上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということでその2です。

イタリアのワインの後はボルドーコーナーだったけど、残念ながら写真は撮ってない。
いろいろ呑んでもうだいぶ忘れつつあるけれど、確か呑んだのは、
シャトー・フェラン・セギュール・・・・これあの有名なハートのマークのカロン・セギュールの隣の畑らしい。
シャトー・クーテ(白)・・・・値段が10000円だったので呑んでみた。
シャトーグラン・ポンテ・・・・これも9000円だったので呑んでみた。
シャトー・ラ・クロワ・フィジック
シャトー・ロル・ヴェランタン
シャトー・ラ・クロワ・ド・ゲイ・・・ポムロル
だったと思う。
味はいちいち覚えていないが一番美味しかった(というか、自分の好きな味)のはこの中で値段の一番安い(それでも4500円)のシャトー・ラ・クロワ・フィジックだったような。
まあこのクラスで不味いワインがあるはずもなくいづれもワインの王道という感じでとても楽しめた。
ボルドーが呑みやすい理由としてカベルネ・ソーヴィニヨンを主体として複数品種を混ぜたワインが多いためバランスよく複雑な味が楽しめるみたい。ウィスキーでいうところのバッテドもしくはブレンデッドになるのかな。

ボルドーの次はいよいよブルゴーニュなんだけど、その前に飲んだのは呑んだのは辛口白の代表であるシャブリ。
それも高い(7000円)シャブリ (ドメーヌ・フェヴレ)と安い(それでも4000円)シャブリ( ドメーヌ・ジェラー・デュプレシス)。
これも不思議なことに4000円のほうが美味しく感じた。(というか、こっちのほうが身近というか、いわゆるシャブリ!という感じは断然こっち)
前述のボルドーと同じく、どうもワタシの舌は貧乏舌のようである。

で、ブルゴーニュはコート・ド・ニュイの一群。
これも今となってはどれを呑んだのか覚えてないけど、とりあえず値段の高いのばかり呑んだと思う。
ジュヴレ・シャンベルタン
モレ・サン・ドニ レ・ブランシャール
ヴージョ 1級 レ・クラ  等
美味しかったのはわざわざ写真を撮ったコレ。

IMG_3103.jpg
ニュイ・サン・ジョルジュ!
この中ではこれも高いほうではない。
どうも飲み頃と値段の関係で安めのほうが旬をむかえているようだ。

それにしてもこのあたりのブルゴーニュになると当然ピノ・ノワールの単一ブドウだけだけど、ワインの色が独特である。
通常、赤ワインというとルビー色のイメージがあったのだけど、この辺のクラスはす少しセピア色に近い。
長期熟成ワインは色からして違うということらしい。もちろん香りも安ワインと雲泥の差。

次はブルゴーニュのコート・ド・ボーヌ。
IMG_3102.jpg
このコーナーではこのコルトン特級が一番旨かった。

この辺に来た時点で相当に酔いがまわったような気がいたします。

IMG_3104.jpg
白ワインの最高峰と言われるモンラッシュの雄 ピュリニー・モンラシェ!
赤の後に呑んだ白なのでもう何が何だか。


うーん、まだ終わらない。 その3へ続きます。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/382-be592f5d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。