去年、混浴温泉世界で現代アートフェスを行ったBEPPU PROJECT。
今年は少し規模を落としてのアートとダンスのフェスとして開催。(残念ながら3月22日迄)
去年に引き続き「そ」がボランティアで参加したので見に行く。

まず街をウロウロしていたら、目にとびこんできたのがピンク映画の映画館。
今となってはこれも絶滅危惧種のような・・・・。
DSC_0059_8.jpg


その後行ったのが、
DSC_0061_8.jpg
つぶれてしまった某劇場。
なにやら怪しいこの雰囲気は・・・。

DSC_0063_8.jpg
下娘の「ぼ」がのぞき込む竹でできたアート作品。
その下のハートマークの後の「只今の出演者」の但し書き。
ウン、妖しい。
入ってみると何やら見たことのある空間。
DSC_0065_8.jpg
ここまでくれば男性諸氏は気付くはず。

そう、ここは元ストリップ劇場!
この丸い舞台の上でいったいどのくらいの踊り子があられもない姿を晒したのでしょう。
まさに”男どもの夢の後”のちょっと異様な佇まいでございます。

まあピンク映画館に引き続き元ストリップ劇場の中を中学生の娘といっしょに探索するというのもちょっと変な感じなんだけど、こういう方面に鈍感な下娘ならたぶんここが何するところだったかわかるまい、アートのためなら仕方無い(笑)、と腹をくくって場内を回る。

DSC_0066_8.jpg
舞台のすぐ裏には風呂(当然、温泉。ピンぼけ写真で失礼)があって面白い。世の中広しといえども温泉付きのストリップ劇場ってここならではだったのではと漠然と考える。
疲れた踊り子が、多分踊る前と踊った後に温泉で汗を流したのだと思うとちょっと感慨深い。

細い階段を上って行くと映写室(たぶん現役時は照明室がある。
DSC_0074_8.jpg

DSC_0072_8.jpg
アートと言っても、この場所自体の醸すオーラがあまりにも強力なため、これに対抗できるような相当に個性的”表現”方法を取らないとちょっとアートの方が負けているような気がしたのは自分だけなのか。

この後、昼食をとり、ストリートダンスの現場へ。
DSC_0080_8.jpg
さっそく”跳んで”いました。
DSC_0083_7.jpg

DSC_0091_6.jpg
終わった後の汗まみれの筋肉が印象的でした。

この後、アートの展示をしているプラットフォームへ。

以下、そこでの写真。
DSC_0099_4.jpg

DSC_0101_4.jpg

DSC_0102_4.jpg

DSC_0104_4.jpg

まあ総じて言うと、現代アートというものは難しく考えるとホントに”難しいもの”になるけれど、軽いノリで、単純に最初の印象で面白い、面白くないを判断した方が取っつきやすく楽しめるということだけはわかりました。
写真的には面白い素材ばかりとは思いました。
DSC_0106_4.jpg
終わり。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/240-347ed76c