「30以上の男のやるブログなんて、所詮、仕事で自己実現できない鬱憤を晴らしているだけで、せいぜい酒か音楽かグルメか、バイク? オタクなネタをオタクが舐めあって面白がっているだけじゃん!」というような主旨のことを上娘の「そ」に言われたんだけど、成る程、言い得て妙と少し感心しつつも、すこしグサっと来た。
まあ気にはしないけれど。
その時ついでに、このワタシのブログは文章が異常に長杉ってのもさんざん言われたんだけど、奴が評して曰く、「訳解らない理屈こねてそれをこだわりに見せてるだけじゃん。読むのがメンドクサイ!というか、あーまた始まったと思ったらワタシもうそこで読むの止める!」と完全にバッサリ、ほとんど討ち死にという言われ方でした。ハア。
まあそれでも気にしないけど。

これからは雑音を気にせず、やりたいことをやるだけです。
と言いつつも、まあできるだけシンプルに行きたいと思います。

とりあえず、最近行ったところ、食ったモノの写真を上げます。

IMG_1212.jpg

まずは冬の滝。

IMG_1201.jpg

よく見ると凍っていまして、

IMG_1211.jpg

こんな感じ。
ちなみにこの編集をしながら井上陽水を聴いておりました。聴いていたのは・・・わかるヒトにはわかる?


次ぎ行きます。

毎年恒例のこの時期に行くところは、某飯塚の病院。
そうです、去年のネタで上げました花粉症の針治療の医院。
凄い混雑で100人以上は待っている状況でしてありましたが、治療が終わったのがちょうどお昼時だったので、地元一押しのご当地B級グルメを食す。

IMG_1217.jpg

その名も、ホルモン丼!
旨かったです。
これで600円は安い!

その後向かったのが、前回は大涅槃仏だったけれど、今回は・・・。

どうも最近、上娘の「そ」の嗜好が変わり、廃墟よりも珍寺(ちんでら)に行きたがることが多くなった。
理由としては、ここ最近「廃墟」が地域興しやらで観光地化することが多く、必然的に小ギレイで整理されたところが多くなって、昔の人知れず滅び朽ち果てていく感、ヒトを寄せ付けない感が希薄になってきたってことがあるらしい。
それじゃ、何で「珍寺」なんだ?という問いにはまだ明確な答えは見つかっていないようだけれど、宗教的なものの中に神聖なものとまがい物っぽさが混じり合う感じが妙に心惹かれるらしい。(まあ近くにアルテックのドライバーや棺桶みたいなスピーカーが転がっている珍寺があるけれど・・・)

で、今回行ったところ。
ここです。

IMG_1220.jpg

観音様。
あっ、これ撮ったのはキヤノンのカメラだ。(どうでもいいけど)

この観音像、62mあるらしいです。(以下はニコンのカメラ)

DSC_0014_18.jpg
ここの名前。

DSC_0023_16.jpg
抱いている赤ちゃんの大きさだけで13mあるそうな。

DSC_0028_15.jpg
迫力!です。
ちなみに中に入れます。10階位の階段を登るんだけど、疲れました。最上階に行っても何も無いし。在るのは祭壇と極小さな下界が見えるのぞき窓だけ。首のところにあるのがソレ。

DSC_0029_15.jpg
隣に仏舎利塔があります。この仏舎利塔はインドの現地様式らしいです。お釈迦様のどこの骨があるんでしょ。

DSC_0031_15.jpg
この下に地獄館みたいなのがあって、そこはけっこうリアルで面白かったです。

それにしても、ちょっとあり得ないような観音様でした。夜になると目が光って、中に宇宙人が・・・みたいな確かウルトラセブンでそういう話があったと思うけれど・・・そういう想像力がかき立てられる観音様でした。

終わり。





Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/302-dcf5760e