上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うーん、あっという間に1ヵ月経ってしまった。
年間36回の記事を書くと宣言しながらスポンサーサイトに既に2回も移行してしまった。
6月末で丁度1年の半分ということで、回数からすると18回の記事を書かなければいけなかったにもかかわらず、今年はまだ8回しか書いていない。
というこであと10回書かないと追いつかないじゃないかということでこれからちょっとペースを上げて頑張ろうと思います。

で、まずは表題。
ひさしぶりに音楽ネタです。
これです。

IMG_2752.jpg

そうシルヴィ・バルタン!
なぜ今更シルヴィ・バルタンか?
きっかけはYOUTUBEで動画のシルヴィを見たからです。
見たのは60年代ロックの名曲動画を追いかけていて(確かフレンチ・ギャルフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」の後だったような・・)60年代初期のモノクロ動画の「アイドルを探せ」だったんだけど、いやーこれイイですなあ!
見ていてすぐにレコードが欲しくなりました。
やはりこういうものは動くものでみないと真実はわからない!


今や日本の音楽シーンはAKB等のアイドルグループ主体になってしまっているけど、元々はポピュラーミュジック分野でいわゆるアイドルという路線を確立したのはシルヴィだったのでは確信しました。
雰囲気はちょっとアイドル全盛期の小泉今日子風で(もちろんシルヴィが先駆者だけど)少女っぽさ中に少し大人の色気が同居しているというか、夢見るような表情がまさにアイドルの王道という感じ。
これに較べて前述のフレンチ・ギャルフランス・ギャルは少女っぽさのみで奥行きが無い(「夢見るシャンソン・・・」はシングル盤しか持たんけど。)
逆に20代を過ぎて以降はアイドルの輝きを失い、30代のシルヴィには大人の色気だけでちょっと痛々しさを感じるのはワタシだけ?
動画の場所はココ。
http://http://www.youtube.com/watch?v=IP2fTeOm788

「夢見るシャンソン人形」も見てくださいな。

まあこういうのを聴く(見る?)と鑑賞音楽の幅が確実に広がりますな。

おっと、ちなみにこのレコード、録音はまったく駄目なんで正しいオーディオマニアは所有する必要はありません。念のため。


追記
どうでもいいことなんだけど、フレンチ・ギャルフランス・ギャルの「夢見るシャンソン人形」という曲とアニメのロッキーチャックのテーマ曲って導入部が凄く似ていると思うんだけど、どうでしょう?
たまに間違えるんだよねえ。

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/371-a37219a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。