最近、オーディオネタばかりで著しくバランスを欠いた状態なんだけど、またまたオーディオネタでございます。(実はもう古いネタなんだけど・・・)
この数週間、毎週会っているような大番頭さんから金曜の夜に突然電話があり、
「今週もみんなの顔見らんと、寂しいやろ?」
「 明日、空いてる?」
「 小倉に行くよ!」
まあ大先輩である大番頭さんの誘いを断れずはずもなく、というか、「エベレスト」とか「新しいアヴァンギャルド」云々の言葉を聞き、そういえば、その手の最新機種は最近聴いてない(というか、この数年ステサン買わないし、立ち読みさえも最近しないので新機種は何があるのかわからない状態)まあ恥ずかしくもこういう公開の場でオーディオについて語ろうとしているんだから、せめて責任として最近の動向くらいは知っておいたほうがいいのではとの思いもあり、参加させていただくことに。
今回の日帰りツアーの参加は4人。
大番頭さん以外は例によってO塚社長と829氏。
829氏のクラウンで小倉に向かったのであるが、頗る快適であった。
いやー、最新のクラウンってのは、直線のみならず、コーナーでも道路の凹凸をほとんど拾わずスーと鮮やかに曲がるんだ、と感心した。こりゃ”快適に”飛ばせるわな。
昼に着いたので、まず最初、とりあえずの腹ごしらえ。
行った先はhanamusi氏ご推薦の”フツウ”の味のラーメン屋”東洋軒”。(なんせ北九はhanamusi氏の地元だし)
CIMG2942.jpg
ちなみにこれは大盛りです。あしからず。

”フツウ”の味といいながら実はけっこう有名店だったようで、客が絶えず入ってきて客層も広くまた従業員も多かった。
まあ、どんな名店でも、まっとうに”あそこは旨い”とか断定的なことは決して言わない、せいぜい”フツウに食べれる”的な発言しかしない、奥ゆかしいhanamusiさんなので、当然この店は”フツウ”に期待できるのであろう。
実際に、バランス良く、”フツウ”に大変美味しかったです。(あーなんか変な表現である)
看板にある久留米ラーメンののれんがなぜか面白かった。こんな名店なら久留米と言わず、小倉ラーメンでも名乗ってよさそうなもんだけど。そういえばとんこつなのに麺はけっこう太めで、そういう意味ではたしかに久留米系ではあった。

前置きが長くなった。オーディオフェアである。
元は福岡市でやってたらしいが、不況で持ちきれずここの地元のショップに支えられて開催にこぎつけているらしい。
駅裏のビルの何階かを借り切って開催している。
いろんなメーカーが集うメインブースとは別に、試聴室は全部で4室あり、ミドル系のハイエンド、無制限ハイエンド、リン系、映像系の4室であった。
CIMG2946.jpg
まずは目的のエベレストを聴きたいと思っていたけど、このブースではJBLの新機種プロジェクトK2S9900が鳴っていた。なんでも午前中はずっとエベレストだったらしい。
9900の印象・・・音が引っ込んでいて大人しい。端正な音。ホーンスピーカなのに音が奥に広がる。829氏の9800とはちょっと印象が違う。アンプは300マンや400マンの強力なクラスだったし頻繁に交換したのでアンプのせいでもないみたい。JBLの高級なやつってこういう傾向なん?ってちょっと疑問に思った。前に音が飛んで出る昔のJBLは今いずこ。
B&Wの限定のやつ(diamondのWAMAME?)・・・B&Wって個人的にはあまり好きではない(あのどよんとした低音が生理的に受け付けない)のであるが、これはまあ良かった。
FOCAL・・・昔のutopiaらしいが、これはけっこう聴けた。
アヴァンギャルド・・・どっかの爺ちゃんの希望でマッキンのC22で鳴らしたんあだけど、役不足であった。総じてこの日聴いたスピーカーの中では好きな音の方。
CIMG2958.jpg
手前がFOCAL。奥がアヴァンギャルド。その奥は気持ちの悪いB&W800D。

エベレストDD66000・・・最後になって聴いたけど、多分能力の3割も出てなかったような。でも、400マンのプリ、550マンのパワー、400マンのCDプレーヤーでメーカのプロが組んで上手く鳴らないなんて、一体なんんなんだろう。なんかO塚システムのほうが迫力あったもんなあ。
CIMG2952.jpg
ぶれまくりの写真。右のマークレビンソンでは役不足であった。

結果として言うと、東北ツアー等で耳が肥えてしまったのか、これは凄い!というような機種がほとんど見あたらなかった。ハイエンド機種よりもむしろ試聴ソフト、販売用ソフトのほうに興味があったような。
なんか情けない結論。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/225-6d6ed37b