ここに再三登場するK市のKさん宅にスクリーンとプロジェクター導入のお手伝いに行く。
で、アンプも一旦移動するということでリアスピーカー設置準備の前に現システムの音を聴かしてもらう。
今回の最大の変更点はムラタのスーパーツィーターの導入。(ただしこの時点ではまだ借り物という状態)
JBLの強力なドライバー(375)とツィーター(075)に対抗してムラタの追加でどう変わるのか?
まず聴いたのはジョニー・グリフィンのテナー、かけたレコードは本ブログで一度紹介した「ナイトレディ」。
まずムラタを追加した状態で聴く。相変わらず快調にとばすグリフィン。出てくる音は非常に完成度が高い。以前は前にガンガン出ていた音が後ろ側にも広がり前後感が出ている。よってJBLでありながら音場感みたいなものを感じる。たった一年でよくぞここまで音を完成させたなーと感心する反面、最初(去年の春か?)に聴いたアンバランスだけどもあの暴力的な低音に懐かしさも感じた。あの音は一体なんだったのか?あの低音を知ってしまったがゆえ、今回の音は当然中高音が充実した設定であるためどうしても低音が薄く感じてしまう。(決して低音が弱いわけではなくむしろフツウ以上の低音は出ているのだが)とはいってもそれは自分が「偏った感性」というか「アンバランスなオカシイ聴き方」であることを告白しているようなものだということは十分承知している。この完成度の高さなら正しいオーディオファンは圧倒的にムラタを付けたほうがいいと言うに決まっている。・・・・なんて悩んで聴いていたらK氏宅のこのムラタは便利がいいことにソフトによって簡単に追加したりしなかったりできるそうで実際にK氏は使い分けているそうだ。
このあと付けない音を聴いたら以前のバリバリの太い音ではないか!
ジャズの太い音でガンガン前に出る音を求めるなら敢えてムラタは付けない、女性ヴォーカル等のニュアンスを大切にするソフトなら追加して聴くというやり方。
実際この後女性ヴォーカル聴いたらホントにすばらしい。JBLで女性ヴォーカルを違和感無く聴けるようになったらシステムとしてほぼ完成と思っているが、これはもう完成している音。
正直言うと、こういうスーパーツィーターを追加したりしなかったりがソフトにより選択できるのであれば経済的事情が許せば自分のところにも導入したいと思った。(まー今の自分にとって経済的理由の壁はとてつもなく厚いが)








CIMG0588.jpg

Secret

TrackBackURL
→http://marantz777.blog113.fc2.com/tb.php/45-fe0c588c