上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月のことなんだけど、飼い犬のトムに事件が発生したのでその報告。

IMG_3330_R.jpg

こいつもすでに13歳になり人間でいえばたぶん80歳?ぐらいだろうか。もう老犬もいいところ。
さすがにこの2年くらいは走ることもできず、そばに行ってもずっと寝たままで撫でてやってやっと起きるという状態。
たぶん後ろ足の関節と耳が弱くなったようだ。
それでも主人に似てか”食い物に対する執着”だけは異常に強く、毎日散歩にも行きたがるし、これまでも大きな病気も無く今まで無難に過ごしてきたという感じ。
ところがそのトム子がひどく元気のない時があった。
原因は足の付け根のあたりを蚊にかまれて、よせばいいのにその咬まれて痒いところを自分で噛んでしまい皮膚が赤く腫れたためのようだった。 実は数年前にも同様のことがあったのでそのときみたいに赤く腫れた部分は毛が抜けて禿になってちょっとみっともなくなるのかなあと特に注意して様子をうかがっていた。
そばに寄ると少し膿みの匂いがしていたので赤く腫れた部分は少し膿んでたみたい。
ある日仕事から帰ったら、玄関にウチの連れ合いと上娘の「そ」がいるではないか。玄関に入って第一声が「トムが死にそうなんよ!」半分泣きながらトム子を撫でていた。
そのトム子はブルブル震えて確かにひどく元気が無い状態!
なんでも偶々仕事が休みだった「そ」が、別に用があったわけでもなく何かに呼ばれるように偶々実家に帰ってきたらいつもは出迎えるトム子が立ち上がらず、立ち上がれず、まったく元気がなかったのだそうだ。目もどこか虚ろだったのだそうだ。どうしたのだろうかと体を見てみたらそばにウジ虫が何匹か落ちていて・・・・そう、膿んだ部分にハエがわいて卵を産みつけ、膿んだ部分に何匹かウジがわいていたのだそうだ。これはマズイってことで急きょ行きつけの動物病院に連れていき先生に診てもらったら傷口からウジ虫を取り出す処置を行ってくれたそう。その数なんと100匹以上!
先生からさすがにここまでの状態だと今日が峠でこの二、三日がヤマと言われたそう。連れてくるのがあと1日遅れていたら全身の欠陥にウジ虫がわき内臓に達っして確実に死んでいたそうである。
その後3日ほど様子を見たが二日目から食欲が戻りなんとかヤマは越えた。4日目にもう一度動物病院に連れて行ったらもう大丈夫だろうとお墨付きを得る。
それにしてもウジ虫を取るためにトム子は下半身の毛を剃られてしまいなんと変わり果てた姿だろうか。



IMG_3329_R.jpg


これが本来の下半身なんだけど、・・・



これが・・・・





うーん、これは・・・





207_R.jpg

210_R.jpg

尻尾の先端の白い毛の部分がけ残したためかパッと見はほとんどライオンみたいな状態(実際に傷口を噛ませないようにエリマキみたいなもの巻いていたし・・・)だし、雄の象徴の部分も丸見えで相当に不細工!
それにしても毛があって太って見えていたけれど、実際は痩せているのね。(もしかしたらワタシも・・・・)
なんでも完全に毛か元通りになるのは4か月くらいかかるらしいので、それまではこのライオン丸スタイルで過ごすことになる。
まあそれでも助かったのだからヨシとしましょう。ウン。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/409-7534aada
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。