2010.01.31 たまには温泉
”オーディオネタから逃避している!”と言われつつ、あえてまた”逃避”しようとして、以下のネタ。

「温泉」の話。
まあ寒い時期なんで、体の芯から暖まる”温泉”にはどうしてもこの時期は恋しくなり、話題にもしたくなる。

我が県は全国の源泉の五分の一が集中する”日本一の温泉県”らしいので、冬、あまり行き場がなくて時間を持て余したら即”温泉”ということになる事が多い。
結局、今月は都合6回温泉に入ったように思うが、回数としてこれが多いのか、少ないのか。
温泉というと隣の市が有名だけど、今住んでいる市も、源泉数9位、温泉湧出量としては全国で12、3番目らしい。温泉情緒は一切無いけれども、意外と穴場的に温泉に入れる。
ちなみに我が県のB温泉はは源泉数、湧出量とも1位で、Y温泉は2位でランクインしている。
自宅近くを数えてみれば、半径1キロ以内に1カ所、2キロ以内に3カ所、3キロ以内には5、6カ所はあろうか?
定番的によく行く温泉は朝の9時までほぼオールナイトにいつでも入れて、サウナも4つあり、値段も350円と安く、健康診断の時期には何度も通ったもんである。(サウナに一回入ると、夏だと約1.5キロから2キロ体重を減らすことが出来たのである。)
今回紹介するのは今月行った炭酸水素泉の温泉。

CIMG3206.jpg
○たみ温泉、”ほ○いの湯”!
ここは、この辺をドライブしたときによく寄る温泉である。
サウナや露天、家族風呂もあり、この辺の温泉としてはアメニティが揃っているってこともあるけど、寄ることの多い一番の理由は泉質にある。
CIMG3205.jpg
厳密に言ってここが炭酸泉になるのかどうかよくわからないところがあるが、湯に浸かって5分もすると体を泡が包み手で触るとシュワシュワとなるところから、炭酸泉だと思っている。
炭酸泉でいうと、長○温泉や七里○温泉の方がよりレベルが高いのでしょうが、土類系で独特の泥っぽさもあり、入浴後に粉っぽさを感じるので、よりサッパリとした”ほ○いの湯”の方に行くことが多い。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/234-f5ed6ab6