上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.23 10月の遠出1
最近、疲れることが多くて、ちょっと目を離したらスキにあっという間に前回記事から10日も経ってしまった。
いけない、いけない。
とりあえず先月と同じようなネタ・・・また家族ネタでと怒られそうだけど・・・でやり過ごします。

某日、下娘らからまた「ドライブにつれていけ!」とせっつかれる。
「できたらまた牛を見に行くのがイイ!」
また牛?
どうも先月から牧場で牛と触れあうのがマイブームになっている様子の下娘。
まあ、例によって行き当たりばったりでクルマを出す。

お昼時でまず腹ごしらえということで、最初に行ったのが、某「道の駅」。
今年の4月に潰れそうなドライブインを改装して開店した「道の駅」といえば地元県出身なら誰でもすぐにわかる。
ここのウリがレストランのテナントに地元の老舗食堂を持ってきたということ。
その食堂というのが「カラアゲ」の有名店であった。
で、食べたのは、
CIMG3561.jpg
ではなくて、(ごめん。これ今年の5月にこの食堂の本店に行ったときの「カラアゲ定食」の写真であった。)

CIMG3743.jpg

「トリ天定食」の方。(味噌汁は鶏肉が入っている。)
トリ天といいながら、酢醤油もカラシもなくて、味がもう染みこんでいる。
イメージとしてはこっちの方が限りなく唐揚げに近い、というか、カラアゲ定食の方が鶏のモモ一本ってのも、なんかちょっと違うなーという感じ。
まあ県南ではこういうスタイルなんでしょう。
で、連れ合いと子供達は、
CIMG3742.jpg
カラアゲカレーじゃなくて、とり天カレー。
まあこれもフツウならば唐揚げカレー(ホカ弁屋のメニューにもあるくらいだからたぶん定番?)なんだろうけど、ここでは”とり天”のカレーになっているという・・・・。ポン酢をつけて食べる方式のトリ天では絶対あり得ない組合わせ。
まあどっちにしても、この”とり天”は肉の塊が非常に大きくて、とてもじゃないけど一口で食べれない大きさで、このワタシが5,6個も食べれば充分というボリュームでありました。
欲張って8個付きの、確か大盛りの840円のS定食を頼みましたが、通常の4個入りや中間のの6個入りでも充分のような気が致します。
カレーの方は、通常のカレーが580円でありながら、このとり天カレーはとり天が4個も付きながらが630円という(なんと、とり天一個13円!?)不可解な安さ!でした。
まあ、さすがに有名店であるだけに相当に美味しかったです、というか値段考えたら大満足でした。

この後、涼み(決して暑かったわけではないんだけど)に渓谷に行く。

DSC_0055_11.jpg


駐車場から茶屋を抜けて、結構距離を歩いたところに、段々と水の流れ落ちる音が聞こえ始める。

DSC_0061_10.jpg
行き着いたところにある滝。

DSC_0062_10.jpg


DSC_0069_10.jpg

この滝ってのが、全部岩から染み出た”わき水”でできた滝なんだそうである。
当然、「名水」ってことになる。

DSC_0076_10.jpg
茶屋ではソーメン流しや田楽が食べられる。

実は、今回の遠出の目的は、”牛”ではなくて、次ぎに向かったところ。
この「滝」の直ぐ近くにある。



DSC_0080_10.jpg
”円形分水”である。

DSC_0079_10.jpg

DSC_0078_10.jpg
まあ、某焼酎のCMで使われたりして、けっこう有名ではある。

DSC_0086_9.jpg
おっと、長くなりすぎなので、ここで止めます。

終わり
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/261-0e6b9dff
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。