2013.04.07 ゴホッ!
ゴホッ。




ゴホッ。






ゴホッ、ゴホッ。




咳が止まりません。


先月のインフルエンザ以降、ずーと咳が止まりません!

さすがに周りで「ちょっと、おかしくね?」

「病院、呼吸器系の専門医にみてもらったほうがいいんじゃね?」

との声が増えたので、先日意を決して勤務先に半休を頂き、呼吸器の病院に行ってきました。

そこでは、簡単な問診、診察の後、最初に肺活量を測り、その後息を吸った後に瞬間的に息を出し切る検査をなんと3回も計測。
なんせ、咳が苦しいがゆえに病院に行っているというのに、途中で息が漏れただの、途中で咳をしたから数値がおかしいだのでなんと計測を3回もやらされた次第。、いやー苦しかったです。
で、その結果は、


   ・

   ・

   ・

なんと、

   ・  
  
   ・
   

   ・

わたしは、


「喘息」(ぜんそく)


なんだそうです!

アリャリャ・・・・



で、今、こういう吸入機で朝夕に薬を吸入しています。


IMG_1933.jpg

まあ、原因についてはインフル後に気管支炎を併発して、気管が腫れて気道が狭くなっているのが直接的な原因と思われ。
そういえば2月の終わり位からかの国からPM2.5が飛び始めたってことも少しあるかもしれない。(最近、回りに咳が長く続くヒト多い気がしない?)
また、成人の喘息の原因はアレルギーまたはストレスから発症するということもあるらしいんだけど、15年以上の花粉症持ちでもあるし、ここ数年はやたらストレスの多い職場に居るってことで自分の場合この両方の条件にモロに該当してしまう。
一方で笑われるような話になるけど最近の運動不足でいよいよ気管にも贅肉がついて気道が狭くなった可能性もあるような。
それというのもジムに行く回数のガクっと減った去年の秋くらいからなぜか寝始める時の呼吸がピーピー笛吹いているみたいな状態(鼻をつまんでもピーピー言うんだよねえ)なりだしたってのもある。


どちらにしても、「喘息」を引き起こしやすい体質(要するに気道が狭い状態)になったのは間違いないので、体調が戻り次第ジムに行く回数を増やしてなるべく「喘息」を引き起こさないような体調にしないといけないようです。


追記

喘息と言われて薬を処方されたときに最初に聞いたのが「アルコールは飲んでもいいんですよね?」でありました。

答えは
「絶対に控えるべきです!」

残念!

こりゃ早く治さねば!
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/341-9cf83e15