上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おお、あと三日で3個書けばノルマ達成.。
余裕です。

今回は最近読んでいるマンガのその2である。

前号にも書いたけど酒に関するマンガはなるべく読むようにしている。
(具体的には、「ソムリエ」「ソムリエール」「瞬のワイン」「神の雫」「バーテンダー」「夏子の酒」「蔵人」(これはなかなか置いてなくて途中まで)
未読なのは「レモン・ハート」(絵がチョット・・・) 「ワカコ酒」(少女マンガで探すのが困難)  あとラズェル細木のヤツ等
ほかにあったら紹介して欲しいです。

で、今回紹介するのが酒ではなくコーヒーのマンガ。
個人的に酒も好きだけど珈琲もとても好きだってことで読んでみた。
酒よりももっとジャンルが限定されるのでちょっと希少かと思う。

IMG_3304.jpg
 
その名も「バリスタ」!
これは思っていたより良い作品。
退屈せずに読めた。
コーヒーネタだけでよくここまで書けたなあと感心いたしました。
珈琲に関わるいろんな知識(特にエスプレッソ系)の勉強になります。
珈琲好きのひとにはお薦めです。

次、

ここで一旦休止。
今から温泉行ってきます。

今日行くのは硫黄系の酸性湯の温泉(シャンプー代わり)と、その後アルカリ系(リンス代わり)も温泉ということで2ヶ所の予定。
        ・
        ・
        ・
ただいま帰ってきました。
体が硫黄臭いです。(厳密に言うと硫黄って確か無臭。いわゆる硫黄臭さってのは酸化硫黄の臭いだったはず。どうでもいいか)




次に紹介するのが、コレ。


IMG_3303.jpg

「東京喰種(トーキョーグール)」!

これはヒトを食った話。

最初にカフカの「変身」の例えが出てくるけれど、全体としてもう少しヒネリや深みがあってもいいのではないかと思う。
最初の展開としては岩明さんの「寄生獣」に近い広がっていく展開を期待したんだけど、意外と狭い世界のまま推移して行く。
発想はいいので別バージョンが出てきそう。
そういえば「寄生獣」は最近映画化されたけどこれはさすがによほど上手く設定しないと難しそう。
もし映画化されるとしたらいわゆる「カリバリズム」を表現した映画としてある意味画期的なんだろうけど、下手すると吸血鬼映画の延長のような映画になりそう。
ゲテモノ好きなヒトにお薦め。

以上です。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/396-ce81b8a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。