上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いきなり再開の2号ですけど、ブログ休眠状態のあいだにもいろんなことがありまして、それらを少しずつ開陳していきます。
まずは、オーディオネタから。

実は諸般の事情により一昨年アナログプレーヤーを入手いたしまして、というかすでにオマエはプレーヤは数台もっているだろう(ちなみにトーレンス2台、クラフト1台の3台ある)、いったいどこに置くつもりなのか?という自分でも突っ込みたくなる状況の中で、とりあえずは入手だけは先に決定していたという事情。
スペースがないので自室にはセッティングできなくて、仕方なく亡くなったO塚大尉のところに長期保管していただいておりました。が、ご存じのとおり悲しい急逝で、主人不在の状態で引き続き長期の保管というわけにもいかず、仕方なく去年の夏に引き取りに行きました。

ちなみにコレです!



IMG_5241_R_R.jpg


EMT930!

察しのいい方はおわかりのことと思いますが、要するにSP盤試聴会のプレーヤを確保するためになかば義務感で入手したというか、前持ち主のU先生から安く譲っていただいたような形かな。
ちなみにU先生メインプレーヤは930の親分であるEMT927であり、930もそれまで2台所有していて使うのは予備用に1台あればいいだろうということで、SP盤試聴会のたびに重いプレーヤを運ばざるをえない苦しい事情を配慮していただいての入手になったしだい。

まあスタジオユースのプロ用アナログプレーヤとして指折りの伝説的名機であることには間違いないし、ハンマートーンの本体の美しさ、対照的な930-900サスペンションのメカメカしさ等、独特なカッコよさのあるプレーヤであり、持っていても不満がないモノではあります。(930-900はあとで入手)
実際、このプレーヤで初めて自分のシステムで音出ししたときは今までに聞こえなかった情報量の多さを感じたし、スタイルのカッコよさから所有欲を満足させる一品であると思います。


でも、でもですねえ、実はこれがいろいろ課題がありまして・・・。


うーん、それは次回にあげます。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/421-6155d158
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。