酒と食い物に異常に執着のある「町内会」においては、毎年企画の壇上に上がるグルメツアーがありまして、
去年はその中のひとつである「広島お好み焼きツアー」は無事実現の運びとなりました。
(この辺の経過は過去ネタ参照のこと)

もうひとつ、かねてより叫ばれているツアーがありまして、これはすなわち「ふぐツアー」であります。

まあ「フグ」となると、その膨らんだ腹の形状のせいなのか、毒を含んでいる危なかっしい口癖のせいなのか、ワタシがツアーの幹事になることはなんとなく暗黙の了解になっているように思う。
( ホントは半径500m以内にフグ料理専門店が10件はあるという希有な場所に今の勤務先があるというのが一番の理由だろうとは思うけれど・・・)

今年こそは実現するぞ!と忘年会時にみんなで意志統一し、具体的な日取りや交通手段まで決めて、いつもよりはかなりリアルに予約寸前にまでいったけれど、今回も突然流れてしまった。
流れた理由で一番大きかったのはワタシのこの一言だったような。
すなわち「フグが一番美味しいのは大寒の時期、すなわち1月20日過ぎから節分くらいまでの時期らしい」
(要するに、一番美味しい時期をはずしたくない町内会メンバーの執念、というか、単にこの時期に各人のスケジュールが合わなかったってことなんだけど・・・。)

で、変わりに行ってきました。
どの店にするかで町内会で議論がありましたが、今回は某8Z9氏一押しの某店へ。


IMG_1228.jpg

例によってヒレ酒なんだけれど、別の某店ではフグ丸ごと一匹一升酒のヒレ酒を何回か経験しているのでインパクトはあまり無い。
ただし、使われている酒は尖った味がしなくてなかなか良かった。

メインのフグ刺しなんだれど、



IMG_1224.jpg


これ4人分なんだけれど、ちょっと少なくね?
スプーンに乗っているのが例のものなんだけれど、こんな盛り方するの初めて。
これ「禿げ」じゃねえ?と勘ぐってしまった。

唐揚げは身も多くて美味しかったし、

IMG_1229.jpg


この「しらこざけ」もまあまあ良かった。(下の方に沈殿してる。)


この店の売りである、

IMG_1230.jpg


これも(ちなみに我が県独自のもののネタである。)そんなメチャ美味しいという代物ではないが珍しいのでそこそこ。
その分フグちりの雑炊が半分に省略されたのは残念。
結論的には、ごはんネタは二つはムリということか。

この店、じつは2回目で、以前来たのはもう十数年前なんだけれど、昔はもっと美味しかったような。
一品一品はけっして不味くはないと思うけど、全体的に少し繊細さというか上品さに欠ける気がする。
まあ値段も比較的安いほうなので、気軽にフグを味わえる店ではあるのは間違いないんだけど、舌の肥えた連中の集まりである「町内会」を満足させるにはちょっと役不足と思われる。
というか、ビールがアサヒという時点で例え鷹来屋を置いていてもダメ出しされるのは間違いない。

ここは候補からはずします。ハイ


終わり



Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/306-5c9e9952