10月の某日、某寺でモノラル試聴会を開催。
SPは寺の住職の所有するアルテック(288、515)を使用し、アナログは入力をCG25でトーレンス124、オルトフォンJS41のMCトランス、ラックスの真空管プリ、マルチアンプでアキュのパワー、デジはなんとフィリップスの2000という豪華さ。本来ならパワーアンプは球のアンプがよさそうだが一応300Bシングルも持ってきていたもののほとんどアキュで通した。寺の本堂なので60畳以上あり天井高だけでも5mはある空間を元々劇場用のSPとはいえモノラルゆえたった一個のSPどんなレベルの音を出すのか、オーディオ好きなら興味が尽きないだろう。特にヴィンテージ好きには堪らない企画だったと思う。2007101316350k00.jpg

200710131634000.jpg

200710131636200.jpg

200710131637000.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/21-0866e58d