FC2ブログ
2018.07.31 5月のワイン

毎月の”使徒”としてワインを飲んでいく、と宣言してしまった。
4月のワインはすでに記事にした。 四月があれば5月があるってことで今回は5月の紹介。


ってこれなんだけど、

IMG_0775_R_20180731191914fed.jpg

うーん、銘柄がよくわからない。
ミシェル・サラジンとも読めそうだけどフランス語の読みはよくわからん。
空き瓶が手元に無いし、フランス語がまるっきり読めないので。

そういえばこのワインの空き瓶は現在「寺」にあり、そこの主のPON師はそういえば何年か前にフランス語を勉強すると宣言していたので、あれから何年も経つことだし、きっと流ちょうなフランス語でこのワインの銘柄が読めるはず。
次回会ったときに聞いておこう。うん。


これを入手した理由はブルゴーニュのヴィエイユ・ヴィーニュつまり通称ⅤⅤであること。
ヴィエイユ・ヴィーニュがどういう意味というと葡萄の木が古木であるということ。
通常は35年以上の古木で実った葡萄をワインにしたものをブイブイ、すなわちヴィエイユ・ヴィーニュというみたい。

古木になるとどういうメリットがあるかというと、年数がたっているがゆえに根が地中深くまで達しているということ。
根が地中深くまで行くとその葡萄畑の土壌の性格、いわゆるテロワールがより発揮しやすいということがあると思う。
一方で若い木にある若々しさ瑞々しさとか勢いは乏しくなる。というか一本の木からなる葡萄の房の数が古木になると明らかに減ってくると思われる。ワイン用葡萄畑では30年くらいを目安に順番に新木に植え替えられるらしいし。

本来はもっと熟成して飲むべきなんだろうけれど、今回2014年もので安価なブルゴーニュのヴィエイユ・ヴィーニュのワインが例のワインの店の店頭に10本以上コロがっていたので入手してみた。
値段からすると地区を限定せずにブルゴーニュの古木の葡萄果汁を醸造したワインということか?
村限定とか畑限定というものでなかったのでブルコーニュ・ルージュの扱いで入手しやすい価格であった。

味はどうだったのか?
これ飲んだのは寺の私利私欲部屋で、娘夫婦に大画面の大音響で映画を観ることの面白さを経験させることで集まった飲み会だったのだけれど、この時に娘の「そ」は出産直前でワインは飲めなかった。飲めないならせめて香りだけでも、ってことで香りを嗅いだ「そ」曰く、
「イチゴの香りがする!」であった。

まあブルゴーニュのピノノワールの特徴ではある。
味は最初飲んだ一口と空気に触れた後で微妙に変化していっった。年数が2014年と新しい割に非常に深い味だったと思う。
このレベルならもう一度購入して何本かストックしてもも良さそうだけど、たぶん買わずに別の新しいチャレンジするんだろうなと思う。







これ確か2480円だったんだよねぇ。
味からすると相当にリーズナブルというかコスパは凄いと思う。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/440-a710c1a2