上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうちょっと古いネタなんだけど、今年の夏のことなんでとりあえず日記がわりに上げときます。

某日、暑い日だったので涼しいところにドライブに行く。
涼しいとことと言えば、うーん、久しぶりに渓谷に行くことにする。

IMG_1509.jpg
ここは地表より3度以上は涼しい。というか、周りに滝がいっぱいあるのでマイナスイオンのほうが大きいのかな。

IMG_1537.jpg
でも、ここに出入りするのに相当階段の上り下りがあるので元の木阿弥。
地表に出たときには汗タラタラ、域はゼェゼェ。
なんだかなあ。

その後、近くの珍寺に行く。
(もちろん「そ」の趣味である。)

IMG_1553.jpg

IMG_1559.jpg

黄金の観音像。
今年はどうも巨大立像に縁のある年である。
この像も10m以上ある。

そういえば、ココとは違うところでちょっと前にこういうところにも行ったなあ。


IMG_1460.jpg
鬼子母神像。
ご尊顔はちょっとユーモラスです。
足元はこうなっている。

IMG_1463.jpg

ん?ちょっとわかりにくい?

IMG_1465.jpg
アップすると、こんな感じ。


元に戻って、黄金の観音像の本堂はこんな感じ。

IMG_1562.jpg

なぜか瓦も壁も真っ白。
危なそうな雰囲気だけど、ご自由に参拝くださいとのこと。
今度ここの奥には美術館ができるらしい。世界の名画が展覧されるらしいのでもう一度行ってみたいです。

その後、疲れたので温泉に行く。
実は、今回のドライブの目的はそもそも同行の「そ」がもうすぐ廃業するらしいという温泉に最後に行っておきたいということから始まったのであった。

廃業するくらいだからかなり草臥れている。
IMG_1583.jpg

脱衣場なんてこんな感じ。
IMG_1574.jpg
廊下があるだけで無いに等しい。女風呂の通路から短い暖簾だけ。
受付のおじさん、おばさんのいる居間からはテレビ越しに丸見えの状態。
IMG_1575.jpg

勇気を振り絞り服を脱ぐぎ、ドアを開けると、

IMG_1576.jpg
コンクリート打ちっ放しの湯船が現れる。

IMG_1568.jpg
湯船自体は狭く、深い。
で、湯温が異常に高い。
今回は比較的ぬるめの温度であった。それでもたぶん45度くらいだろうけど、前回来た時は48度もあった。
48度あると、さすがに熱すぎてて誰も1分以上浸かれなかったもんなあ。

IMG_1571.jpg
天井の作りなんてワイルドそのもの。そのまま廃墟に迷い込んだみたい。
ここ、昔は奥に泥湯の温泉もあったらしいけど、そこはとっくに使用中止になっている。

この朽ち果てそうな廃墟のような建物で、なおかつ入れないくらい熱い湯温の温泉なんだけど、なんでここの温泉にわざわざ来たかと言うと、実はここの温泉の泉質ってのが自分が知る限り「最高」のものの一つだからです。
すなわち、ここの湯は独特のとろみがあって、ほのかに石けん水のような香りがして、ちょっと他では味わえないものなんだよねえ。上がった後は肌がツルツルになります。
日本一の温泉都市ゆえ、「八十八湯温泉巡り」を達成したら温泉名人の認定がされるんだけど、挑戦者の中にはここの温泉に浸かってしまった結果、温泉名人のチャレンジを途中で止めてしまうヒトも結構いたらしい、という噂も何となく理解できるような。

それにしてももったいないに尽きる。
IMG_1578.jpg

お気に入りの温泉がまたひとつ廃業してしまいました。
源泉が枯れた訳ではないので、ぜひ復活してもらいたいです。

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/329-d5aa581f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。