上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとのことで今年の36個目。
まあ10月に1個も書かず、12月に11個も書くというアンバランスさ!外野のいうように夏休みの宿題を最後の数日でこなしたという学生時代の気分を久しぶりに味わいました。
さすがに月に11個も書くとネタが枯れております。(そういうことでいうとpon氏は凄いなぁ)

今日は大晦日なのでいわゆる総括というかこの1年を振り返って的なことを書きたいとは思うんだけど、この1年は個人的にはボロボロの1年だったような気がする。
フツウは”良かったこと”と”悪かったこと”というのがバランスよく配置されそうなもんだけど、あまりにも”良かったこと”が少なく悪いことが常態化したので、数少ない”良かったこと”だけが逆に目立つような状態。
こりゃおかしいでしょ。
なんで調子悪いんだろうとずっと考えていたんだけどなかなか打開することができず、ちょっと精神的に追い込まれた時期もあったんんだけど、今年の後半(10月以降くらい)になってはたと気づいたのだけれど、子供の受験がらみでこの数年ちょっと禁欲的になったのが原因であることに気が付いた。
まあ禁欲的というと、オマエのその体型で禁欲的とは何事か!とお叱りを受けそうだけど、どうも人間は欲しいものをセーブすると生きるダイナミズムを失いスケールが縮んでいく傾向にあるみたい。
目の前に欲しいモノ、やりたいこと、行ってみたいところがないと生きる活力を失い、行動力も徐々に狭まっていくということ。
馬が目の前に吊り下げたニンジンでどんどん走っていくみたいに、バカらしくとも単純に自分の目の前にニンジンをぶらさげる必要がある。
欲しいものがあってこそ、拘ることがあってこそのの人間の活力ってこと。
よくよく考えると今までもそうしてきたからこそ、憧れの存在で絶対にこんなもの手に入らないと思っていたmarantz7とかJBLのスピーカーとかマッキンのアンプが手に入り、結果としていろんな分野での友人ができたり、人間としての幅が広がり(物理的に人間の幅が広いという話じゃないので念のため)今の自分があるんだろうと思う。
要するに”立ち止まっちゃいけない!貪欲に物事を欲し、貪欲に行動しろ!”ということかな。
まあこの分野ではwooさんとかu先生とか、pon氏とかのその道のもの凄い先輩がいるので、大いに見習わなけりゃいけないってことです。

IMG_3260.jpg
 ”ジャズ羊羹”

この1年お世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/398-01fc2b63
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。