FC2ブログ
すっかり寒くなりました。
今回は珍しくもオーディオネタでございます。


久しぶりの視聴会をPON寺で行った。
今回の獲物はコレ!
  
そう、DS-AUDIOの光カートリッジ
IMG_1411_R.jpg
 思わずつぶやく、「高!」

ああ、これもだ。

IMG_1404_R.jpg
 
エビスの瓶じゃなくて、手前のSOULNOTEのプリね。
(最近、町内会の会合はエビスの瓶ばかりだ。)

現物はコレ

IMG_1405_R.jpg

IMG_1419_R.jpg

右がW2で左が002かな。カンチレバーとシェルの材質が違うらしい。

 SOULNOTEはコレね!

IMG_1413_R.jpg
 

一番値段の高い光カートの「DS-MASTER1」は5月の四国勢襲来時に一度聴いているので、今回はより廉価版の「DS W2」と「DS 002」の比較試聴ってことなのだけど、どちらにしてもSOULNOTEのプリがないと光カート対応ができないということで光カートの値段プラス55万円ということになるのかな。うーん。

5月に聴いた最上級モデルは確かに素晴らしかった。
通常のカートだとよほど調整しないと出ないような中低音がいきなり出てくるし、音楽の骨格となる中低音がキレイに分解して軽ーく出てくるので今まで聴こえなかった音が聴こえるような不思議な感覚というか、あの時もPON寺のALTEC A4システムだったけど、ここのALTECに相性がとてもいいというイメージ。
まあ値段が値段なのでそのくらい鳴ってもらわないと困るのは間違いないが、こういう新しいアプローチも場合、新技術に酔って肝心な音楽が鳴らない場合が多いようなんだけど、実際にはこの時は予想以上によく鳴ったという感じ。

今回はどうなのか。

お寺の所有レコードはJAZZ中心なので、5月に聴いたイメージで敢えて試聴用レコードに50年代、60年代、70年代、80年代のロックやヴォーカル中心に持ち込む。
試聴曲は50年代はボビー・トゥループは例の「シカゴ・シカゴ」、60年代はボブ・ディランは「風に吹かれて」、70年代は10CCの「アイム・ノット・イン・ラブ」とソニ・クリの「エンジェル・アイズ」、80年代はTFTの「ルール・ザ・ワールド」等。

結論的に言うと、40マンの「DS W2」はかなり良い!
廉価版の002はW2を聴いてしまったらちょっと残念な感じ。
W2は最上級モデルに比べても十分高性能だしコスパが高いと思う。
あいかわらずちょっと軽い低音になるけれど、中低音の分解能に優れており低音のいろんな音色が楽しめる。
普通のカートリッジが低音のラチチュードが狭いがゆえに端のほうが減衰していきピークは山になって出てくるところをDS-audioは割とフラットに広く出てくる感じ。
多分これ、おいしい中低音が出てこなくて困っているひとにとってはかなりいいブツになりそう。

残念なこともあった。80年代の最新録音(アナログとしては最新ということ、誤解なきよう)のレコードはなぜか音が汚く聴こえた。
というか、シンセ等で作りこんだ音はアコースティック系の本物の楽器の音と明らかな違いを感じた。
これが光カートの高性能ゆえなのか、または寺のALTECシステムのゆえなのか、判別できなかった。
できればこのDS-oudioのカートリッジは寺のALTECではなく通常のこじんまりしたオーディオシステムで聴き直してみたいと思いました。そうしないと正常な評価ができないような。
まーこのお寺のシステムには合っているのでいづれここで常時聴けるのではないかと思っております。


そんなにイイのであればお前は欲しくないのか?と問われれば、この光カートの音を通常カートで出すのがオーディオノート腕の見せ所!と答えておきます。(ムリだけど・・・)


こここで終わり。


IMG_1414_R.jpg

IMG_1415_R.jpg
メインの宴会は続く・・・。
Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/448-e84adeb8