上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.21 鍾乳洞に行く
ここ最近、あまりにも書いていないので、軽ーい話から。

ある休みの日、あいにくの雨。
「そ」娘にいきなり言われた。
「ねえ、鍾乳洞に行こ?」
「はあ?鍾乳洞?いきなり何?なんだそれ?」
「ワタシ、鍾乳洞、好きなんよー!夏涼しいし!」
「何だ?オマエ今まで何度か連れて行ったとき、そんなこと言ってなかったじゃん。」
「いや前から好きだったしー。○○ちゃん(下娘「ぼう子」のこと)も鍾乳洞好きだしー。」
結局、オマエは廃墟といい鍾乳洞といい、「闇」を感じるところが好きなんだろ!と内心思いつつ、
「わかった。行きゃいいんでしょ」
とクルマを出す。
向かった先は、
DSC_0233.jpg
風○鍾乳洞!
あいにく凄い雨なんだけど、大丈夫なん?と思いつつ入り口に。
なんか危ない雰囲気。ヒト気ないし。
DSC_0236.jpg
入って行くと
いきなり空気がヒンヤリ。
200メートルも坑道みたいなとこ進むと
途中、コウモリも出たりして、
いきなり、

「おお、鍾乳石!」

DSC_0244.jpg
こんなんとか、
DSC_0266.jpg
こんなの。
DSC_0265.jpg
たぶん「そ」は、この「深淵」というか、地の底にどこまでも繋がっている感じが好きなんだろう、と思う。
変な奴だ。

約1時間あまりで出ると、そそくさに「そ」は入り口にあった土産物屋に足を向ける。
なぜか?
この鄙びた雰囲気が、「そ」娘にある直感をもたらしたのであった。

DSC_0274.jpg
その予感は的中!
壁を見るとあるではないか。例のモノが!
そう、
「三角ペナント!」
歓喜の声をあげる「そ」。
そう、奴は三角ペナントコレクターでもあったのだ。

下娘の「ぼう子」も
店の脇のこの一角を見て喜ぶ。
DSC_0276.jpg
どうも奴は石コレクターらしい。
なんか石コレクターというと「つげ義春」のマンガを思い出したり、映画で使われた「つげの世界」とはちょっと遠い「ゴンチチ」の映画主題歌を思い出したり、ワタシもちょっと変であった。
廃墟といい、鍾乳洞といい、石といい、ウチの家族は・・・。ウーン。

それにしてもこの店は凄い。今だに昭和テイスト溢れる「和」の置物売ってたり、妖しい人形があったり。

この後、海側を回って家に戻りました。
途中、
DSC_0278.jpg
DSC_0285.jpg
こういう景色があると思わず止まって写真を撮ってしまう「そ」とワタシ。
ヘンな習性の親子でございました。
                                          以上
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/251-14f75614
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。