上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近ほとんどブログが更新されていないじゃないかと複数から指摘があった。
もともと生来の怠惰な性格だし思ったことはなかなか実行しない「よだきがり屋」のためついつい楽な方へ流されたってことはある。変にむずかしく考えすぎて、考えていたことをなかなか実行に移さないのは県民性ってのもあるか。(県民性のせいするかい!)
一時期は少ないネタを探して考えすぎたってのもあるんだけど、いつのまにかそれでもネタはいろいろ蓄積されてこれを今後どう消化しようか悩んでいるうちにまた時間がどんどん過ぎて更新するのが億劫になっていたってのもある。ここまで書いてて自分でもなにがなんだかよくわからん。まぁ過去は問うまい。(自分には甘い!)
で、今回のテーマ、「デジタル環境」。いままで拙文を書いてきて文章表現がまずいってのは自分でもよく自覚しているつもりでどんな批判も受けるつもりはあるが、写真に関しては非常に不満があった。なにせ手ぶれしまくりの安易な携帯カメラ画像なんだから被写体の質感が全く表現できていない。それでも当初は敢えて解像度の悪い画像でひっそりと自分だけの記録日記としてとりあえず書いてればいいんじゃねと思いこんでいたが他の高精細の写真ブログなんか見てしまうと・・。趣味の内の何割かは映像(その内7割位が写真)に拘っている人間としてどっかの知事みたく「どげんかせんといかん」とずーと思っていた。で、やっと11月に700万画素の最新?いや型落ちコンパクトデジカメを1マン8千円で購入し体勢を整えていった次第。こういうことは重なるもので11月に父親と娘と自分の3人で国東まで親子三代の日帰り紅葉写真ドライブに行ったおりに父親の持っていたキャノンのデジ一(デジタル一眼レフ)を触っているうちにふつふつと写真カメラマイブームが沸いていくのを感じて(今までこの症状はほぼ10年に一回程度訪れた。10代の最初の症状の時コンタックスを買い30代の前回はニコン一眼3台中判カメラ1台クラカメ4台以上と最大の発作が発症。現在も後遺症に悩む・・・。この辺はいづれ書く予定)偶々仲間内の飲み会でそんな話しになったら重鎮の大番頭さんより「ニコンのD200誰かいらん?」の問いかけに直ぐに飛びついて相場より大幅に安く手にいれてしまった。来たのはまだストラップも通していない準新品状態のニコン。大番頭さんにはすごく感謝します。ありがとう。とりあえず2008年はこれだけでも時間がつぶせそう。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/23-15153211
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。