上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その2だけど、非常に長いです。

「鰻」食った後、鹿屋を通って、目的地を目指す。
今回の旅行の目的地は二つあって、その最初の地はここから直ぐ近くにあるはずが、なぜかなかなか行き着かない。
ちなみに目的地は「キホクテンキュウカン」というところなんだが、鹿屋の隣の町ということで志布志経由で鹿屋まできたものの、なぜか錦江湾側に出て桜島を見て北上することに。
「ココ、垂水じゃない?」と「そ」に聞くも「うん、そうみたい」としか返ってこない。
そういえばヤツは携帯ソフトの「コロボル?」とかいうのをやっていて、携帯のGPS機能を使っ日本全国のの自分が訪れた地をどんどん登録してポイントをゲットするというゲームに参加していたのを思い出した。
どうも「キホクテンキュウカン」に行くには霧島側から行く方が宮崎から高速も走っているので圧倒的に近かったようであるが、宮崎の日南から大隅半島周辺までのポイントを一気にゲットするために敢えてこのコースを選んだフシがある。
まあ知らないところをドライブするというのが今回の目的でもあるので、それはそれでいいんだけど、やたらと狭い山道ばかり通っているような。

で、やっと着いたのが三時過ぎだったと思う。あいにくすごい霧の天気、というかほぼ山の頂上なので霧が出ていたのかも。

DSC_0118_6.jpg
こういうところなんだけど、

正式名は、

DSC_0115_7.jpg
要するに天文台でございます。
なんでここまで来たかと言いますと、この建物が非常に面白いからでございまして、まるでハウルの動く城か、宇宙船というイメージ?
以下、写真上げておきます。

DSC_0112_7.jpg

DSC_0096_10.jpg

DSC_0102_9.jpg

DSC_0103_9.jpg

DSC_0111_7.jpg

DSC_0100_9.jpg


最後にまっとうな全体像。

DSC_0094_10.jpg
なんとなく「変」な建物であることは充分理解できたかと。

周辺も上げておこう。

DSC_0119_6.jpg
霧も深いし、風速15m以上はあろうかという凄い風の中での撮影でした。

この後、道なき道(ほんとにトンデモな道であった。過去3ヶ月誰も踏み入れていないような道といえばわかるかと・・・)を通って、なんとか海岸までたどり着き、(着いたところはたぶん焼酎の森伊蔵の蔵元近くだと思う。)鹿児島らしい風景にひたる。
IMG_0621.jpg

ここから見ると桜島の火口から噴煙が出ているのがよくわかる。
IMG_0620.jpg
そういえば、007シリーズの日本を舞台にしたやつ、「二度死ぬ」だっけ?(トヨタ2000GTのオープンが出ていた映画ね)ではあの火口はダミーで実はその下には敵の秘密基地があると言う設定だったと思うけど、その想像力というか奇抜さには驚かされます。
ちなみにココは道の駅なんだけど、足湯があったり、未知の食べ物があったり、見ているだけ楽しい。
(食ってませんから、念のため)
IMG_0622.jpg

この後、桜島フェリーに乗り、
IMG_0633.jpg

IMG_0638.jpg
鹿児島市内に突入。(というか、桜島って鹿児島市内なのね)
ホテルにチェックインし、街に繰り出す。
鹿児島一の繁華街である天文館。

IMG_0655.jpg
まずは老舗百貨店の「山形屋」に行き、地下の食品コーナーで地元の土産物を物色。
豚味噌缶を購入。(詳細はponブログで・・)
街の雰囲気を楽しむ。

面白い物はないかと探すと、発見!
ドリルビル。
IMG_0656.jpg
「そ」はいつものように「猫」に夢中。
IMG_0652.jpg
ヤツは普段より一日に何匹の猫に会うかを数えたりして遊んでいる。鉄輪あたりの温泉町を散策すると異常に多くて面白いらしい。

この後、夕食をとる。
行ったのは事前のリサーチ(職場に鹿児島出身の子がいて、鹿児島で一番人気の店を聞いておいた単純なもの)で
「ワカナ」という店を探す。iフォンがあったので「ワカナ」が「吾愛人」ということはわかったけれど、普通読めないと思う。
まあ店の入口で有名人のサインがやたらと多いのと、店内が凄い賑わいでフツウは予約でないと入れそうにない雰囲気で地元では有名な名店だということだけは解った。まあ今回は二人だったのでなんとかカウンター席に潜り込めたのは良かったです。
食べたのは郷土料理の店なんで、最初は
IMG_0658.jpg
キビナゴの刺身、
その後鰹のタタキ、
サツマ鶏のなんたら、
豚の角煮に
メインは
IMG_0660.jpg
黒豚のしゃぶしゃぶ。

どれもハズレなしで非常に美味しかったです。
鹿児島の食材の豊かさを感じさせたし、味付けが絶妙でレベルの高さを感じました。
人気店なのも頷ける。
IMG_0662.jpg

本来ならこの後バーでも行って「そ」に初めてまっとうなカクテルでも飲ませてやろうかと思っていたものの、睡眠時間3時間のままほとんど高速を使わない道無き道の悪路もさんざん通っての約500キロも運転した身としては、アルコールが入って以降は急速に睡魔に襲われ、結局ホテルに帰って寝るだけでした。

その2の終わり。ふー。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/292-16dc9dcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。