上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーディオフェアに行った話。
某日、前回と同じく829氏の運転でオーディオフェアに行く。
参加は4人。
まず、
CIMG3434.jpg
右はアヴァンギャルドの新型デュオ。ツィーター部がウーファーボックスにビルトインされて、デザイン的には?であったけれど、出てくる音はより洗練されたものになったような気がする。(たぶん、であって確証はない!)
左はレイオーディオもどきのバーティカルツインのGTサウンド。”もどき”のバチもんかと思っていたら、ドライバーやウーファーユニットはまったく別物の強力版なのね。ユニットのスケルトンモデル置いてあったけど、マグネットの大きさや剛性はハンパなかったもの。値段もハンパないけど・・・。
CIMG3441.jpg
ここがビルトインされたとこね。ちなみに足周りも改良されているみたい。今までの支柱だけに支えられたものから専用マウントの上に載せるやり方に変更された。これの効果は大きいみたいです。
CIMG3443.jpg
B&Wの音は、(オーナーには失礼だけど)個人的に、どうしても”生理的に”受け付けられない。このときも正直、聴いていて気持ちが悪くなった。ドロンとした低音がちょっと立ちくらみをしたときみたいな嫌な錯覚を起こす。
この件についてはいつかネタとして語るつもり。

CIMG3445.jpg
JBLのコーナーは、今回フラッグシップ「エベレスト」が来なくてちょっと寂しい布陣。音は元気があって良かったけど・・・。

CIMG3429.jpg
今回のフェアで頭抜けて素晴らしかったのはこれ!
CIMG3432.jpg
ウイルソンの超弩級モデル。小さく見えるけど実際はデカイ。1m50以上はある。これが鳴った瞬間、共に低音オタクであるO塚さんと「この低音!なんなんだ!」と思わず顔を見合わせましたもん。
値段も超弩級の900マン!
CIMG3447.jpg
トーレンスの新型プレーヤー。光りものが多くてちょっと趣味が悪い。たぶんこういう見てくれに走ったものは音はたぶんダメだろう、と予想する。(実際はどうなのかは知らない)
CIMG3451.jpg
この方は「ジャズ批評」の女性オーナー松坂さん。今まで日本のジャズ界を牽引してきた方。今まで何人のジャズメンとあったことでしょう。今回「ジャズ批評」誌の推薦CDのコンサートの催しもあり講演された。ちなみに娘さんは美人でした。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/243-6a49108f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。