞いてくるって、何か怪しいことたくらんでいるな?と直感する。
この後、当初の目的地「音○舎」に向かう。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/207-4e755b24